8月26日 その2 室内履きにも足底板を 

昨日、西葛西の東京アスケルに室内履き用に足底板を作っていただきに行って参りました。東京アスケルのことは以前ご紹介しておりますが、最近、こちらのブログを読みに来てくださるようになった方々もおいでですし再度ご紹介しておきますね。

せっかくなので股関節症に関してのページをリンクしておきます。そちらから東京アスケルのホームページに飛べます。骨が出来て来ています/76歳変形性股関節症

二足目は21000円とちょっとお安くなります。作成と後日の調整とふくらはぎのマッサージが一回分ついています。(前回2月に行った時と比べて)歩き方が「だいぶスムーズになった。」と言っていただきました。ふくらはぎのほぐしも右足は「前より柔らかくなっている」とのことでしたが、健常な方の左足がものすごく痛かったです。足の型取りをしていただいたら土踏まずの高さに変化があってアーチが出来て来ているようです。嬉しいです。

今年始めに外で履く靴にインソールを作っていただき良かったので「室内履きにもインソールを」と思いながらなかなか出かけられないでおりました。今回、股関節症のお仲間のKさんが足底板を作りに行かれて私の紹介ということをお伝えしたらKさんと私に無料調整券をくださったとのことで、先日お会いして頂戴しました。Kさんに出向くきっかけを作っていただきました。(Kさんありがとうございます!)ちょっと前まで猛暑でしたし睡眠障害でしたしとても西葛西まで行けそうにありませんでしたが夫が不在なので疲れて帰って来ても夕食の支度などが無い(大幅手抜き)ので安心と思ったこともあります。

ヨーカドーでこれまでは通信販売で購入して来た徳武産業のあゆみシューズの室内履きの<インソール>が好きなものに変えられますという中敷が外せるものを購入。これまでは<あゆみシューズ>のパーツオーダーシステムというので左右の靴の高さを変えてオーダーしていました。5ミリ刻みで料金が変わります。でも補高していただいたインソールが室内履きに使えれば、特注の靴じゃなくても良い訳ですから便利。ただデザインはちょっと‥デイケアなどで高齢者の方が履くような室内履きの印象です。

今回Kさんが東京アスケルのサイトをご覧になって「足に合わせて作った靴」というのは、悪い歩き癖などがあった場合、その悪い状態に合わせてしまうので癖を助長したりするようなことにもなりうる。東京アスケルで作る足底板は一人一人の歩きを見てその癖を矯正するような形に造ってくださるので歩き方の改善に繋がる(例によって聴いたことをお伝えするのでニュアンスが少し違うかも‥ですが)とのことでした。すごく納得。私の場合、足首が内側に倒れて来てしまうような歩き方をしてきたのでそれを修正するようにしていただいてとても良かったような気がします。蹴りだしが出来るようになりましたし。

温泉病院の作業療法士さんに「歩き方が変って来ている。これまで使えなかった筋肉が使えて来ている。」と言われたことを書きましたが、今回東京アスケルでも「前は使えていなかったこの辺り(太もも)が使えているよね。何かトレーニングでもした?」と言っていただきました。カーブスで後ろに蹴る動きの時に自分でも「前はこの辺りって力が入らなかった。」と思う所にギュッと力が入れられる気がしています。

昨日、実は足の状態は良く無くて、暑かったこともありますし車で行きました。中央道、上越方面はよくでかけますが湾岸線方面は久しぶり。外環を使って大泉まで行くのに軽自動車は400円なのでそのつもりで出かけたら湾岸線は900円とのことで、思わず「軽自動車でも900円なんでしょうか?」と聞いてしまいました。「バイクから4トントラックまで900円です。」と言われました。そういうことであるならVOLVOには身体障害者割引の効くETC が搭載されているのでそちらで行けば良かったです。湾岸線はスカイツリーも遠くに見えて水辺も見えるし高い所を走るので楽しいドライブでした。

せっかく車で行ったので江戸川区の行船公園/小動物園とその裏の平成庭園という所を散策してきました。(足の状態が悪いとはいっても杖をついていれば大丈夫でしたので。)入園料無料であまり歩かなくても次々色々な動物が見られてすごく楽しかったです。オオアリクイがふさふさした尻尾でゆったり歩いていたり、ペンギンは目の前でスイスイ水の中を泳いでいたり、九官鳥が上手に猫の声をまねていたり‥。木陰が多くて家族連れがのんびり散策していて雰囲気も良かったです。車で行くことがあったらまた寄ってこようと思います。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-26 09:21

8月26日 睡眠障害解消へ/不眠症の定義

朝の庭掃除、草取りを月曜日から始めて一週間続けることができました。7時にラジオのタイマーをかけていますが、どういうわけかいつも10分前に目がさめます。作業用の出で立ちでサンバイザーに日焼け止めをつけて30分前後だけ庭で作業をして汗をかいてお風呂に。汗がひかないのでタオル地の湯上がり着でちょっと過ごしてから着替えます。8時までがだいたいその流れ。夫が退職してから起きるのが遅くなって8時前ぐらいになってきておりました。その前の時間帯でできます。朝から太陽に当たるせいか、規則正しく起きるせいか睡眠障害、ほぼ解消しつつあるようです。朝の半身浴も9時頃だと人が玄関に来ちゃったりもするのでイマイチ落ち着いて入れなかったのが、ちょっと時間早めただけで気分的にゆったりできるのも良い感じです。

図書館で予約してあった睡眠障害の本の順番が回って来ました。他の本はすぐ借りられましたが、コチラは順番待ちでしたから人気があるということだと思います。

不眠症―「眠れない」からの脱却 (名医が書いた病気の本)

保坂 隆 / 新星出版社



不眠症の定義について自分は眠れないと思う状態が週3日一ヶ月以上続いたらとありました。アメリカの診断基準でもう少し詳細なことが三項目にわたって書いてあります。私はちょうど一ヶ月ぐらいでしたが途中軽井沢で眠れた時期もありましたから「いわゆる不眠症というわけではないのだ。」とまず思いました。

私の場合、<症状>としては(期間は短かったけれど)、最も多いといわれる「習慣性不眠症/神経質性不眠症」というのに当てはまるようです。「あるときなんらかのキッカケで眠れない日があった場合に、必要以上にそのことにとらわれてしまい、翌日から<眠ろう、眠ろう>とフトンの中であせるようになり、やがては本当の不眠症を自分で作り出してしまうもの」だそうです。この場合、こだわりを取ることが肝要で「別に眠れなくてもいいんだ。」というのはまだ眠りにこだわっているから良く無いんだそうです。(あら、難しそうです〜。)私の場合、天文同好会の研修会から帰宅してから始まったことなのでピッタリあてはまります。

でもこの不眠症モドキのおかげで朝起きて庭掃除を始めて健康的な生活に切り替わりそうですし、家の周囲も少しづつでも奇麗になって行くので「睡眠障害」を経験して良かったと思います。<土の気>が入るのは良いことですし、草が生えちゃった庭の隅の畑もこの際、ハーブ畑みたいにできたら楽しいかしら‥と思ったりしています。今からの時期では植えられる物も限られているのでしょうけれど。

こんなちょこっと身体動かしたぐらいでは痩せないんですよね。朝から働いて少しは体重が落ちることも内心期待しているのだけれど‥。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-26 08:12

8月24日 アレクサンダーテクニークを受けて

昨日アレクサンダーテクニークを受けたためだと思うのですが、どうにもだるくて好転反応とは思うのですがダウンしておりました。ロルフィング始めいろいろなセラピーを受けてきましたが、ここまでだるいのは初めてです。

これまで何度かピアノとアレクサンダーテクニークを指導してくださっているTさんがご一緒くださって、彼女がアレクサンダーを学んだ先生の所に行ってきました。ご住所を見たら吉祥寺の大原先生の所に行く途中。通い慣れている道なので車で行きました。電車で行くとすると高田馬場乗り換えですごく時間がかかるし乗り継ぎも多いし‥なのだそうで「車だとこんなに近いんですね!」とTさんが驚いていました。

アレクサンダーテクニークにはチェアワークとテーブルワークというのがあって、椅子に座ってするのは椅子からの立ち上がり動作などで、これまでもピアノのレッスンの時にしてきたようなことですが、テーブルワークというのは銀サロや大原先生の所にあるような施術台のような物をテーブルと呼んでいるようでその上で施術していただくような印象。「施術をしているわけではない。」と言われると思いますが<受けている側の印象>としては大原先生のオステオパシーに近い気がしました。

終わって「どうですか?」と言われた時には特に変った印象は無かったのですが帰宅したら何しろ眠い。寝転んで椅子に足を90度に曲げてのせたまま眠ってしまいました。この姿勢で眠ったことなんて一度もありませんでしたし、それでなくても睡眠障害だったわけですからビックリ。何しろだるくて「明日は朝の庭掃除はおやすみにしょう。」と思ったのでしたが、今朝目覚めてとりあえずは15分だけ草取りをして入浴。鏡を見たら目がショボショボしています。なにしろだるくてだるくて起きていられない感じ。一時間ほど寝てみたけれど解消しないので11時からピアノをみていただくはずだった(昨日ご一緒くださった)Tさんに「とても起きていられないのできょうはキャンセルさせて。午前中寝ていようと思います。」彼女曰く「反応が良い人だと後がキツいかもしれないと先生も言っていましたから。」ということで理解くださってホッ。

「午前中寝ている」つもりが目がさめたらなんと午後3時だったんです。「何かの間違いじゃないの?」と何度も時計を見てしまいました。午後4時からフルートの生徒さんが来られるところだったので「寝過ごさなくて良かった!」深く眠ってスッキリ。それで足の調子も抜群に良い。昨日帰宅した時には久々に痛みが出て「股関節周りをいじったからかしら。」と不安になったのですが、きょうのこの調子だと昨日の痛みは良くなるための変化‥という気がします。

夫が一週間ほど海外に出かけている間に‥ということで昨日の予約をしてあって良かったです。昨日は残り物で夕食済ませちゃいましたし、きょうもお昼ご飯抜きで寝ちゃっておりましたし‥。<好転反応>とは思うものの日常生活がおくれなくなってしまうのぐらいのことなのでちょっと考えてしまいます。もともと通うつもりはなくて「一度だけ受けさせていただきたい。」という勝手なお願いをしてあったのでした。

「ご自分でもアレクサンダーテクニークを学ばれたらどうかしら。ちょうど教室始める人がいるのよ。」と言われましたが、都内のしかも我が家からは遠い所ですし断念。アレクサンダーテクニークを知ったのは30年ぐらい前の話でしたからその時に「マスターしよう!」という気にならなかったことが今になってみると惜しまれます。身につけていたら股関節症もここまでにはならなかっただろうという気がいたします。

Tさんに「お茶でもしていきませんか?」とお誘いいただいて<いわさきちひろ美術館>の中庭の見えるテイールームでお茶を。ラベンダーテイーというのがあってそれにしました。そこのテイールームのオリジナルブレンドのようでした。とても美味しかったです。夏休みとあって子供たちが多かったのですが、他の美術館と違って絵の中の子供たちとマッチして景色の一部みたいになっていました。ちょうどお庭のスプリンクラーが作動する時間で子供たちがおおはしゃぎでずぶぬれになって大喜びであそんでいました。

そういえば数日前「緑に囲まれで素敵なお庭があるようなテイールームでゆったりお茶など楽しめたら。でも今はそれぞれが忙しくてとてもそんな風に「お茶しない?」みたいに誘える友達もいないし、緑のあるテイールームもこの辺りにはないし‥と思ったことを思い出しました。これもやっぱり<引き寄せ>と思いました。思いがけず、美術館もおしゃべりも楽しめる素敵な午後になりました。


だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-24 17:57 | アレクサンダーテクニーク

8月23日 経皮毒/秋のノルデイック体験ツアー

今朝は敷地内のお稲荷さんの周りの草取り。本来なら一番最初に手をつけなくちゃいけなかったのに、どうして気がつかなかったのかと思います。ギターの先生のブログの<習得に必要な各々の人に必要な時間練習すればできるようになる>というコップの水が満たされて行くようなことと違って、草は取る傍らからまた生えてくるのでアッチをきれいにすればコッチが‥みたいなことで「一年中心がけていなければならないんだなぁ。と遅ればせながら思います。これまでは犬を庭で遊ばせながら夫が草取りしてくれたりしていたので見える所だけは辛うじてなんとか見苦しくない程度になっておりました。

話かわりますが、先日、某箇所で経皮毒について聞いてきました。ネットによると経皮毒の危険性をあおってデトックスみたいなことで商品を売るようなこともあったようですから、何が正しいのか判断するのが本当に難しい情報過多の時代になっていますよね。

先日いただいた資料によると腕の内側での吸収率を1とすると、かかとは0、14。頭皮は3.6倍、生殖器になると42倍にもなって、‥なので肌に触れる生理用品や下着のようなものにも注意するようにというようなことでした。参考文献<必読の書>として経皮毒の本が沢山列挙されていましたから、その本の中のデーターだと思います。

こういうのどこまで信用するか‥ですが、<デトックス/毒だし>する以前に取り込まなければ良い訳だから、できるだけ肌に使う物を減らそうと思っています。今<トリートメントシャンプー>という「リンス不要」の物をつかっているのに仕上げにコンデイショナーを使って来たのですがこういうのもやめちゃう。頭皮ケアにつけていたものもやめちゃって、ただ手でマッサージするだけにしようと思います。馬油は食用にしても大丈夫とかいうことですからそういう品なら肌から体内に取り込まれても安心な気がします。入浴剤に日本酒をつかっているのも同様の理由から安心な気がします。死海の塩をやめて食用の塩にしようかどうか思案中。先日Amazonで死海の塩を見ていたら「家内が股関節症で通っている富士温泉病院で他の患者さんから紹介されて使い始めました。」みたいなことでご夫妻で温泉病院に来られていたご主人様と思われる方の書き込みがあって「あら!これ私のことだわ。」と思いました。

先日ブログに書いたハリウッ○エアという噴霧するお化粧は<化粧下地>が要りません。メイクを落とすのにもオイル系はつかわないでフツウの石けん洗顔だけで良いのだそう。それって肌に負担にならなそうで嬉しい気がしています。使うものが少なくて買わずに済むのなら出費もおさえられますし。まだ慣れないので所々ムラになったりしてパウダーで押さえたりしていますが、<仕上がり><持ち>ともに気に入っています。

秋のノルデイックウオーく体験ツアーのご案内が届きました。10月13日から14日。山中湖のホテルマウント富士に一泊、大月駅集合解散で29800円。ポールのレンタルは二日間500円。富士温泉病院の矢野先生だけでなく、ノルデイックウオーク連盟会長の宮下先生、副会長の河内先生の講演もあるそうです。前回の体験ツアーの模様が紹介されているページをご紹介しておきますね。
さんぽみち総合研究所(問い合わせ先も載せてしまおうかと思いましたが、無断でそこまでして良いものかどうかわかりませんでしたので。宣伝だから問題ない気もするのですが‥。ページを開いてホームに戻るとメールアドレスなど明記されています。募集中の記事は見当たらないようでした。担当は沼田様という方になっています。関心のある方はそちらに問い合わせてみてくださいね。)

私は富士温泉病近くでの数時間の講習会しか参加したことが無いのですがツアーの写真見ていると楽しそうで行ってみたくなります。宮下先生の研究室に(私の常宿の)斎藤ホテルのご子息様がおいでになったからバーデンルームや温泉プールがある今の斎藤ホテルが出来たようですから宮下先生にも一度おめにかかりたい気がしています。巡り合わせって本当に不思議。斎藤ホテルに行き始めた時にこういう繋がりがあろうとは夢にも思いませんでした。

ホテルマウント富士って昔々、当時愛読していた雑誌で紹介されていて「一度行ってみたい。」と思いながら実現していない所だわ‥と思いました。最近温泉宿中心になってしまいましたからすっかり忘れておりました。

そういえば安心に掲載された(私の)記事、股関節特集みたいなことで発行されるムックというのに再度載せることになったようです。軽井沢に行っている留守中に速達で承諾の用紙が届いていて返信も速達で出したのだけれど間に合わなくて私の記事だけカットされちゃうかもしれません〜。矢野先生の記事に添えられるはずの体験談ですから矢野先生の記事は必ず載るはずです。いつになるのかさだかではありませんが前回のペースからすると10月頃かしらね。股関節特集ここのところ多いですよね。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-22 09:23

8月22日 例え三日坊主でも

朝の庭掃除、今朝で三日目になります。以前「三日坊主の繰り返し」ぐらいの気持ちで‥ということを書いたことがあります。今回もそんな風に思っています。昨日久しぶりにカーブスに行きました。週変わりのクイズの問題は「○時に寝て6時に起きるのが理想。」というのでした。答えは23時。以前は何となく寝るのが午前一時ぐらいになっていたのでしたが、アンチエイジングのためにもなるべく0時前に寝よう。」ということで今は23時目途で23時半ぐらいには何とかベッドにもぐり込むことができるようになってきています。

睡眠障害はどの本にも「朝の日光を浴びるように。」「規則正しい生活を」みたいなことが書いてあって、朝の庭の草取りも庭が奇麗になるかどうかよりも<日光を浴びる>ということと<朝きちんと起きて庭掃除をしている自分の方が好きになれる>ということで実行しております。心身のリズムってやはり新月から新月なのかしら‥と今回思ったぐらい、先日の新月から気持ちも身体も立ち直りつつあります。庭掃除を始めた一日目にちょっと懸案事項だったみたいなことで相手側からのご提案で思いがけない破格のお値段でしていただけるということでお願いしてホッとしたり、追い風みたいに応援していただけているような流れも感じます。

一昨日(から昨日の朝)の睡眠は78点ぐらいの感じで、昨夜(から今朝にかけて)は82点ぐらいの感じです。「そんな微妙な点差はどうやってつけているの?」と思われるでしょうが、全くの直感。私の自分勝手な基準では80点以上なら合格圏内という感じで、一昨日はそれにちょっと届かない感じだったのに対して昨夜は「まあ、これぐらい眠れればいいか。」みたいな感じでした。本には<何時に寝て何時に起きたか>を記入するような表がついていたりしましたが、私にしてみたら「何時間寝たか。」ということよりも主観的な満足度の方が大事。

ここのところ自分を責めてしまっていたことに<オーバーブッキング>があります。例えばきょうフルート三重奏のレッスンを午後受けるのですが、本来は3人と先生の4人で29日に約束していたことでした。前回温泉病院に行った時に私は27日28日で希望を出したのだけれど理学療法士の先生のご都合が悪いということで「29日だったらいいのだけれど。」と言われて、その日にちょうどお知り合いの○さんも予約を入れてあるということで「久しぶりにお会い出来るし。」という気持ちで予約してきちゃったのでした。フルートの予定は自宅のカレンダーだけに書いてあって手帳に移すのを忘れていて、4人で決める時に「22日か29日」ということで迷ったこともあって22日にしたつもりになっちゃっておりました。

そのことに気がついた時点でゴタゴタして「私がいなくても二人でレッスン受けて。私のパートを先生に吹いてもらって。」みたいなことで連絡したら「三人で合わせることに意味があるのだから、先生の都合が悪かったら今月は自主練で‥。」ということで先生にお伺いをたてたり、時間を早めれば大丈夫ということで、その連絡を再度メンバーにしたり‥に始まってここのところメール連絡がやたらと多くて、緊急では無いメールがちょっと滞っております。他にも10月11月それぞれオーバーブッキングしてしまっていました。11月の方は夫と京都の旅行の予定を入れてしまったのだけれど「毎年11月の第三土曜日は同窓会のクリスマスコンサート」と決まっているのを自分で覚えているつもりで手帳には書き込んでおらずに、「紅葉の時季は混むから」みたいに半年ぐらいまえに宿の予約入れちゃってあったのでした。そちらは会員制の宿でキャンセル料五千円と夫に申し訳ない気持ちで一応片がつきました。残り一つは今どうなるか気を揉んでいるところ。そんなこともあって自分を許せないでいます。

夫に「スマホを出先に持ち歩くのだったらそれで予定管理をしたらどう?」と言われてジョルテというアプリを入れてみたのだけれど、文字入力が苦手な私には無理そう。パソコンで(Macの)いつも使っているi-calとグーグルカレンダーを同期させて‥それをスマホで見たら‥と思ったりするのだけれど、マニュアルどうりにしてもどうしても同期しません。そもそも「家のカレンダー/i-cal/手帳/」と三つに予定を書き込んでいるのが誤りの元。それこそギターの先生から「一元管理にしないと誤りの元ですよ。」ということを指摘されたのでした。先生は大学ノートに(大きくて見やすい)時間軸も入れて予定を管理なさっていて出先で予定を聞かれても「帰宅してノートみないと返事できません。」みたいになさっているのだそうです。

なんとか自分なりの工夫しなくちゃ‥ですよね。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-22 08:33

8月20日  生活を変えてみる

昨日さいたまに戻ってきました。高速道路は上りも下りも混雑。軽井沢の出口付近では激しい渋滞。日帰りでアウトレットなどに行く人も多いように思います。

軽井沢ではグッスリ眠れていましたが自宅に戻るとやはり眠れません。軽井沢を100とすると4時頃まであまりよく眠れなかったので60ぐらいの感じでしたが明け方に眠れたので68ぐらいの印象。もう気にしないことにしようと思います。昨夜も「眠れないことに意識を向けないように。<自分の家で眠れることだけでもどれだけ有り難いことか。>ということに意識を向けようと思いました。洪水など被災地の避難所などで不安な一夜を過ごすようなことから考えたら申し訳ないぐらいのことですものね。私の場合爆睡できたりもして体力を回復させてもいるのですし。

<今の自分を許すこと>と言うのがどうしてもできなくて、そういう自分であるならば<許せる自分>に変って行くしかないように思って、今朝は蚊取り線香腰からぶら下げて庭の草取りをして汗びっしょりになって朝のお風呂。本当はその後に足のリハビリ体操なども15分ぐらいできる流れにもっていきたいところ。

ギターの先生のブログを継続して読んでいるのですが、あることをマスターするのにはある程度の時間が必要でそのために「毎日一時間を練習時間ときめてしまう。無理に二時間までにしなくても良いです。根性の無い人は30分」みたいなことで、その時間が技術を習得するのにその人が必要な時間に達したら技術が身に付くような(ちょっとニュアンスが違うのかもしれませんが)ことが書いてありました。コップに水を満たすようなものかしらね。毎日一定量注ぎ込んでいればいつかはいっぱいになりますものね。

私がそれで気がついたことに「〇〇を終えてからじゃないと趣味をするのはどんなものか。」みたいなことで家事や雑用を先にして、それでいながら例えば窓を拭きながらも「ギター練習しなくちゃ。」みたいなことで夫と映画見に行っても「ギター練習しなくちゃ」みたいに強迫観念みたいにななっちゃっていたのだけれど「毎日30分」と決めちゃってノルマみたいにしてしまえば、先に練習済ませて安心して他のことをしても良いし、その日の練習で目指した技術が完成しなかったとしても自分で「きょうはこれで終了」と自分で納得すれば良い訳ですものね。先生のブログによれば一日に決めた以上の時間を練習に使ったとしても自由時間を使っているだけなのでカウントしない。逆に内容が薄かったとしても所定の時間練習したらヨシとする。」みたいなことなのです。ナルホド〜と妙に感心しちゃったのでした。

それを草取り始め他のことにも取り入れようと思った次第。「草取りしてみたけれど、いっこうに奇麗にならない。」みたいに私はなっちゃうのだけれど、コツコツ毎日30分ぐらい草取りしてみようと思います。何年か前にちっちゃな畑を庭の隅に造って、そこに植えっぱなしになっていたミニトマトがちゃんと赤くなっていて15粒ぐらい採ってきました。ローズマリーもちゃんと雑草の中でたくましく大きくなっていました。植えっぱなしで申し訳ない気がしました。

今朝は初めて美容院で購入して来たハリウッ○エアという噴霧するメイクもしてみました。付属のDVDでは実際に使う現場でのレッスンをそのまま収録してあって、最初は紙に近づけて小さな点を描いて部分的にカバーする練習。その後に5.6センチ離して薄くぼかすように全体に噴霧する‥みたいなことでした。練習してみたら紙には噴霧できても顔は立体なのでちょっと難しいです。ムラができちゃって慣れが必要。「器具の準備と後片付けがちょっと面倒」と言われて覚悟していたので、「思っていたほど面倒ではない。」ように思いました。きょう初めて使ったので一日の終わりになって<どれぐらい持つのか他>の使い心地がわかると思います。


だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-20 08:45

8月18日 新月ですね

また今月も新月が巡ってきました。先月の<新月の願い>を読み返してみたらほぼ全滅。ちょうど義兄夫婦との箱根旅行の午後に新月だったので「書き出すのを忘れそう。」と思って「下書きは良い。」ということだったので新月になる前に決めておいちゃったり(それって良く無さそう。まだ月が欠けている時なので。下書きするとしても新月を迎えてから。)色々段取りが悪くて「こんなでもいいものかしら?」みたいに清書しながら心にひっかかるものがあったのでした。それなので「実現しなくても無理は無かった。」と妙に納得しています。

私が読んで知っている新月の願い事とはちょっと違っているところもあるけれど、かなりそれに近いことが書かれているページ。新月の願い

今月の願い事のトップは「ぐっすり眠れますように」にしました。

軽井沢に来て爆睡しています。これまでの睡眠不足を一気に解消するかのように寝ています。よく寝ると足の状態もすこぶる良いです。「寝すぎると腰が痛くなる。」と言われた方もいらっしゃいましたので人によると思いますが、私の場合「やっぱりシッカリ眠れると筋肉も休養できるのかしら?それとも精神状態が良いことが足にも良い影響を与えているのかしら?」と思ったりしています。本当に久々に足の状態が絶好調(体重がのる、動きが滑らか)です。

昨日、夫に買い物にいってもらって私はフルートの練習をしていたのですが、60分練習し終わっても夫はまだ戻ってきませんでした。軽井沢周辺の道が大渋滞とのことでスーパーの駐車場も空いているところを探すのが大変だったそうです。日頃の繁華街での暮らしは騒々しくて心が休まらないのですが<便利>ということにおいてはやはり有り難いのだと改めて思いました。一番近いスーパーまで往復と買い物時間合わせると1時間半もかかるようだと日常生活は大変そう。定住するとなったら色々工夫して上手に計画的に買い物などもするようになるのでしょうが、常日頃「あ、コピー用紙無くなっちゃった。ちょっと買ってくるわね。」みたいな生活しているので、定住するようなことになったら慣れるまで大変だろうと思います。一番近いコンビ二でも車で20分ぐらいかかります。自宅だと徒歩20分圏内にコンビニが何軒あるだろうと思うぐらいあります。便利だけれど自宅での睡眠障害は困ります。新月の願い事、今月はかないますように!

股関節症のお仲間の方が16日発売の壮快が股関節特集ということをお知らせくださいました。近くの図書館に置いてあるので今度読んで来ようと思います。私が温泉病院でお世話になっている矢野先生も執筆されているそうです。

壮快 2012年 10月号 [雑誌]

マキノ出版



だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-18 14:02

8月16日 その2 めまい

耳鳴りの方は、11日を最後におさまっています。耳鳴りにともなって目眩もしておりましたが、、こちらは<はがれた耳石というのが原因>という説を録画しておいたNHKの目眩をとりあげた番組で知りました。ネットで見ると何度か色々な健康番組で取り上げられていたようですからご存知の方も多いのかもしれませんが、自分のメモとして残しておこうと思います。こちらのサイトによるとカルシウム不足ということも書いてあります。

良性発作性頭位めまい症

カルシウムはコントレックス、ゲロルシュタイナーなど飲んでいるし‥と思っていましたが、一時に比べて海草類などの摂取が確かに少ないです。矢野先生に勧めていただいたカルシウムの薬を「自分には合わないので」とお断りした頃には「薬で摂取する分までも頑張って食品から採ろう。」と心がけていたのでした。今はそれが<タンパク質>に気をとられていて薄れてしまっているようにも思って反省。

NHKの番組の中では立ち上がった時に血圧が下がるのを防ぐのに<ふくらはぎ>を鍛えるつま先立ちをするような運動を進めていました。足を鍛えることが目眩の予防になるって面白いですよね。

睡眠障害になってから股関節の調子もイマイチのような気がします。睡眠障害のせいばかりでなく一つには家での補高した履物をやめて足ピタガードを‥と思いながら足ピタガードを装着するのが億劫になって脚長差があるままに過ごしてしまい(外出の都度、補高した靴をはくために足ピタガードを脱がなくちゃみたいなこともあって)気がつくと患足は踵をつかずに歩いていることがあるので、やはり補高した室内履きに戻そうかと思っています。その室内履きに足底板を作っていただこうかしらと考えています。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-16 22:20

8月16日 睡眠障害 その後

お灸の帰りに図書館で睡眠障害の本を何冊か借りてきました。不眠症の本は書棚に沢山あって、ざっと目を通してその中から借りる本を選ぶのにも手間取ったぐらいでした。それだけ不眠症の本がおいてあるって悩んでいる人が多いということですよね。

私の寝付きが悪い症状をお灸の先生に話したら「寝ていないつもりでも案外眠れているものだから深刻にならずに。不眠症とは違うから。」とのこと。一般論としてそういう話は聞きますが自分がそうだとは思えないでおりましたので、そう言っていただくとちょっと安心します。「眠れない時はいっそのこと起きてしまった方がいいでしょうか?」と御聴きしたら「布団に入って横になっていた方が良い。」とのことでした。

オリンピック期間中は眠れなくても夜ノコノコ起きだしてテレビを見ている夫に「勝ってる?どうなった?」みたいに話しかけてはまた寝に戻る‥みたいな日々でしたが、オリンピック終わっちゃいましたものね。

お灸していただいた日の夜には「あ、今うとうとしていみたい。少し眠れていたのかも。」みたいなことが何度かあって、それまでの「いつまでたっても眠れない。」というのから比べてちょっと進歩したように思いました。でも夢を沢山見ています。前に夢分析を書こうとしたブログが途中がフリーズして書くことを断念したことを書きました。その時は「時間に間に合わなくて走りに走って。」みたいな夢でした。実際に走っているわけではないから疲れないはずですが「間に合わない」という焦りで気持ちの上では疲れます。その後に見ている夢も旅行先の宿で自分の部屋がわからなくなって寝静まった夜の廊下をぐるぐる「この階段ってさっきも通ったのだったかしら?」みたいに思いながら自分の部屋を探している夢。昨夜は楽しみにしていた観劇みたいなものが行ってみたら満席で<当日のキャンセル待ち。>「待っていて本当にきょう見られるの?」みたいな夢。こんな夢を見ていたのでは寝ていても休まらない気がします。


睡眠障害と言っても色々あるのですね。<寝付きが悪い/入民障害><夜中に目がさめてしばらく眠れない/中途覚醒><早く目が覚めて再び眠れない/早朝覚醒><眠りが浅い>‥などなど。私は寝ている時に高い所から足を踏み外したみたいにガクンっとなって目が醒めることがあったのですが、それも「周期性四肢運動障害」と名前がついていて、それによって目がたびたび醒めるようでも睡眠障害を起こすことが書かれていました。「カフェインを多く取ったとき、疲れている時になる。」と書かれていました。私は足がガクンとなったことに気づいているわけですけれど、どうして目が覚めたのか自分ではわからない場合もあるらしいです。

その他に<むずむず脚症候群>というのもあって、鉄欠乏症や腎機能の低下でおこりやすいことなどもかいてありました。

沢山借りて来た本のどれもが<日光にあたること><適度な運動を><規則正しい生活を>みたいなことで目新しいことはありませんでした。中にレタスのジュースや、豆乳にシナモンを入れたものなど具体的な色々な方法が書かれ居てる本があって、この中のいくつかは早速ためしてみようと思います。

不眠症・睡眠障害 みるみるよくなる100のコツ

主婦の友社 / 主婦の友社



だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-16 21:25

8月15日 シミ対策その後

シミ対策のことを以前書きました。馬油とお水ピシャピシャは続けているのですが、それほど目立った効果は出ておりませんでした。

そんなときコチラを美容院から紹介されました。先日美容院に行った時に<お試し>でしていただきました。今使っている(お友達から購入している)シナリーというのも肌に負担にならないお化粧品なのですけれど、それと同様にお肌に負担にならない石油系のものなどが使われていない水分80パーセントだったりするような物でありながらシミやくすみまで自然にカバーできます。ちょっと器具のお手入れが面倒そうですが、試しに小さな方を買ってみました。「天中殺に買った商品は結局使い物にならない。」というこれまでの体験に反するのだけれど、天中殺が終わる二年後まで待てない気がして。

商品が届いたと連絡があったので美容院に取りに行ってきました。でもお盆中に使い始めるのはどんなものかと思って(ご先祖様中心の生活をする期間)明日以降に使ってみようと思います。いまどきなのでDVDもついています。動画で使い方が説明してあるって、使用説明書見るよりわかりやすそうです。

女優さんによっては「コレでのメイクじゃなくちゃイヤ。」という方もいるのだそうです。「シミが解消するように。」というお願いごとはちょっと意味合いが違ったけれど、奇麗にカバーできて自然な仕上がりになりますので、ある意味では実現したのかもしれないと思ったりします。馬油など素肌のお手入れはもちろん今後も続けてまいります。経過報告まで。メーカーの名前(ハリ○ッドエア)をブログ中に書くとそれで検索されて来られる方がいるので敢えて名前はださないでおきますね。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-15 13:54

8月14日 お盆ですね

昨日は朝のうちにブログを書いておこうとほぼ書き上げたところでパソコンがフリーズして、再起動かけたらせっかく書いたブログがすっかり消えておりました。一から書く気にもなれなくてお休みにしてしまいました。夢を見たその内容について自分なりの夢分析みたいなことをしてみたのでした。「こうして消えてしまったということはきっと書かない方が良いことなんだろう。」とも思いました。それに朝からちょっと鬱っぽかったこともあります。熱を測ってみたら7度5分と微熱があったので「なんとなくだる〜い。」みたいで元気がでなかったようにも思います。

今使っているMacはテキストエディットというのでしたら<保存>にしなくても自動で次々と保存になっていきます。考えてみたら書いている文章って必要だから書いているのであって毎回<保存>だとか<上書き保存>をクリックしないと保存されない方が不自然かもしれないと思います。不必要な場合は削除すれば良いのだから自動保存というのは便利。万が一今回のように途中でフリーズして再起動かけてもそこまでの文章は保存されています。ブログはネット上の文章として書いているので消えちゃうのですね。少しづつ書いては保存しておく方が良さそう。

きょうは9時30分からお灸に行ってきます。二週間に一度。前回お灸の後に温泉病院に出抜けたのでしたから「温泉病院にでかけてちょうど二週間なのだわ。」と思ったところ。前回は耳鳴りのことを話して御願いして解消したのでしたが、今回は<睡眠障害>ということを訴えてこようと思います。なかなか寝付けなくて、ようやく寝たと思うと3時頃に必ず目が覚めます。私の場合、なんでも引き寄せちゃうの前にご紹介したカーブスの<若返り睡眠法>の「睡眠ダイアリーをつけましょう!」みたいな項目は良く無いのだと昨夜苦笑しちゃいました。

(睡眠ダイアリーというのを真面目につけているわけではないのだけれど)そのチェック項目って「寝床に入っても寝付けない/眠りが浅いと感じる/夜中に何度も目が覚める/疲れがとれない/昼間何度も眠くなる/睡眠不足なのに早朝に目が覚める」と6項目合って、他に何時から何時まで寝たかを記入したり食事の時間を日々記入するようになっています。このチェック項目を見るだけで毎日否定的なことを引き寄せちゃいそう。チェック項目は逆に「良く眠れた」「深く眠れた」みたいに肯定の言葉にしてチェック入れる方が(私の場合)良いのかもしれないと思います。チェックが増えて来たら「あら、よくなっているじゃない〜」みたいに思えますもの。否定的なものにチェックが入っているのを眺めるより良さそう。

昨夜は午前3時頃に金星食があるということで外に出て空を見上げてみたのだけれど雲が多くて星も一個も見えなくてまた寝ちゃいました。他の地域では見られたのかしら、今年は天体イベントが多い年ですよね。

お盆で昨日は夫とお墓に。夫が退職する前は私一人でお墓にご先祖さまをお迎えに行って、他の家族が浴衣を着たお孫さん連れみたいなことで一家総出でお迎えに来られていたり‥みたいな姿を見て落ち込んだものでした。特に母が亡くなった年は、それまで母とお墓参りに出向いていたので、その母がいなくなって一人でお盆の提灯などを仏壇の前で組み立てながら涙が止まらなかったことを思い出したりしました。あれから20年近くたって「一人で盆提灯を組み立てるのがアタリマエのことになっているなぁ。」と思います。

親は二人で、祖父母になると四人、その上の代になると八人で‥みたいなことで、何代かさかのぼるとものすごい数になるのだと昨年高野山に行った時のガイドさんが話されていました。途中で誰か一人居なくても別の相手と結婚していても今の自分は存在しないと思うと神秘的ですよね。こうして生かされているって不思議なことだなぁと思います。先祖の一人一人が今の私たちと同じように悩んだり笑ったりしながら生きていたわけですものね。日本史を見ても飢饉や百姓一揆があったり、今のように食べ物が豊富な時代も歴史上めずらしいでしょうものね。恵まれた時代に私たちは生きていますよね。ひもじい思いを知らずにいられるって本当に有り難いです。股関節症で悩んでいては申し訳ないような気もしてまいります。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-14 08:38

8月11日  その2 ギターのレッスンのこと

「今の自分を許していない」ということでは、「早く起きて涼しいうちに庭の草取りをしなくちゃならないのにできない自分」「手紙の返事が書けないでいる自分」みたいなことが沢山あるのですが、やはり尾をひいているのが「ギターのレッスンをほとんど衝動的にやめてしまったこと。」

福田進○さんはじめ多くのギタリストの演奏を聴きにいってギターを聴くのが好きなことは確かなのだけれど、自分がギターを弾くのが好きなのかどうかということになるとよくわからなくなってきておりました。ギターのレッスンに通うのに、いつも心が重くてレッスンが終わって帰ってくる時には「期末テストが終わった〜」みたいな解放感でした。

ちゃんと自分の気持ちが見えていないと同じことを引き寄せてしまうし、自分がどうしたいのかがわかれば、願い通りのことを引き寄せるのだから‥と言われて、ギターのレッスンから落ちこぼれた自分を振り返ってみました。

ピアノは鍵盤をたたけば音色に違いはあるにしても一応音は鳴りますが、ギターは<押さえはぐる>とビンと不快な音がします。それがイヤになったのだと自分で思っていたのだけれど「それが本当の原因なのかどうか再度見て行くことが必要。」と言われました。

ギターはこの先の希望が持てなくなっていたということと、先生の突き放したような口調が辛かったという二点が明確になってきました。他の生徒さんが「お客商売みたいに教えていたらあんな風に叱責はしてくれない。親がいなくなっている自分たちの世代にはそうして叱責してくれる人がいるのは有り難いこと。」と言われて「そういわれればそうだなぁ。」と思ったのだけれど「それは他人の考えであって貴女自身も心からそう思っているのかしら?」とピアノの彼女から言われました。

ギターの先生は、例えるなら「憧れのキビシい体育の先生」みたいな感じかしらと思います。跳び箱を練習するとして、いつもその憧れの先生の前で跳び箱が越せなくて座っちゃうドジな私。「なにやっているんだ〜〇〇」みたいに叱責されて惨めで情けない感じ。知人でギターの先生の演奏のファンになった人が「自他ともにキビシいのはわかる。自分にそれだけキビシいからあれだけの良い演奏ができるのだと思う。」との感想。「私もそんな風に己にキビシい自分でありたい。」という尊敬と憧れはあったのだけれど、私の性分からするとどうも無理みたい。

話飛ぶんですが、昔跳び箱が苦手でした。試験の時だけは気力で飛び越していたのだけれど後はだいたい跳び箱の上に座っちゃうんです。コレってどうも股関節形成不全のためだったようです。バレエのスプレーツ(というのかしら?)両足をペタッと広げて床につけるのも右足前と左足前で全然違ったんです。どちらがやりにくいのだったか忘れちゃったけれど「どうしてなんだろう?」とずっと不思議だったけれど、股関節症になってみて初めて「右股関節が形成不全だったせいだったかもしれない。」と思いました。


だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-11 12:07

8月11日 アレクサンダーテクニーク5回目

昨夜からまた耳鳴りが始まって、今朝は10のスケールでいうと10になってしまっています。TUTAYAに新参者の劇場版<麒麟の○>を借りに行き「4本千円」というのにつられて、沢山借りて来ちゃったんです。麒麟の‥は良かったのですが他に借りて来たのがあまり面白くありませんでした。共感を感じられない作品を見ると「時間の無駄だった。」みたいに思います。洋服を選ぶみたいに全体が見える訳じゃなくて<見終わらないとわからない>のだから賭けみたいなものですよね。<4本千円>でもツマラナイのだったら意味ありません。これからは見たい作品を一本だけ正規料金の400円で借りてくることにしようと反省。

夫に言わせるとツマラナイと思うのは世代の違いではないかとのことです。そういえば若い頃には暗くて好きじゃないと思っていた松本○張の作品が人間のサガみたいなものを描きだしていて心に響いたりするようになりました。こういうのもやっぱり年齢による好みの変化なのかしらね。

一昨日受けたアレキサンダーテクニークの5回目のことを日記に残しておきたいと思います。シューマンのトロイメライ一曲だけをレッスンしていただこうと思ってお願いした人が、私が鍵盤に手をおいたところから「力が入り過ぎ」みたいなことで二回目は全くピアノを弾かずにアレクサンダーテクニークの指導をしていただいたのでした。それから回を重ねて一昨日来られた時に「あれ?身長伸びたのじゃありません?」と言われました。そういわれてみるといつも「背がスラリと高くていいなぁ。」と思っていたその人が、そんなに背が高いとは思えないんです。確かに姿勢が変わったことでほんの少しだけ背が伸びたのかもしれないと思いました。「初回から立ち方や座り方の写真をのこしておけば良かったわね。」という話になりました。

相談事もあって結局まるまる二時間お世話になってしまいました。ピアノは20分ぐらいで大半はアレクサンダーテクニークです。静かに呼吸をくりかえしたり、歩いたり色々するので時間もかかります。呼吸をするときは吸う時にお腹の方がひろがったりしてその辺りに集まる感じで背骨が縮んで吐く時に
身体が上下に伸びるみたいな感じなんだそうです。私はこれまで吸う時に胸が膨らんで上に伸びて吐く時に縮むような逆の動作になっていました。

椅子からの立ち方も繰り返し何度も立ったり座ったりして前回はレッスンの後で痛みをだしてしまったのでしたから、今回は(椅子の)腰の両側に手をついてヨイショみたいに身体を持ち上げる補助をするようにして立ち上がるようにしました。お灸の先生にテーブルや肘掛けに手をついて立ち上がりの負担を減らすようにアドバイスいただいていることを思い出したからでもあります。大事なのは頭の位置、方向なので手をつくこと自体は問題ではありません。‥だとしたらこの立ち方の方が私には現実的です。

同じように歩き方も次回は杖を使って歩いてみましょうということになっています。足も両足が<たすき>のように反対側の肩の方にまで繋がっているようなイメージを持って、上半身も使って歩きましょう‥というようなアドバイスでした。吉祥寺の大原先生からも「上半身の動きがない。」ということを指摘されていて「日頃杖をついているので腕の振りがないのだと思います。」ということを申し上げたことがあります。

股関節症ということで股関節に気をとられてしまうけれど<上半身のかたさが問題>ということは温泉病院で繰り返し療法士さんたちから言われてきました。肩を回したりの体操みたいなことをしても、日頃ガチガチになった上半身で過ごしていたらほぐれようもありません。身体の前面は腕の親指側に背面は小指側に繋がっているという地図を頭の中にイメージして前と後ろがバランス良く保たれていること、歩く時には背中も動くように‥ということで歩く練習をしました。腕だけを振るのじゃなくて背中から動かす感じにすると歩きながら背中の血行も良くなりますものね。

まだ身に付いたわけじゃありませんが、歩き方も含めて日常動作が上手な身体の使い方ができるようになったら良さそうに思います。歩きながら「今の自分のすべてを許して」と言われたら、泣き出したいような気持ちになって「今の自分を許していない。」ということにも気づきました。これは書くと長くなるので別にします。

ピアノも一度弾いてみたところで「とても良くなっていると思います。前回と比べてどこが良くなっているとご自分で思いますか?」と聞かれて返答に詰まってしまいました。これまでしてきたことテニスでもフルートでも何でも「ここを練習して直せばもっと良くなる」みたいなことで欠点を探すのは得意なんですが「何が良かったか。」を自分で意識することってなかったんですよね。「それをきちんと自分で認めて行けるようになりましょう。」と言われました。これも私にとっては貴重なアドバイスでした。

体操して身体を動かすことも大事でしょうけれど、日常生活で身体に負担の無い姿勢や動作ができたら良いですものね。良い人(ピアノの先生)に出会ったと思います。会った後に気持ちが軽くなります。この日も朝から耳鳴りがしていたのですが、アレクサンダーテクニークの指導を受けた後には解消していました。背中、首回りの力が抜けた状態で歩いたり動き回ったからのように思いました。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-11 11:12 | アレクサンダーテクニーク

8月9日 戻って来た帽子

昨日、某劇場の座席についてから「あれ?帽子がない。」と気がつきました。日頃あまり帽子をかぶる習慣がないので有楽町駅降りても気がつかなかったんです。

どこで落としたのか行動を振り返ってみました。家を出る時には確かにかぶっていて浦和駅で電車にのってからは冷房よけのジャケットと一緒に手に持っていました。銀座に出るのに京浜東北線は快速運転中で東京駅で乗り換えなければならないのにボーッとしていて「あ!東京駅。」と慌てて降りたときに落としたのではないかと思い当たりました。帰りに駅の遺失物の窓口で聞いたらそれらしき届けはないとのこと。「明日、こちらに電話して問い合わせてみてください。」とお問い合わせセンターの電話番号を教えてくださいました。

問い合わせの電話をしてみたら浦和発何時の電車かを聞かれました。それで車両番号のようなものがわかり、<その電車で夜の19時25分に駅員さんが薄いピンクの帽子を回収>していることが判明しました。南浦和にJRの車庫があるのでそこに電車が戻った最後に回収されたようです。「駅員さんが最後に回収してくださったのだとしたら私のかもしれない。」と思いました。「ブランド名などがわかれば登録があるので確認できるのですが。」と言われました。ブランド品じゃありませんしメーカーの名前までは知らないので、南浦和駅に確認に行くことにしました。

4番ホームの駅長室というところに行って「こちらに帽子が回収されていると聞いてきました。」ということで帽子の素材や色、形状などを説明しました。見に行ってくださって「これでしょうか?」と持って来てくださったのはまさに私の帽子だったので「わ〜!」みたいに叫んじゃいました。高い品ではないのだけれどレインハットにもなる帽子で愛着があったものですから。駅員さんも「そうなんですよね。価格とは関係なくお客様にとって大事な品ってあって、それが持ち主に戻ると私たちも嬉しいんです。」とニコニコ嬉しそうにおっしゃってくださいました。

13時半頃に東京駅で車内に落とした帽子、19時25分まで横浜と大宮を何往復したことだろうかと思ったら、飼い主とはぐれたわんこみたいに愛おしい気がしました。わんこではないので私のことを待っていてくれたわけではないはずなのだけれど、やっぱり「離れちゃってひとりぼっちにさせちゃってごめんね。心細かったよね。」みたいな気がしちゃったのでした。

これからはジャケットと帽子みたいに二つかかえるようなときには折りたたみのバッグにでも入れて持ち歩くようにしようと思いました。

無くしたと思ったお気に入りの帽子が手元に戻ってすごく嬉しいです。皆様もお気に入りの傘等を車内に忘れたらあきらめないで問い合わせてご覧になってみることをお勧めします。引き取る時には身分証明書と印鑑が必要です。

JR問い合わせ先:050−2016−1601
今はコンピューターで一括管理されているので品物がはっきりしていれば届いているかどうかも瞬時にわかります。回収されてすぐに入力するとは限らないので、無くした日の翌日ぐらいに問い合わせる方が良いのだそうです。「たかが帽子ぐらいで。」みたいじゃなくて、浦和の窓口でも電話の問い合わせ先でも南浦和駅でもすごく親切に対応していただきました。感謝!

昨日は帽子を落としちゃったドジな自分に落ち込みましたが、きょうは見つかってハッピーです。あきらめなくて良かったです。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-09 19:30

8月8日 痛みの無い生活

きょうは午前中にフルートの生徒さんお一人来られた後、午後は銀座まで出かけます。その予定が決まった時点ですぐに「銀座まで出るなら銀サロの宮本先生の施術を受けたい。」と思って予約表を見たけれどすでにいっぱいでした。残念。

股関節症との取り組みは「どういう人生を生きたいか。どういう生活をおくりたいか。」と大きな視点から逆算して考えた方が良いのかもしれないと、今回手術を決められた方のお話を聞いていてあらためて思いました。「ラベンダー(さん)はどうして手術しないんですか?」と聞かれて「痛みが無いから。」と答えたように思うのですが、私は「痛みの無い生活」をおくりたかったので「股関節症を改善しよう。」というような大それたことまでは考えていなかったのかとも思います。ほぼ痛みの無い生活が目前になったときに目標を見失ってしまって、また時々痛みがぶり返すようになっちゃったのかな‥と自分で思いました。

nori@さんやpussycatさんのように最近ブログを読みに来てくださるようになった方もおいでかと思うので繰り返しになりますが、私が行っている温泉病院の矢野先生の<痛みや歩数を日々記録する方法>を詳しく紹介してある本を再度ご紹介しておきますね。他の先生方の療法なども紹介されています。800円と価格もお手頃な本です。痛みに振り回されるのではなく自分が痛みをコントロールできる‥という「自分の方が痛みより上」って変な言い方ですが、<痛みが主人で自分が従者>みたいになっちゃうことが多い訳だけれど、それが解消したら痛みの受け止め方もずいぶん変るように思います。

股関節セラピー―若返る!痛みが消える! (マキノ出版ムック)

マキノ出版



今私は耳鳴りに悩まされていて、朝起きると「きょうはどうかしら?」と思うようになって「そういえば以前はベッド降りて歩く時に『きょうの状態はどうかしら?』と思っていたことを思い出しました。喉もとすぎれば‥で今はスタスタ洗面所に歩いて足のことは全く気になりません。(先日一度朝からシクシクきしむような痛みがあったことがありましたが。滅多にそういうことはおこらなくなっています。)

耳鳴りは昨夜は朝から午前中ぐらいまで。一昨日は一日大丈夫だったのに夜11時半ごろになって始まりました。こういうのもペインスケールのように<一番大変な耳鳴りを10>みたいにして<きょうは3>とか「11時前に寝ると耳鳴りはしないようだ。」みたいに記録していくと、どうすれば耳鳴りが起こらないかが自分で見えてくるのかもしれないと思います。足の痛みをメモしているノートに耳鳴りも一緒につけはじめようと思っています。せっかく11時半(できれば11時)に寝るようにと心がけていたのに、またちょっと遅くなったりし始めたので身体が「早く寝てください。」とメッセージを送ってくれているのかもしれません。

大原先生からご紹介いただいた本の中での耳をひっぱるのは良さそうなので日々取り入れることにしました。‥なので<すること>がどんどん増えてきています。お風呂の中で足の指のジャンケンやら頭皮マッサージやら<8の字を足で書く>のをしているのに加えて耳まで引っ張っておりますので‥。以前、半身浴は退屈しちゃうので音楽を聴いたり本など読んでいましたが、今はすることが多くて退屈しているどころではありません。

あまり沢山のことをしているので何が股関節症に功を奏しているのかわかりません。「これをすれば」みたいな体操が一つならお勧めしたいところですが、我ながらあきれるほど沢山しているので‥。でもどれも「股関節のため」というだけじゃなくて「アンチエイジング」「スタイルを良くする」みたいな効果もあることばかりなので続くように思います。これから顔トレをするところ。目、鼻、口、の体操はこちらに入っているので(先日読んだ本の影響もあって)これまで何気なくしておりましたが評価しなおしたところです。これの足トレバージョンが欲しいぐらいです。「キープします。1.2.3.4.5」とカウントまでしてくれますから。でも健常者用のができたとしても股関節症の私たちには向かないでしょうものね。腹筋などだとi-phoneアプリなどでカウントもしてくれるようなタイプのものが色々でているようですね。工夫しながら楽しく続けていきたいですよね。


だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-08-08 08:47