10月2日 ダイエットコースを始めて

昨日から申し込んであったカーブスのウエイトマネジメントコントロール(二ヶ月)が始まりました。食事以外の目標として何か一つ書き出すことになって、私は「11時に寝る」にしてみました。昨夜は10時過ぎにはお風呂に入ったり日記をつけたりのような寝支度。寝床に入ってから返事を書いていないメールや書きかけでまとまらなかったブログが気になって寝付けずに、結婚式から続いて三日眠れないと「夏のときのような睡眠障害が始まると大変。」と夜中に弱い精神安定剤を飲みました。

「11時はやっぱり無理。11時半に軌道修正しようかしら。」と思ったのですが、話は逆で「これを機に生活を見直すことが肝要。」と思うにいたりました。「パソコンは9時に閉じよう。」と思います。メールの返事を書いている所に新たに別のメールが来たりしてその返事を書いて‥みたいなことで予定外に遅くなってしまいますし、睡眠障害の一つに「パソコンの画面やテレビ画面を寝る間際に見ない方が良い。」というのもありましたし。

せっかくなので昨日書きかけた文章をアップいたします。

(昨日は)今月中旬に人工関節の手術を控えた○○さんの激励会‥というようなことでランチに集まっておしゃべりしてきました。もっと広くお声かけすれば良かったかとも思いましたが平日の集まりになりましたのでお勤めなさっていない方たち(ご本人含めて)4人が集まりました。

手術なさる方は、ある先生が「手術したく無い理由の一番として<火葬にしたときに人工骨が残るのがイヤだから>と言う人が多い。」ということを言われたことが前々から気になってこられたようでした。前もって打ち合わせすれば取りのけていただけたりもするようですし、人工の骨が残ったとしても、親しかった人は「この骨で頑張って生きて来られたのだな。」と感慨深く思うことはあってもイヤになることは無いでしょうし、そのために手術を躊躇するよりは「それより生きている時がはるかに大事よ。」ということで皆の意見が一致しました。

グッドタイミングで鍵コメントさんから「プロのバレリーナだった患者さんは、術後も術前同様、開脚し、床にお腹を付ける姿勢が可能」ということ、「最近はこれこれをしたいから手術をという方も増えている」ということ等をお知らせいただきましたので、手術にのぞまれる方にお伝えしました。術後の禁忌動作を前にご紹介しましたが、全く制限が無いところもあるようですものね。フルートアンサンブルのお仲間で人工関節になさった方も、もう元通り乗馬を楽しまれています。

ここまで昨夜書いてパソコンを閉じたのでした。昨日から食べた物とカロリーを書き出すレコーデイングメモも始まっておりますので、外食の内容も食品標準成分表を見ながらおおよそで計算してみました。ランチもAコースからDコースまである中で一番お皿数が少ないAコースに。ワインをいただいたりしたので、ざっと計算したところで840キロカロリーに。それでも一日のトータルのカロリーを1409カロリーにおさえることができました。朝は39キロカロリーのヨーグルト一個にしちゃってありましたし。「ワインは100CCで73キロカロリー」と頭の片隅においておけるのも私には良さそう。前菜ででてきた秋刀魚のメニューが生の秋刀魚をマリネしてあって「揚げたりしてなくて良かったわね。」と会食の皆様も心情的にご一緒に。

いつもなら6000歩も歩いたらカーブスへは行かないのですが、何しろ期間中は「週三回」ということになっていますので、「行ける時には行っておかなくちゃ。」ということで行ってきました。それも<チャレンジハード>といういつもよりペースを上げてきつくして。チャレンジハードの人は腕に腕章みたいなものをつけることになっています。意識の上でこれはなかなか良くて、「自宅でも<ウエイトマネジメント中>とハチマキでもしていたら違うかもしれない。」と夫に冗談に申しました。

昨日は吉祥寺の大原先生のところで施術を受けて来てそのレポートも書きたいのですが、ひとまずここで切り上げます。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-02 09:21 | ダイエット

9月30日 一日ダウンしていました。

昨日の結婚式、母の江戸妻を<半袖のロングドレスとその上に重ねて着るボレロ風>に仕立て直していただいたのを着ていきました。それを着るのは二度目。前回は車で結婚式場に向かったので気にならなかったのですけれど、今回は都内まで列車で行くために駅まで歩いているときに、ここのところ足底版を入れたスニーカーばかり履いておりましたので、歩くたびに股関節にガツンガツン響くような気がして「痛みがでそう〜」と不安になりました。式場まで平服で行って着替えるようにすれば良かったのかもしれませんが、教会でのお式で離れた新宿のホテルでの披露宴で、教会では着替える場所もありませんでしたし、やむをえなかったと思います。

椿山荘の向いのカテドラルは「敷地内は一眼レフ持ち込み禁止」とのことで、聖堂内だけかと思ったら本当に外での撮影もダメとのことで厳格なのでビックリしました。聖堂内は天井も高く、厳粛な良いお式でした。聖堂内のパイプオルガンも美しい響きでしたし、アヴェマリア他をパイプオルガン脇で歌ってくださっている方も居て。ホテル内の式場で神父さんが‥というお式には参列したことがありますが、本当の教会でのお式は考えてみたら私は初めて。

ホテルに移動して「このホテルで結婚式をするとすればココになる。」というロビーで他のお客様方からも見えるオープンな式場(最近、そういう会場が多いようですものね)も見ました。好みもあるでしょうが、ちょっと落ち着かないかもしれないなぁと思いました。

新婦側のご親戚のご紹介に、こんな風にして親戚になっていくのだなぁと思いました。相手のご両親様もとても良さそうな方で義弟夫婦が今後おつきあいしていくのにもとても良さそうな方々に思いました。子供がいないとこんな風に親戚が増えることはないのよね‥ということを親戚の結婚式に出るたびに感じます。

披露宴も若い甥夫婦が色々工夫を凝らした趣向が沢山あって、部屋が暗くなって蒸気機関車の音が聞こえて夫は「機関車に乗って登場するのかなぁ」みたいに言っていたのですが、そうじゃなくて部屋の天井に星空を模したライトが浮かび上がって壁際には流れ星も飛んで宮沢賢治の<銀河鉄道>をベースにしているのでした。テーブルも南十字に始まって私たちの席はCastorと双子座の中の恒星、琴座のvega
や白鳥座のDenebなど小岩井農場で見て来た星々の名前が並んでいました。「世界全体が幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない。」という言葉から自分たち二人だけが幸福になるのではなく皆が幸福になるようにという願いを込めてのことなのでした。

プライバシーに立ち入っちゃうのでブログの限界を感じながら書いていますが、日頃それほど親しい付き合いが無い甥で、新年会とか法事ぐらいしか顔を合わせることがなかったせいもあるかもしれませんが、「こんなに嬉しそうな○君を見たことが無い。」と繰り返し言ってしまいました。最後の新郎挨拶では感極まって本人が泣いてしまったりもしていて、私もその前から何度も目がウルウルしちゃう場面がありました。

家をでたのは11時過ぎで帰宅したのは8時ですからほぼ一日。夜になってもハイになっちゃっていて眠れなくて、昨日の結婚式の色々な場面を思い出したり、これまで参列した結婚式を次々思い出したり‥「こんな風に眠れない夜があっても、前回のように『昨夜眠れなかったから今夜は眠らないと身体に悪い』みたいなことを考えて睡眠障害を引き起こしたりしない!」みたいに思いながらすごしました。きょうは心身ともに疲れちゃってほとんどダウン。

きょうの仲秋の名月は残念ながら台風でとても見られそうにありません。月の入りは5時26分とのことですから、早起きすれば西の空に沈む満月が見られるのかもしれません。さて明日からダイエット開始です。録画しておいたNHKの<きれいの魔法>が背中編で肩甲骨周り上半身を整えること。出演なさっていた方の腰の歪みまで整って来ているようでしたから、二ヶ月間(股関節はともかく)上半身を整えることにも意識を向けてみようと思っています。背中のはみだしちゃったような贅肉がとれたら体重も減るかも?という淡い期待もあります。成功してもしなくても結果はブログで報告しますね。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-30 21:10

9月29日 頭でなく心で決める

私は甥の結婚式と重なってしまって参れませんが、きょうは銀サロのオフ会ですね。台風などと重ならなくて秋らしいおだやかな日で良かったです。

「頭でなく心できめる。」というのは、アレクサンダーテクニークを教えていただいてる人から言われたことでもありますが、漫画の<宇宙兄弟>の中で言葉は違うかもしれないけれど、そういう場面があって、それを見た時に心に響いたのでした。

温泉病院からの帰りの車のラジオで<漫画大賞>というのが有るのを知り、その年の大賞がテルマ○ロマエということで読んでみたらすごく面白かったのです。映画にもなっちゃいましたものね。温泉病院に行くと待ち時間があって、観光にでかけるほどまとまった時間じゃないけれど‥というときに、時間の調整するのに漫画喫茶を利用するようになりました。フリードリンクで色々なテイーバッグやアルカリ水があったりするのも良いし個室のリクライニングの椅子ですし。何より静かで落ち着けます。時によってはそこでランチ済ませちゃうこともあります。<バリ島の雰囲気>という出来たばかりの奇麗な漫画喫茶が石和にあったことも幸いしました。温泉病院に行かなかったら漫画喫茶にも行かなかったと思うので、本当に股関節症で色々目新しい世界が開けると思います。

前回、温泉病院に行った時に作業療法士さんにその<宇宙兄弟>の話をしたら「○○さん宇宙兄弟読んだりするんですか(意外)?」。漫画を読むようになったきっかけが上記であることを話して「テルマ○ロマエと宇宙兄弟しか知らないんですが、何か他に面白いのがあったら教えてください。」と申し上げたら、療法士さんも永年、漫画を読んだことがなくて、最近になって私と同じその二つを読んだところなのだそうです。思わぬ所で一致しちゃいました。他の作業療法士さんに聴いてくださってワンピー○というのが面白いのだとのこと。こんど時間があるときにはそれを読もうと思うのですが、最近、待ち時間がなくて理学療法と作業療法が続いているので(次回も4時と4時半)なかなか行く機会ないかもしれません。

今回、ギターを別の先生に習うことにしたのは、この<心で決める>という方にしたがってみたのでした。頭で考えたら、これまでの先生は自分が性格的に欠けているようなところをズバズバ指摘してくださっていたのですし、続けて行くことで自分が向上していくように思っていました。でも私はめげるタイプで萎縮しちゃうのです。こういうのって相性の問題が大きいと思います。

先生のブログにスペイン語の作文の本が出ていて、先生はそれを毎日いくつか決めて暗記するようなことで本一册全部暗記しきったようなことが書いてありました。早速私もその本を買って暗記まではできなくても毎日和文西訳を少しづつでもしていこうと思ったけれど数日で挫折。またまた「私って本当にダメ。」と落ち込んじゃいました。ギターもそうですけれど、何かで落ち込むとそれがダメなだけじゃなくて「私ってダメな人間だ。」と全否定みたいになってしまいます。

私はもともと人と比較して「それにひきかえ私は‥」と思う癖のようなものがあって、数年前の<今年の目標>は「人と比較して落ち込まない。」というのにしたことがありました。人は人ですものね。自分にそれは出来ないかもしれないけれど、他の長所があったりするはず。

ギターの先生は尊敬していましたし、自分がそうなれたら良いと憧れましたけれど「私はそんなに強く無い。自分のペースでのびのびレッスン受けられるような所があったら。」と思うようになったのでした。カルリの45のエチュードというギターをなさったことがある方にはきっとおなじみの初歩からやり直すところ。<楽しんで続けて行きたい>と願ってそういうレッスンを引き寄せるようにして行けたらと願っています。

夏に睡眠障害を起こしたのは、一つには「ギター今後どうしていこう。衝動的にやめちゃったことをゴメンナサイと謝って戻った方が良いのだろうか。」と悩んじゃっていたこともあったように思います。今度の先生と出会ったら気持ちが軽くなったので「ず〜っと心にひっかかっていたのだった。」と思いました。前の先生に二、三度「ギターその後」みたいなことで近況報告のメールをしていたのでしたから、別の所に習いにいくようにしたことをご報告した方が良いのか一度やめちゃったのだから、再度やめるご連絡までしてかえって不愉快な思いをおかけすることもないのか。そこでまたちょっと悩んじゃっております。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-28 18:11

9月28日 ダイエットに向けて/助走期間

今週はカーブスに3回行きました。ここ数ヶ月、ひと月に6回のペースでしたから週3回というのは私にしては多い方。マシンとマシンの間にあるステップボードというのでこれまではスワイショーや腰を回すようなことをしていましたが、少しハードな動きを取り入れた方がカロリーを消費するでしょうし、筋肉もつきやすくなるかしらと思って工夫しながら色々してみています。大きな筋肉がシッカリはたらいてくれたら消費カロリーも増えそうなので、まずはお尻の筋肉や腿の筋肉がついてきたらいいな〜と思っています。股関節に負担になっては本末転倒なので様子をみながら慎重に。

ダイエットプログラムを10月1日から始める前の助走期間みたいな感じで過ごしています。基本となる体重は25日に測定して、そこからの減量なので心情的にはすでに始まっている感じ。明日の結婚披露宴では美味しくいただいちゃうと思うので、その前にいくらかでも減らしておきたいところ。

ヨーグルトの話。もともと我が家では白砂糖を使わずきび砂糖を使っています。最初から甘くなっているヨーグルトだと白砂糖が使われていそうな気がしてプレーンヨーグルトを買っておりました。以前はメープルシロップを入れたりブルーベリージャム他を入れたりしていました。タンパク質の摂取量を気にしていた頃に色々比較してダノンのプレーンヨーグルトがタンパク質3.5と多く、糖分がないせいかカロリーも低いのが気に入ってここのところずっとダノンのヨーグルトにしてきました。あるとき何も加えないで食べてみたらじゅうぶん美味しい!(ヨーグルトの容器を最後にアルがなめるのでショウガはいれなくなっちゃいました。ヨーグルトも少し分けて挙げています。)

最近糖質ゼロヨーグルトというのが新発売ということで、それだとカロリーは39キロカロリーとこれまでの砂糖不使用のプレーンヨーグルトの56キロカロリーよりさらに少なくなっています。食べ比べてみたけれどこれまでのプレーンヨーグルトと味もほとんど変りません。成分を見たら、

脂肪0の方は「乳製品、乳たんぱく、ゼラチン、増粘剤」
ただのプレーンの方は「生乳、乳製品、乳たんぱく」

「やっぱりちょっとカロリー高めでも生乳が使われている方にしておこうかな。」と思ったりしています。小岩井農場に居る(乳製品に詳しい彼女に)どんなものか聞いてみようと思っているところ。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-28 12:27 | ダイエット

9月27日 ギターレッスン再開

新潟の旅行から戻って来て、ほとんど衝動的にギターのレッスンを止めてしまったことを書きました。それから早三ヶ月。レッスンをやめてしまうと家でも弾かなくなってきます。寝室の壁に今年の目標として「ギターの上達」ということでイメージングするべく写真入りで貼ってあるのを眺めながら「引き寄せの法則は働かなかったのかしら?」と考えていました。引き寄せの法則が本当であるならば、衝動的に止めたのも必要あって私が引き寄せたことで「何か意味があること。次のステップに行くために必要だった。」と思えて来ました。

最初は「もっと自己管理ができるようになって、自他ともに厳しい○○先生について行けるようになる。」というようなことを考えていました。レッスンに戻ろうと思ったこともあったのですが、そういう時に限って先生のブログには厳しい文章が書かれていて、私に向けて言われたことではないにしても習っていた頃と同じように<めげてしまう>ことが何度かありました。最近「(レッスンを再開して続けられるかどうか)お試しでワンレッスンだけ受けに行ってみようかしらとも思うけれど(再び習おうと思える場合にはいいけれど)『やっぱり私には無理』とは申し上げにくいですし‥というようなメールをしました。(お返事はありませんでした。)

知人たちのアドバイス、「こういう先生に習いたいと具体的に思い描いていれば、そういう人に出会えるような気がする。」というのと別の人から「音がレガートに続かない。練習していてブチブチ切れるからイヤになったというのは本心なのかどうか。本当の気持ちを正直に見つめてみたら。『もっと優しく教えてほしい』みたいなことだってあっていいんじゃないかしら?」夫には「音がブチブチ切れるからイヤになったのなら、誰に習っても同じことなんじゃないの?」

昨日、ネットで見て地元の若手のギタリストの所にお試しレッスンに行ってきました。「信じられない!」と思うぐらい私が思っていた通りの人なのでした。私が思っていることを私が口にする前に次々に言ってくださる感じで私は「そうなんです〜。そうしたいんです〜。」ばかり言っていました。夫には「あまり期待しすぎないように。あとでガッカリするといけないから。」と言われてしまいましたけれど。

私がギターを始めるようになったのは、8年ぐらい続いたフルートとギターの二重奏が解散になったことが大きいです。合わせの練習の合間に「今度の演奏会でのソロギターではこんな曲を弾く。」というようなことで色々な曲を聴かせてもらっていました。私がクラシックの名曲以外のギター曲を知ったのはその彼の弾いた曲の数々がきっかけでした。解散してそれまでギターの響きが常にあったのに無くなって寂しく思っておりました。スタジオに置いてあった(昔夫が習うつもりで買ってあった)ギターの調子が悪いからそのうちギター作家さんの所に行く時に一緒に持って行ってくれる予定だった楽器がそのままになっていて、それをご親切に修理に持って行ってくださったギタリストの方にギターを習うことになったのでした。

生の奇麗なギターの音に触れる機会がなくなって寂しかったので久々に美しい音色が身近に聴けたことだけでも嬉しかったです。(CDと生でははやっぱり違います。)フルートとの共演の多い演奏家「ここのところ“タンゴの歴史”を7回ぐらい続けて本番で演奏なさっているのだそう。<タンゴの歴史>はCDやI-TUNE内に何人の演奏を持っているかしら‥と思うぐらい私が数多く持っているお気に入りの曲。フルートを吹く私にはすごく嬉しいです。フルートアンサンブル解散と入れ替わりのタイミングでギターレッスンを再開できるのも良さそう。


だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-27 10:29

9月26日  ウエイトマネジメントプログラム

昨日、カーブスのウエイトマネジメントプログラムのキッ○オフミーテイングというのがあり、申し込みをした8人のうち7人が集まりました。私が通っている時間帯にご一緒になるような人はいなくて「初めて見るお顔。」がほとんど。「皆で一緒に頑張りましょう。」みたいな連帯感はなくてサッパリ系。私が勝手に一人で期待しちゃっていただけみたい。

他の人は26日スタート、私だけ「結婚式で心おきなく会食したい。」と思ったことと、キリが良いということもあって10月1日スタート。「満月から月が欠けて行く時の方がダイエットには良い。」という話をどこかで読んだことがあったように思います。30日が仲秋の名月(満月)なので翌日からというのはスタートに良さそうに思います。もう一人遅れてスタートなさる人がいたので「ご一緒に10月1日に始めませんか?」とお誘いしてみたのですが、早めに終わらせたいということで28日頃のスタートになりました。

ダイエットプログラムが始まったら食べられなくなっちゃう‥みたいな思いがあって、トンカツ‥みたいにしちゃったりするのでここのところ太って来ちゃったようでもあります。昨日、カーブスで計測をしていただいたら56.8キロでした。昼食後の13時からのミーテイングだったことと着衣ということで朝起きがけに計る体重より多くなっています。目標体重を<年内に53キロ>としましたが、着衣であることを考えると身体だけの体重は52キロにしておかなくちゃ‥です。4キロあまりの減量になります。

昨日のミーテイングは自己紹介、本部からの録画された20分ぐらいの映像を見て、その中では繰り返し「フツウのダイエットだと筋肉も落ちてしまうけれど、カーブスのこの方式だと筋肉はほとんど減らないで脂肪が95パーセント減る。体重はいきなり減らさないで少しづつ根気よく落として行くことが肝要。」ということなどが紹介されていました。

一日に1800ccのお水を飲むようにということも言われています。アメリカ発のダイエットであることを考えるとコ○コーラみたいな飲料や(砂糖やミルク入りの)コーヒーを水に代えるだけでもダイエット効果がありそうに思います。私が愛用しているカルシウムたっぷりのミネラルウオーター、コントレックスが<スリムウオーター>と呼ばれる所以もその辺りにあるように思います。お水をそれだけ飲んだらお腹がブカブカになってそれ以上ジュースとか他の飲料飲みたくなさそうですものね。

2ヶ月間、食べた物を毎日書き出さなくちゃなりません。カロリーも書きます。カロリー計算をしなくても送られて来たローカロリーののクッキングカードのレシピ通りにつくれば、そこに書いてあるカロリーを書き写せば良い仕組み。この<レコーデイングダイエット>という「食べた物を書き出す」というのもチャレンジしたことがありますが、自分だけでつけているのだと張り合いありませんし、そのうち「またチョコレート食べちゃった〜。」みたいなことで書くのがイヤになって止めちゃいました。今度はスタッフに見せることにもなっているので気合い入れて記録しなくちゃです。

食事の時のご飯は<100グラム>ということになっています。昨日計ってみたらお茶碗に半分ぐらいです。4時間おきぐらいに何か食べた方が良いということで間食もヨーグルトと果物みたいなものですが毎日取ることになっています。「間食は止める。」みたいなことを考えていたのでちょっと意外。

婦人画報の「人生最後のダイエット」を図書館から借りて読みました。白澤卓二先生という方の手書きのメッセージ「50歳過ぎたら絶対にやせなさい。」というのが特集の表紙に添えられています。若い頃のダイエットと意味合いが違って糖尿病や動脈硬化などの疾患に結びついてしまうのを避けるためということで「百寿者に太っている人はいません。/病気知らずでボケずに健やかな老後を迎えるには“やせていること”が不可欠なのです。」ということも書いてあります。

メソッドとしては「食/運動/ストレスコントロール」の三点ということで、それぞれの内容を読んで特に目新しいことは書いてありませんでした。これまで色々なサイトや特集で言われて来たようなことを総括した感じです。三ヶ月で体重の5パーセントぐらいを落とすのが良いということでした。よく「10日間で○キロ落ちました。」みたいなことが宣伝文句にうたわれていたりしますが、本当に徐々に落として行くのが良さそうです。

さて10月1日からのダイエットプログラムどうなるでしょうか。プログラムの内容をみると「本当にこの通りすれば、そりゃ体重は落ちるでしょう。」みたいになっています。毎日30分ウオーキングに週三回カーブスに行くみたいなことで‥。そこまではしなくても良いし、ストレスになってもいけないので献立も自由にしていいけれど「体重が落ちなかったら基本はこうなんだということを思い出してください。」ということなのでした。

さてどうなるでしょうか‥。次のミーテイングは一ヶ月後だそうです。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-26 12:59 | ダイエット

心の庭師

手入れをすれば奇麗な庭になるが手入れをおこたると雑草が生えて荒れ放題の庭になる。心の庭師に。昭和57年の記事。昭和51年と57年のクリアフォルダーを整理。

クラシック以外のギター曲って例えばこんな曲です。

[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-25 19:38

9月25日 冷えは大敵

昨日の朝、目が覚めてベッドから立ち上がったらめずらしく重苦しい痛み。「どうして?」と原因を考えてみたら、前の日のフルートアンサンブルの大部屋の冷房がきつくて、それぞれに上着を羽織ったりしていたけれど数時間たった頃に「寒すぎる」ということで空調のスイッチを切ったことを思い出しました。私は上は半袖に五分袖ぐらいのサマージャケットを羽織っていたのだけれど、脚は冷えちゃったのだと思います。

もうそろそろcw−xの出番なのだと思いました。小岩井には夜の星空の観望会にそなえて履いていったのでした。そんな風に「寒いかもしれない。」とあらかじめ覚悟できるときは備えるのだけれど、この時期にキツい冷房‥というのは予想外。冬の寒い時期にはハクキンカイロで温めたりしてもしていますが、今のような季節の変わり目って要注意かもしれません。cw−xも足首までのではなくて膝ぐらいまでのを今の時期には履いています。股関節サポートが私には心地よいです。

お風呂に入って温めたら回復しました。痛みというのはこんなちょっとしたことでも出るので油断できないと思います。こういう痛みを積み重ねて慢性痛にしてしまう人も案外多いのではないだろうかと思います。「コレをしたから痛みが解消した」という決定打みたいなものは無いのだけれど、お風呂であたためることやcw−xや冬場のカイロなど温めていることは大きな要素のように思います。今は夏でもスカートは滅多に履かなくなっています。

フルートアンサンブルの練習もあと一回を残すだけになりました。主催者のご夫妻のご主人様の方は仙台にお住まいだったことがあって私が子供の頃住んでいたのと同じ住所だったという不思議なご縁。奥様の方は(亡くなった)私の母に(顔かたちは違うのだけれど)雰囲気がとても良く似ています。母は父の趣味に合わせて40歳過ぎてからバトミントンを始めて夢中になってしていました。フルートアンサンブルのご夫妻もご主人様が若い頃からフルートをなさっていたのに奥様が合わせてご大人になって始められて、写真撮って配ったりみたいなお世話は奥様が一生懸命してくださっていて、そういう所も母と同じ‥と思いながらご一緒してきました。

私はミクシイというのは止めてしまったのだけれど、以前、そちらで主催者の奥様のサイトを見た時にご自分が好きな言葉として、聖書の中の「いつも喜びを忘れずにいなさい。たえず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。」というのを挙げてあって、私もこの言葉をパソコンの置いてあるデスクから見える所や寝室にも貼ってあるので、その偶然を嬉しく思ったことがありました。

これは、股関節症と聖書の中のヤコブの話のこと以前の日記で紹介していただいた教会のシスターに相談に行った時に教会の売店で聖書の言葉をカードにしてあるのを買って来たものです。「テサロニケ5•16〜18」からの言葉です。今月末の甥の結婚式はその教会で挙げることになっています。私がその教会に行くのは、そのとき以来10年ぶりぐらい。それも不思議なご縁に思います。

追記/天使ラファエルがヤコブの股関節を治したこと

昨日は夫の実家にお彼岸でお参りにいってきました。義妹と日焼け止めの話になって、お肌のお手入れも色々な説があるのでどれが正しいのか‥。コットンを使って化粧水をパッテイングするようなことも化粧水をたっぷり含むので良いという説と、あくまで手で馴染ませるようにした方が良いというような説やら‥。私の知人の<ゆで卵のようなお肌>の人は「朝夕クレンジングオイルを使うのが秘訣。」ということでしたが、クレンジングオイルは良く無いと言っている専門家もいるようですし、「結局自分の肌にあったものを自分で取り入れていくしかないのよね。」という話になりました。股関節のお手入れと同じですよね。人には合っても自分には合わないかもしれませんから見極めが大事。



だいじょうぶ!

[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-23 19:28

9月23日 日焼け止め その2

日焼け止めについての日記に、今使っているファンケルの日焼け止めはクレンジングオイルで落とさなくちゃならないと知って焦っていたことを書きましたら、鍵コメントで資生堂の製品でせっけん洗顔だけで良くて効果の高い日焼け止めをご紹介いただきました。使い心地も良いとのことです。その方もそれまで使われていた日焼け止めが私と同じように要クレンジングが気になっていて変えられたのだそうです。その方が使われているのは、SPF50にPA+++とのことですが、色々種類があるので選べるページをリンクしておきますね。アネッサ

日焼け止めについてネットを見ていたら「米国の日焼け止めはUV-Aが無いものが8割。」というような記事もありました。コチラ「日本では紫外線A波、B波はすでに知られている。」ということも書いてあります。知られているからPA++みたいな製品が多いわけでしょうが、メーカーは知っていても、消費者レベルでは知らない人が多かったのではないかしら。その紹介記事のなかでラベンダーの香りの日焼け止めが紹介されていて、そちらにもちょっと心が動きます。

私がファンケルを使っているのは<紫外線吸収剤が使われていないから>ということからでしたが、紫外線吸収剤も紫外線散乱剤も本当の所よくわかっておりませんでした。皆さんはご存知でしたか?解説がのっているページをご紹介しておきますね。
美肌マニア

紫外線散乱剤

きょうはフルートアンサンブルの全員合奏<王宮の花火/ヘンデル>の練習日でした。日頃の練習の指導者とは別に、王宮の花火をフルート用に編曲なさったフルーテイストの方が指揮、指導してくださいます。他県から参加くださるアンサンブルの方々で初めてお会いする方もいて総勢45人ぐらいで練習しました。(本番は74人で演奏するのだそうです。)いつも30人弱ぐらいですから音も厚みがあって、それにテインパニーのような音色を出す(といっても二つだけ)ドラムも入って、「かなり本格的!」と思えるような演奏になりました。主催者のご夫妻のお顔の広さあってのことだと思います。

解散と聞いて「ショック」というのから、きょうは「この顔ぶれと会えなくなるのね。」という寂しさが湧いてきました。すごく親しければ機会を作ってまた会うということもあるでしょうけれど、例えるなら<クラスメートで挨拶を交わす程度>みたいな関係の人たちが多かったので解散になれば、それきりになると思います。股関節の手術をなさったTさんもお隣でバスフルートを吹いていますが解散になればお会いする機会もほとんど無くなってしまうと思います。

そういえば、<立ち上がりの痛み>いつのまにか解消しています。こういうのって痛みがあるときは「また立ち上がりが辛い。」と思う訳ですが、消えちゃうときには「いつのまに?」みたいな感じです。休憩時間に立ち上がったり、帰りに立ち上がると痛みが出てコワゴワたち上がっていましたが、ここのところ全くそれは出ていません。いつが立ち上がりの痛みの最後だったかしら?みたいな感じです。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-21 23:35

9月21日 ウエイトマネジメントのキット届きました

きょうカーブスの<ウエイトマネジメントプログラム•キット>届きました。<オリジナルバインダー><厚さ3センチ強ぐらいのお料理レシピのカードの束><冷蔵庫にレシピをはるための細長いマグネット><メンバーズガイド/解説書><記録用のグラフ用紙>がセットになっています。

今回のこのマネジメントプログラムというのを受けるフィーは12000円。二ヶ月のプログラムなので月割りにするとお月謝6千円という考えかたもできるかもしれません。今回送られて来たこのキットは半永久的に繰り返し使えますし、この方式が身に付いて生涯自分の体重をコントロールできる術が身に付けばお安いと思います。お高いサプリメントだと飲んじゃったら終わりですが、<習慣を身につける>みたいな方式はなかなか良いかと思います。

<お馴染みのカーブス>という安心感もあります。これまで月に6回しか通えていなかったけれど「二ヶ月だけちょっと頑張って回数多く通ってみよう」とも思っています。これが「生涯ずっと毎週三回通う。」みたいなことは無理そうですが、二ヶ月だけならちょっと頑張ってみようかな‥と思えます。

最初の一週間1200カロリーで過ごすというのはちょっと辛そうですが、夫だけが海外に一週間行くようなことが年に何回かあるので、そういうときを自分の調整期間として、この1200カロリーというメニュー(もうちょっと多くてもいいかしら。)で過ごすのも良いかもしれないと思います。

9月25日に説明会•結成式みたいなことがあって26日スタート予定。その後に結婚式やお友達とのランチやらフルートアンサンブルの演奏会の打ち上げパーテイーみたいなものがあって「あらら〜」とも思いますが、考えようによってはこのダイエットメニューがなかったらそこで完全に体重オーバーになると予想されるので、「それを抑えることができるだけでも私には効果有り」なのだと思います。結婚式では心おきなく食べちゃうことにするなら私だけスタートを遅らせても良いと言われているので区切りの良い所で10月1日スタートにしようかしらとも思っているところ。

股関節症のお仲間のお一人が10月に入院なさるので、私も入院したつもりになってカロリーを抑えた食事や運動を続けてみようと思います。くじけそうになったら「彼女も病院で今頃頑張っているのだから。」と思えば私も一緒に頑張れそうです。

今回の申込者は8名だそうです。カーブスにご近所の方はじめお顔馴染みのかたも来られていますが、25日の結成式みたいな説明会で顔合わせをしたら、カーブスに行ってお会いした時にお互いに<頑張っている仲間>みたいに思えて良さそうな気がします。

現在、身長160センチ、体重56キロ。旅行に行って美味しいもの食べて来たりすると57キロにまでなっちゃっています。53キロ目標にして「良い線まで行った!」と思うとまたジワジワと増えて元に戻ってくるパターンをここ数年くりかえしています。

今度こそ、53キロで定着させたいです〜。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-21 19:23 | ダイエット

9月20日 日焼け止め/シワ予防

昨夜のためしてガッテンご覧になりましたか。シワができる原因と予防についてでした。コチラ

紫外線にUV-AというのとUV-Bいう二種類あって、シミは後者なのだけれど、皺は紫外線のUV-Aというのが元でできるという話で、出演者の方達が口々に「もっと早く知っていれば。」みたいなことでした。UV-Bという紫外線の方は皮膚がんなどをおこすので予防ということでこれまでも取り上げられて来たけれど、シワぐらいのことだと「命に別状ないし」みたいなことで後回しみたいになってしまうのかしらね。

ショックだったのは顔の左半分だけすごい深いシワのある人の写真が紹介されて「運転手で窓がある側だけシワができた」ということでした。「そういうことであるなら運転手をしている人たちの大半がそうなっても不思議はないはずだけれど。」という疑問を内心持ちながら見ておりましたけれど。

車の窓はじめUVカットという言葉をよく聞きますけれど、これはUV-Aもカットしているのだろうか?とあらためて疑問になってきます。それに気になってネットで見てみたらUVカットといっても100パーセントカットされているわけではないので90パーセントカットみたいなことでも太陽の光は強烈なので残り10パーセントでも長時間当たればそれなりのことらしいです。これまで「車のフロントガラスは 紫外線カットされているから」と安心しきっていましたが、気をつけようと思いました。大阪で会った友達は車の運転するときも自転車の乗るときみたいな長い手袋をしていたのが印象に残りました。ピアノを弾くので手を大事にしていて日焼けしてシミでもできてはいけないからかもしれないと思います。

番組の中で一年間のUV-BとUV-Aの棒グラフを重ねてみたら、前者は夏にピークみたいな予想通りの量なのだけれどUV-Aというのはグラフをはみ出してスタジオの天井ぐらいまでうなぎ上りみたいにグラフが伸びていきました。それも夏に限らず一年中。‥ということは日焼け止めは一年中必須。

私が従姉妹に言われたりして「日焼け止めって一年中つけるものだったとは知らなかった。」ということをブログに書いたのがいつだったかと検索してみたら4年前のことでした。もう少し若い時からそうしていれば良かったです〜。

日焼け止めクリームの見方の説明もあってSPFと書いてあるのがUV-B。PAと書いてあるのがUV-Aに対する強度のようなことなのだそうです。私が持っているファンケルの日焼け止めをみたらPA+++と3つ+がついているので気を良くしました。でもネットで解説を読んだらそれを落とすのにはクレンジングオイルを使うことになっていました。

最近、ハリウッド○アというお化粧法にしてから「洗顔は石けんだけでよい。」ということでしたのでクレンジングオイルを使っていなかったので焦りました。資生堂の<持っているだけでほとんどつかっていない化粧下地>はSPF25にPA++、それにリキッドファンデーションもSPF18にPA++と下地とファンデーション双方に紫外線よけが入っているのでした。それできょう久々に資生堂のファンデーションにしてみたりしました。

股関節症で脚が悪い分、お肌でカバーできたら(?)と思っています。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-20 08:59

9月19日 小岩井の旅 追記

小岩井への旅行で書こうと思いながら書いてなかったことを追加しておきます。最後の日に友達がホテルに迎えに来てくれて、私が泊まっていた御所湖の周りをドライブ、彼女がいつもバードウオッチングで来ている所などを案内していただきました。星見用に私も双眼鏡を持って行ったので一緒に「どこどこ?」みたいなことで水辺に来ていた鷺を見たりしてきました。

<野鳥の森観察センター>という所にも連れて行ってもらいました。バードウオッチングって林の中を散策しながらするものだと思っていましたが、こちらは窓越しの目の前にえさ場があってそれぞれの木に番号もついています。自然の中だと「あそこ!」「どこどこ?」みたいなことになりますが「15番の上の方の枝に。」「7番のえさ場に。」「8番のちょっと左に」みたいに教えていただきやすいのです。座って見ている目の前に小鳥が来てくれるので股関節症の私でも大丈夫。
b0165519_21302186.jpg

軽井沢の庭に来る小鳥を双眼鏡で見たりしていましたが、すぐ飛び立ってしまうので追いかけるのが大変。双眼鏡に入れたと思うとすぐ視野から消えてしまいます。でもこちらはえさ場があるのでヒマワリの種を一生懸命打ち付けて夢中になって食べていたり、その場にしばらく居てくれるのでしぐさも落ち着いて観察していられるのでした。カウンターに肘をついて双眼鏡を支えていられるのでとてもラクなのです。私が持って行った防振の双眼鏡「旅に持ち歩くのには重たくない?」と言われましたがやはり性能が良いので今回は持ち歩いて大正解でした。星も鳥も見られてとても楽しかったです。
b0165519_21311444.jpg


「きょうは鳥来ているかな?来ている時と全然来ない時とあるの。」ということでしたが「大丈夫!」と私は思っていました。小岩井農場で星も観望出来たのでしたし「ツイテいるはず。」という思いで行ってみました。「前に来た時にはスズメばかりだったのに、きょうは沢山色々な鳥が来ている。」と友達が言っていました。ヤマガラが入れ替わり立ち替わり沢山来ていましたし、シメ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、アカゲラなどを見てきました。ゴジュウカラというのは頭を下に枝をツツーと降りてくるのが特徴だそうです。

部屋には天井から白鳥が羽を広げた剥製が吊るされていました。星座の白鳥座をよく見上げていますが、こうしてみると白鳥のお尻の方のイメージが星座と重なるように思いました。白鳥座のデネブ(尾)というのと、わし座アルタイル(彦星)こと座のベガ(織り姫)で夏の夜空には大きな三角形が出来ています。

御所湖ちかくの温泉宿•紫苑での夕食に日本酒のリストをみたら<わしの尾>というのがあったので星座からの連想でそれをいただきました。紫苑には掛け流しの温泉と、循環させている温泉と二カ所あって両方入ってみましたが、やはり掛け流しの方は部屋に戻っても汗が止まらない感じで温まり方が違うように思いました。掛け流しの温泉は南部曲がり屋のイメージで作られたということですが、ジャズが流れていてモダンな雰囲気。軽井沢の星野温泉や函館近郊の流山温泉を思い出しました。

きょうはフルートアンサンブルの練習日。あと二回練習があって本番なのですが、きょうタイムスケジュールを見たらゲストで来られる県外からのアンサンブルも二組あるし、先生方のアンサンブルやプロのアンサンブルグループもあって、それぞれの演奏時間は20分あまり。これだとこれまでの音楽祭などに出演していたのとそう変らない気がします。先日聴きに行ったリコーダーアンサンブルのように自分たちだけで二時間近くの演奏会をこなしてしまうって「同じ月に一度の練習であれだけ仕上げるって信じられない。」とあらためて思いました。演奏会には参加できない人がお別れのご挨拶にだけ来られたり「解散間近」と思いました。転んで骨折なさって出演できなくなっちゃったメンバーも居て「気をつけなくちゃ。」と思いました。(そう思って引き寄せないようにしなくちゃですね。)

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-19 21:02

9月17日 人工関節禁忌動作など

人工関節の手術をなさる方が年間4万人という数字を前のブログに書いたのは<人工股関節術後の日常生活について>ということが書いてあったコチラサイトからです。おだやかな書き方がしてあってなかなか良いとおもいますのでご紹介させていただきますね。

10月に手術を控えているお仲間の方が「ネットからの情報などで人工関節にした後のこともある程度わかっているので大丈夫だと思う。」と言われていました。何もわからない方が「手術さえすれば<元通りになる>と思われているといけないので、禁忌動作について載せているページをご紹介しておきます。

ほがらかさんの広場で手術後に禁忌動作が全く無いという方もいたように思います。人工関節を入れる時の姿勢などで違ってくることもあるようですし、一概には言えないと思いますが。人工関節禁忌動作

私が股関節症になって跛行し始めた頃に「どうして手術しないの?そういう貴女をみている私たちは辛い。貴女が手術すると言えば義理のお姉さんたちだって協力してくれるんじゃないの?」と知人から言われたことがありました。その頃私は痛みもあったので「私は自分の脚が痛くて辛い上に、周囲の人たちの辛く思う気持ちまでも私が背負わなくちゃいけないの?」とすごく悲しかったです。その人のお友達が手術なさって海外旅行まで行けるように順調だったのでそう思われたらしかったですが、その後、そのお友達の手術は自骨の手術で成功したけれど、(同じ自骨の手術で)入院していた同室の方たちでも術後に痛みが残ったりしている人も居てそう簡単なことではない‥ということを理解してくださったようでした。

先日、ライブを聴きに行った(股関節症でもある)赤羽さんがメールくださって「自分の足で歩いていたい…!ステージで美しい立ち居振る舞いでいたい…!そういう思いで筋肉強化したり、体重減らしたり、努力して、ステージで演奏し続けることで痛みで心が折れそうな人に笑顔が戻ったら嬉しい。」彼女は奇麗に歩けますが痛みをかかえています。

彼女が体重を6、5キロ落としたと聞いて私もカーブスのダイエットを申し込んだのでしたから、そんな風にお互いに良い刺激を受けながら改善に向けていけたら‥と願っています。<歯を食いしばって>というのじゃなくて、ゆったり楽しみながらそうできたらいいなぁと願っています。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-17 17:11

9月16日  きょうは新月

(すみません日付間違って15日と書いちゃってありました。16日です。)今朝はかなり涼しくなってきて過ごしやすいです。きょうは11時11分に新月なので、新月を迎えたらいつものように新月のお願いことを書こうと思っているところ。4月から“星の王子様”の小さなノートに書き出すようにしています。半年後に<新月を迎えたのと同じ星座>で満月になるときに振り返るようにするということで、最初にノートに書き出してからまだ半年たっていませんが、以前書いたものを眺めてみると目標達成まではいかなくても<そちらの方向にむかって>動き出していると思います。

昨日は<ピアノとアレクサンダーテクニーク>の日。レッスンの初回からまだシューマンのトロイメライをしています。昨日は曲の和声の進行を書いて来てくださったのを解説くださいました。私は永年フルートで単旋律ばかりを吹いて来たので和声感覚が弱いのです。フルートアンサンブルをするようになったことや数年前から習い始めた先生が「ピアノの伴奏譜を楽譜どおりじゃなくて和音で良いので自分で弾いてみて、その音の上に自分のメロデイがのるように。」と言われて少し感覚が身に付き始めたところ。今にしてみれば当然の話だと思うのだけれど、昔私が習っていた先生の所は音大受験生ばかりだったので「和声は他で当然学んでいる」ということが前提だったのだと思います。ひたすら難しいエチュードを消化するようなレッスンでした。

そんなわけで「こんなに奇麗なハーモニーが流れるようにつづくトロイメライなのに、こんなにシンプルなコード進行なんだ〜。」みたいなことで理解できてすごく嬉しく思いました。コードがよくわからなくてジャズピアノなどを習った時期もあったのだけれど、そういうバラバラな知識が統合されてくれば大丈夫‥ということで、私からしたら「今度こそようやく念願のレッスンにたどりついた。」みたいな気がしているところ。

その上、アレキサンダーテクニークも指導していただけちゃうのだから願ったりかなったり。昨日はポールウオーキングを見ていただきました。前回までも歩き方を見ていただいたりしていましたが「日頃杖をつくのなら杖をついた状態での歩き方をみましょう。」ということになったのです。前にも書きましたように上半身の動きが無いのは杖をつく影響かと(自分では)思いますので、ポールウオーキングで上半身の動きを取り戻したいと考えているところでした。

ノルデイックウオーキングの専門家ではありませんが、だから逆に「その歩き方不自然じゃありませんか?カチッカチッと腕をとめて固めてしまう感じ。もっと自然に。」とか「こんな感じで歩いていますよ。」とマネしてみせてくださって「もう少し上に伸び上がる感じの方が良いと思うけれど。」肩甲骨までは動かしているのだけれど背中の下の方まで使えた方が良く無いかしら?‥というようなアドバイスで、最後は椅子に座って左右の座骨に体重をかけかえながら腕を振って歩くような上半身の動きをしてみました。コレが私にはなかなか良かったです。「背中の下の方を動かす」という感覚がわからなかったのがそれをしてみたら確かにこれまで使っていなかった部分が動くのがわかるようになりました。

同じ歩くのなら(体重を落としたいので)カロリーを燃やすような歩き方をしたいところですし、背中のガチガチが歩くときの振動をもろに股関節に負担になるようなことにもなっているので(と温泉病院の療法士さんたちにも指摘されている)しなやかな上半身をまずは身につけたいと思っています。股関節には問題があっても上半身には問題はないはずなので「いかようにもなるはず」と思うのです。

グーグルアラートですずらんさんのブログのお知らせが来て「また書き始めてくださった!」と訪問したら前向きの日記で嬉しくなりました。<調子の良い時には股関節症であることを忘れている>‥というのも、<脚長差が解消したら跛行も違ってくるのでは>というのも同じです。股関節症歴はすずらんさんの方が長くて先輩になります。股関節症も進行がおわって末期に入ると痛みが消えてしまうこともあるというのはすずらんさんや自分のことを考えてみても「確かにそういうケースも多い」のだろうと思います。その前に痛みが酷ければ手術なさる方が大半だと思いますけれど。年間4万人が手術しているとかです。

月の話に戻ります。先日の盛岡からの帰りに駅の売店でサライが<月光浴への誘い>という特集だったので買ってきました。宇宙飛行士だった毛利さんのインタビューがあって「地上から見る空は青いでしょう?これも空気があるからです。太陽の光が空気の分子に散乱して青く見えている。」ということで真空の宇宙では真っ暗闇に真っ白い太陽が無機質に輝きを放っていることが書かれていました。そろそろ新月の時間、銀河系の端の方の太陽系の中でこの瞬間には太陽と月が地球から見て重なっているのだなぁ‥と思います。壮大な宇宙のことを考えると気持ちが大きくなります。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-16 10:46

9月14日 美容院で読んだ婦人画報 

「100歳まで美しく生きる」という特集が今回から3回にわたって連載されるそうです。小野ヨーコさんの言葉が載っていて「毎日、心躍るようなことを。」というようなことだったと思います。別にパーテイーをするような特別のことじゃなくて空を見上げて「奇麗!」と思うようなことでも‥というようなことが素敵な言葉で書かれていました。こうして言葉を置き換えるだけで雰囲気違って来ちゃうのが残念。「100歳までウオーキング」を提唱なさっている矢野先生の本に繋がりそうでもある内容でした。姿勢のことやら股関節が大事‥みたいなことも書いてありました。

婦人画報の6月号では「人生最後のダイエット」というような特集があって人気だったそうなのです。「最後の」というのは、<それ以降、もう二度とダイエットをしなくても効果が持続する>という意味なのだと思います。そちらも読んでみたくなって美容院にまだ置いてあるかしら?と聞いたらもう処分しちゃったのだそう。「その特集があるから欲しい。」というお客様に差し上げたので、特集はなかなか良くて(私の)担当者の方もそのページだけコピーなさったのだそう。図書館のホームページを見たらバックナンバーは貸し出ししてもらえるとのことで早速予約しました。

何しろ体重が落ちないので、カーブスのウエイトマネジメントプログラムというのに申し込んでみたところです。<二ヶ月間で自分の体重/体脂肪をコントロールする方法を身につける>というもので、9月25日に申込者だけの結成式みたいな講習会みたいなことをして26日からスタートすることになっています。最初の一週間は1200カロリーのメニューに週間目に1500カロリーになるのだったかしら‥何しろ身体が飢餓感をもってしまうと身体に脂肪を蓄えてしまうのでそうならないように上手に食べるようにしていくらしいです。始めて見ないとわかりませんけれど‥。それには週三日30分歩くというのも入っていましたが、私はその代わり三輪車に乗る等しようと思っています。12000円会費ですが自宅に献立などの資料が送られてくるそうです。それは今回限りではなく手元に置いてつかえるものなのだそう。

美容室では11月からDNA鑑定をしてでその人にあったダイエット法というのを指導してくれるのがスタートするそうです。脂肪を上手に分解できない、糖を分解出来ない、筋肉を上手に作れない‥みたいな色々なパターンがあるらしいです。こちらも体験してみ無いと間違ったことをレポートしちゃってもいけないですが、食事を記録して提出したりもするらしいです。

ちょうどカーブスのダイエットの二ヶ月が終了した時点から始まるので、カーブスでのダイエットがうまく機能しなかった場合の二番手‥みたいな感じに考えています。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-09-14 21:36