10月29日 ダイエット中間ミーテイング

ここ数日、寝る時間がまた12時頃になってしまっています。早く寝るって私にはなかなか難しいです。きょうはカーブスのダイエッコースの中間のミーテイングがありました。計測では1.7キロ減。

ガッカリしちゃったこと。「減らした体重から1キロ〜1.5キロまで増やす。」ということで安定ささせていくというのだと、私の場合、ようやく落とした1.7キロをほとんど戻しちゃうことになります。見せられたアメリカ発のビデオでは<90キロの人が86キロまで落ちて来て>みたいなグラフのサンプルでした。「90キロと私たちとでは違うんじゃないですか〜。」と思わず言っちゃいました。きょうミーテイングに来られていない方で(60キロぐらいの人で)最高で6キロ減らした人がいるのだそうです。私は旅行や打ち上げパーテイーみたいなイベントが入っていたわけだけれど、その人は何もイベントがなくて忠実になさったからとのことでした。

もう一つガックリしたことに「きょうからフェーズ3」と思っていたら「一週間フェーズ1のあと23日間フェーズ2」ということで明日までフェーズ2なんだそうです。4週間を二回と思っていたら30日を二回だったみたいです。

食べたものを書き出すのもそろそろ大変で投げ出したいところですが、気を取り直してもうひと頑張りしてみようと思います。

何か目標を書き出すことになっていて、ここのところずっとNHKの背中美人の体操をしてきましたが、次の一ヶ月はいよいよ腹凹に本格的に取り組もうと思います。先日のアレキサンダーテクニークの時に立って壁に背中を押し付ける(おへそを引っ込めてつけるような感じ)をしました。これは以前買ってあった腹凹の本にも出ていて、その本では肘を曲げて壁を押すようにして壁から体が離れそうになるのをお腹をひっこめる力でくっつけるようにするというもの。その本でもそれらの体操を続けて何センチもウエストが細くなった人たちの成果が出ていました。

今回の計測でウエスト1.5センチ細くなっていましたがお腹周りは5ミリしか減っていませんでした。きょう自転車(三輪車)に乗りながら「潰れちゃっている」と言われた感覚がわかるような気がしました。極端なたとえですが提灯をたたむときみたいにタテ方向に縮んでいるんですよね。もっと上に伸びた姿勢にしようとすると腰をのばさなくちゃならなくてそれには下腹に力をいれなくちゃ‥で。やっぱり腹横筋と腹斜筋。

腹斜筋って<ポケットに手を入れる方向>とその対角線状に二層になっている‥と本の知識から思っていたのですけれど、作業療法士さんによると「上の方はそうだけれど、解剖したのを見ると股関節周りぐらい下になってくるとほとんど横に走っている。」とのことでした。「解剖したのをご覧になったりするんですか?」と思わず聞いちゃいました。何度かご覧になった経験があるのだそうです。「腹筋って本当に薄いんですよね。」みたいな話でした。腹筋という名称だけが一人歩きしているみたいな捉え方だったのだけれど、なんだかすごくリアルに腹筋がイメージ出来た気がしました。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-29 20:20 | ダイエット

10月27日 久々のピアノとアレクサンダーテクニーク

昨日は久々にピアノとアレクサンダーテクニークのレッスンを受けました。10月4日にレッスンの予定でしたが教えてくださっている方が体調を崩してずっとお休みでした。彼女は合唱の伴奏をなさっていたりコンクールに出演する生徒さんも居るので体調が悪い中、どうしても外せない演奏やレッスンを第一にして大事をとっていたようです。当方は“全くの趣味”ですからレッスンがお休みになっても全然問題ありません。ただ5月末からずっとトロイメライだったので、さすがに飽きて来ちゃいました。曲の和声の分析をしてコード進行を確認しながら弾くような丁寧なレッスンですごく充実してはいるのですけれど。

‥なので次の候補曲を。ジュトゥヴ、カヴァテイナ、めぐり逢い、(カサブランカの中の)アズタイムゴーズバイなどなどレパートリーにしたいと思って持っている楽譜を「どんな編曲?」みたいなことで彼女が弾いてくださいました。自分でもたどたどしく音をたどりながら弾いてみてはいますけれど、彼女が弾くのを聴いているだけで幸せな気持ちに。話とびますが映画カサブランカの中であまりに印象的なこの曲は邦題が歌詞とは結びつかないなぁと思います。コチラ

結局、次はカヴァテイナのレッスンをすることになりました。本来はギターで弾くことに憧れていたのですがピアノで弾くことになっちゃいました。こういう風に奇麗なアルペジオを伴うような曲はフルートでメロデイだけ吹いてもさっぱり‥なので、ギターやピアノならではの曲になります。やっぱりいつかはギターで弾けるようになりたいです〜。



アレクサンダーテクニークの方は温泉病院で理学療法士さんが立ち方を指導してくださった時と全く同じ内容になりました。シンクロ!と思いました。私の場合、腹筋(腹直筋ではなくて奥の方の体幹を支える筋肉)が働いていなくて彼女曰く極端に言うと支えがなくて潰れちゃっているみたい(笑)な感じなんだそうです〜。<もっと上に伸び上がるような感じ><おへそをひっこめて上に上に>というのは全く理学療法士さんと同じ。私は寝転んで身体を上下に伸ばすようなことはけっこうしてきましたが、それとはまた違いますものね。かなり前にエロンゲーション(抗重力下で伸ばす)ことを自分で書いたことを思い出しました。ストレッチとまたちょっと意味合いが違ってきますものね。

温泉病院で歩き方の相談をしたときに、これは前々から言われていることですけれど骨盤と脚が一体に動いちゃっているので切り離したい。それには骨盤の動きを押さえる腹筋が足りないので温泉病院で作ったコルセットを使っておさえて足の独立した動きをまず覚えるようにする。後ろに残した脚(伸展)を一秒でも二秒でもタイミング遅らせて残すような意識で。というアドバイスをいただきました。「コルセットを使うとそれに頼って筋肉が怠けちゃいそう。」と思っていたのですが、それと腹筋をつけるのを並行してしていけば‥ということです。腹筋がつくのを待っているよりその方が良さそうと思って、仕舞い込んであったコルセットを出して来てつけてみています。

明日でダイエットプログラムのフェーズ2が終わり、来週からフェーズ3という次のステップに。週三回カーブスを4週間は継続できています。月曜日にカーブスで計測とミーテイングがあります。来週から1800kcalになるのだけれど1500kcalでも動かないと太っちゃうのにどうなるのだろうか?と思います。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-27 12:29 | アレクサンダーテクニーク

10月26日  レンタルDVD/シニアパスポート

夫は昔の職場の方達と泊まりがけでゴルフに行きました。ダイエット中は夫には同じお料理を量を多めに、その他に<いくつか夫専用に作らなくちゃ>ですが、それが無くて助かっています。夫不在というのは自分に時間が出来たような気がするのだけれど、いつも以上に時間ができた気がします。

鬼首に行く時の新幹線でお隣の席のご年配の女性が「ご旅行ですか?」とお声をかけてくださって、私も同じように御聴きしたらお姉様のご主人のご葬儀に出られるところでした。7人姉弟で、高齢になると病気見舞いとお別れが多くて、今回も参列出来ない高齢の他の兄弟から香典を預かって来られているのだそうです。私は一人っ子なので「頼りになるお兄さんお姉さんがいたら。」と思った時期もあったけれど、兄弟が多いとお別れも悲しいですものね。仲が良ければ良かっただけ寂しいでしょうし。

最近、自分が色々なことを好きにしてこられたのは、姉妹との付き合いもなければ孫を預かって面倒を見る‥みたいなことが無かったからということも大きかったと思うことがあります。それと夫が自分の世界を持っていて濡れ落ち葉みたいにならないでお互いに好きなことをしているということ。前にフルートアンサンブルの主催者のご夫妻がご一緒の仲間、世界を持っていて羨ましいと書いたことがありましたが、私の性分には今の生活があっているみたい。

我が家にはテレビが一台なので、夫が野球やサッカーを見ていたり、語学番組の録画を見ていたりすると私は好きな番組は見られません。自分が見たい番組を録画しておいて、夫不在のときに見ることになります。夫が泊まりがけで出かけている間に‥と思ってツタヤからDVDを借りてきました。一昨日借りに行ってみたら「シニア限定お得パスポート」というのをいただきました。10月5日から11月4日まで旧作が一本毎日無料になるパスポート。その他に500円ごとにスタンプ一個で6個たまると11月12月1月の毎月一本無料になるのだそうです。ご商売お上手です〜。ツタヤカードでのポイントはエネオスのガソリンスタンド始め加盟しているコンビニなど色々なところで貯まります。客の動向をつかむのに良いデーター集めになるわけだから、レンタル料金だけで採算合わせているわけじゃなくてカードの普及そのものが大量のデーター集めに役立つ訳ですものね。

私は今から11月4日までに三千円も借りることは無さそうだけれど、新作4枚千円という期間でもあるので、それを三回借りれば達成できる金額。月初めに知っていれば私も何か借りてそうしたかもしれません。

今回、<ヨーシャンクの空に>と<バーテンダー(テレビドラマ)>というのを借りて来て、どちらもとても良かったです。<ヨーシャンクの空に>は色々な角度からの見方ができる映画ですよね。重いストーリーでしたがラストがハッピーエンドで心が軽くなりました。自分の何気ない日常がどれほど豊かで有り難いものか‥ということをひしひしと感じました。それとネタバレになっちゃうかもしれませんが<日々の積み重ね>ということも。(自分の楽器練習と重ねあわせちゃいました。)

<バーテンダー>の方は前にブログに書いた、カクテル“ブルームーン”の菫色と味わいが心に残って借りてみたのでした。色々なカクテルにまつわるエピソードも、一話ごとのテーマも心に残るようなあたたかいものがあって面白いです。“ウイスパー(ささやき”)、心のささやきを聞く‥みたいな。魂を癒してくれるバー、ドラマのようなバーがあったら行ってみたいです〜。オリジナルは漫画なのだとか。テレビドラマを見て来なかったのでDVDになっているのを見てみたいと思います。過去に放送されてDVDになっているお気に入りの番組があったら教えてくださいね。バーテンダーは5巻(10話)なのだけれど見終わっちゃうのが寂しい気がしています。こういうドラマって登場人物とお馴染みみたいになっちゃって‥。今、放映されている<眠れる森の熟○>も主演なさっている草刈○代さんも好きですし、脚本の良さ、登場人物皆が愛すべき人物に思えるのがいいです。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-26 09:43

10月24日 温泉病院から戻りました

昨夜、温泉病院から戻ってくるときに「これまでなら夕食は手抜きでお刺身やら納豆やら買い込んで“手巻き寿司!”みたいなことだけれど手巻き寿司はご飯を食べ過ぎちゃうし、ダイエットプログラム継続中だからちゃんと支度しよう。」と冷蔵庫の食材を思い浮かべて献立をざっと考えながら戻ってきました。鬼首から戻った時にも同じように思いました。「〇〇を飲めば簡単に痩せられます。」みたいなことで体重落としたのだと、「またコレを飲めば体重落とせるのだからいいや。」みたいに思ってリバウンドするかもしれない‥と思ったりします。これだけ大変な思いをしていると「こんなに大変だったのに。安易に太ってなるものか。」みたいな気がしてまいります。朝の体重55、1から始まって現在53、8から53、9を行ったり来たりがここのところ二週間続いています。今月末までに53まで持って行きたいところ。目標は「12月までに52キロ/カーブスで着衣で計測して53キロ」になっています。

温泉病院で清算を終えて出るときと高速のインターに乗る時に「来て良かった〜。」と毎回のように思います。今回は理学療法では立ち方、歩き方をみていただきました。前回、大原先生の所に行った時に歩き方の相談をしたら「温泉病院の療法士さんたちはどう言っているの?」と聞かれて、「温泉病院ではホットパックして横になって療法士さんが来られるのを待っているので歩き方を見ていただく機会ってなくて‥。」みたいなことでした。こんな風に温泉病院での施術を気にかけてくださるのは有り難いです。

‥なので今回「調子はいかがですか?」と聞かれた時に「おかげさまで立つ時の痛みも無くなりました。跛行してために歩くと消耗するし歩き方を改善したいと思います。」と御願いしての施術になりました。前にも立ち方をみていただいたことは何度かあるのですが、震災後に調子を崩して逆戻りしたりして、今ようやく歩きを治す段階に入ったということだとも思います。二日間でいくつか家でする方法を教えていただいて来たので次回行くまで継続してリハビリしてみようと思います。

作業療法の方では一日目に「足指のグーチョキパーをしていたけれど、チョキは意味が無いと思ってグーパーだけしている。」という話をしました。シンクロするかのように翌朝ホテルでテレビをつけてみたら<浮き指>というのをしていて、その中で足指のグーチョキパーの筋電図を紹介してチョキが一番筋肉を使うのだそうです。親指と反対方向に曲げるようキープするためらしいです。「あら、それではまたチョキも復活させましょう。」と思いました。足指も股関節に影響するのだと作業療法士さんからも励ましていただきました。末端では大きな動きが元(股関節)ではちょっとした動きであるような(表現がマズくてすみません。)話。

フルートアンサンブルのお一人が登山中に転んで肩と肋骨を折ったそうで先日の演奏会に腕を吊った状態で聴きに来られていました。指先は動かそうと思えば動くのだけれど「指先を動かすと肩に影響するのでダメ。」と医者から言われたのだそうです。動かしていないのでリハビリに入ってから(フルート吹けるぐらいまで指先が)動くようになるのは時間がかかって大変そうという話でお気の毒でした。最近、お風呂で足指のグーチョキをしながら「手の指先の動きが肩関節にまで影響があるのなら足の指先の動きも股関節に影響があるだろう。」と思っていたのですが、作業療法の先生から同意をいただいて嬉しかったです。足のくるぶしの辺りが繋がっているということも教えていただき、それって足裏療法の反射区などでも「股関節に対応している。」とされている箇所だったので「ホントだったんだ〜」と思いました。

私の場合、内転方向に足が引っ張られているのだけれど、そこを緩めるようなことをしていただき「コレって自分でもできるでしょうか?」と御聴きして「できると思う。」ということでそれも家でしてみようと思います。「シンプルに今していることを減らす」つもりでしたけれど増えちゃいそうです〜。
一日目には4時から作業療法4時半から理学療法で、「4時半から理学療法なのでそろそろ移動しなくちゃです〜」と申し上げたら「ココを緩めるためにこれまでしていたのでもうちょっと。」ということで膝の内側を緩めてくださいました。(大げさに極端にいうと)右足だけが膝がちょっとX脚みたいに内側に内旋して入り込んでいるのだけれど「緩んだ〜」という実感がちゃんとあって嬉しかったです。要は内側に引っぱりこんじゃっている筋肉があるということなんでしょうね。


だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-24 10:02 | 温泉病院

10月22日 

さくらさんがコメントに書いてくださったようにグリムス5周年で賑やかな特別バージョンになっています。
b0165519_957109.jpg


ブログは限界を感じることが多くて「もうそろそろ終わりにする潮時」と思うのだけれど、更新しないでブログをこのまま放置するとグリムスの木が萎れてきてしまうので、バーチャルなものでありながら心情的に「大人の木まで育てたい。」と思う気持ちもささやかながらブログを続ける力になっています。(右の欄、下の方の)木をクリックしていただくと「10本目」という吹き出しがでます。スタートした時点では「大人の木になるごとに本物の木を植林してくださる。」ということになっていました。今でもそうだと良いのですけれど。自分では外国に行って木を植えるなんてできないわけだけれどこの地球上に10本自分のブログから木が植えられるのなら嬉しいです。

きょうの温泉病院でのリハビリは4時からと遅いのでお昼過ぎにこちらを出ようと思います。以前はこういう時は「お天気も良いしドライブがてら河口湖を回ってから行こう。」みたいにしていたのでしたが、「週三回カーブス」と決めているので午前中カーブスに行ってから温泉病院に向かおうと思います。鬼首に出かけた日も大宮発12時6分という新幹線だったので「11時までカーブス」と思って出かけました。ちょっと出遅れたので本来マシンを二周するところ一周半で帰ってきました。10時半頃に行ってみたら、もう終えて帰ってくる人たちが大勢居てびっくり。マシンもほとんど一杯なのでした。私はいつも夕方なので空いていて、おかげでスタッフの方達にまめに声をかけていただけています。同じ行くなら夕方はお得な気がしました。大勢居るのもそれはそれで活気があって「皆頑張っているんだわ。」という気がして励みにもなりますけれど。

いつもは朝食はヨーグルトと果物なのですが、今朝は時間を遅めにして(早めだと食欲が無い)シッカリ朝ご飯をいただきました。その代わりお昼はヨーグルトとクラッカーとゆで卵持参で行こうと思います。昨日は量を食べたわけじゃないのに、あまり動かなかったら体重200グラム増えちゃっておりました。「食べ過ぎたかな。」と思う日は用心して一所懸命動くので案外大丈夫なのですが、「家で休養。ゆったり読書。」みたいなことだと太っちゃうみたいです。

先日、股関節症のお仲間のお一人と久しぶりに電話でおしゃべりしたら「シンプルに。」ということで
続けていた色々なことを外していって、今は何をしなくても全く問題無し。長い時間歩かないようには気をつけているけれど‥ということなのでした。施術を承けていたような所もすべてやめ、自分でほぐすのもやめ‥みたいにひとつづつ外しても大丈夫ということを確認しながら減らして行ったのだそうです。

確かにあまり色々していると<何が効果があったのか>がわからなくなるので、「ひとつづつ外してみる」というのは温泉病院の理学療法士さんに以前一度言われたことがあったのを思い出しました。でも外して「後戻りしたら困る」という気持ちが強くてコワくて外せないでいます。自分への言い訳としては「股関節症のためだけじゃなくてアンチエイジングにも繋がるのだから。」でもそろそろ減らし始めてもいいのかもしれない‥と思いました。でもいったい何から減らせば良いかしら?

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-22 10:02 | グリムス

10月21日 明日は温泉病院へ

8月の末以来、久々に明日は温泉病院に行ってきます。今回は診察はなくてリハビリだけです。「吉祥寺の大原先生と温泉病院を交互に隔月にしていこうかしら。」と今は考えています。温泉病院のリハビリもとても良いのですが遠いので泊まりがけになってしまいます。泊まりがけで出かけるのだったら、さくらさんが行かれているような他の温泉にも行ってみたい気がしてきています。そんな風に思えるのも脚の調子が良くなって来ているからだと思います。温泉病院では担当者が変わってしまうことがあります。個人で開業なさっている所はそれが無いのが良いです。「前より歩き方が良くなってきている。」みたいなことは前々から継続して見てくださっていないとわからないことですし。

今回は湯村○テルで初めてシングルの部屋を予約してみました。前にも一度予約しようとしたら「他のホテルよりウチのシングルは狭いですがよろしいですか?」と念をおされて、差額は1417円なので「それだったら広い方がやっぱり良さそう。」とツインにしたのでした。ツインも他のシテイホテルの部屋よりは狭いです。(たしかケイコさんもそんなようなことを書かれていたようでした。)今回は鬼首でゆったりしてきたばかりなのだから<寝泊まりするだけ>と割り切ってみることにしました。ポイントが貯まって2500円券が送られて来たのが11月末で期限切れになってしまうので、その券が失効しちゃうのが勿体ない気がして‥ということもあります。

湯村○テルは夕食もバイキング。地元の食材を使っていて種類はそう多くは無いのだけれど、コンパクトにまとめられたテーブルから取りやすいのが気に入っています。披露宴会場みたいな大きな広間に「これでもか!」みたいに品数多く並んでいるバイキングだと閉口しちゃったりしますけれど。バイキングって若い人には「食べ放題」みたいで良いのかと思いますが、ダイエット中の私には「料理が選べる」というのは有り難いです。温野菜みたいなものがあるので、そういうのからまずいただくと良さそう。

お灸の先生が食事の度にキャベツを小皿でひと皿まず食べてから食事をするようにして3キロぐらい体重落としたとか‥でした。私がダイエットメニューで献立を考えて作っている話をしたら「それと併用してキャベツもしてみたら?」とアドバイスくださいました。毎食キャベツはやっぱり飽きちゃいそうですが、野菜ものやスープから先にいただく<血糖値を上げない食事法>は同じ内容のものを<食べ方>で太らないようにできるというのですから、試さない手はないですよね。考えてみると前に<脂肪燃焼スープ>というので野菜たっぷりのスープを食べてからいつもと同じ食事をするというのも血糖値を上げないという意味合いもあったのでしょうね。当時はそれを知らなかったので「野菜でお腹いっぱいにしておくと食べる量が減るからいいのかしら?」ぐらいに思っていました。

カーブスのダイエットを始める前まで「お昼はお蕎麦」にしておりました。それは知人のご主人がお昼をおそばにして何キロか痩せたと聞いたからなのですけれど、それって「それ以前に何を食べていたか。」で違ってきますよね。天丼とかカツ丼とか食べていたような人がおそばにしたら痩せるでしょうけれど、おそばって思っていたよりカロリーが高いです。<天ぷらそば>や<鴨蕎麦>なんぞにしちゃっていたら、とてもじゃないけれどダイエット食ではなかったみたい。反省。でも準備するのは簡単だし、タンパク質は多いし‥なので週に一二度はおそばにしていこうかと思います。

昨夜は会食みたいなことで浦和の東口のパルコに入っている焼き肉の叙々苑に初めて行きました。「太っちゃいそう〜。」と思ったのだけれど、今朝体重を量ったら100グラムしか増えていなくて嬉しかったです。ビールを控えてペリエにしたのが良かったかしら‥と思ったりしています。「こんな小さい瓶があったんだ。」と思うようなちっちゃなペリエでした。ワインもグラス一杯だけいただきました。ワイン一杯のカロリーは72kcalぐらいでピエトロのドレッシング大さじ一杯と同じなんですよね。そういうことが二ヶ月ダイエットをしていくと頭にインプットされて上手に食べることができるようになりそうです。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-21 17:45 | 温泉病院

10月18日 鬼首に行ってきました

15日に手術をなさったXさんは手術そのもの以上に、その後の三日間の安静期間を気になさっていました。どうなさっているかしらと思います。どの程度の安静が必要とされるのか経験の無い私にはわからなくて。学生時代に友達が網膜剥離の手術をしたことがあって身体を(目なので頭をということかしら)動かしちゃいけない安静とのことで「それは大変!」と思ったことがあります。私が入院した経験は盲腸だけなんですが、一週間寝ていただけで立ち上がるのにクラクラした記憶があります。

9時にパソコンを閉じようと思うとブログの更新は出来なくて、きょうも9時過ぎてしまいましたが書いておこうと思います。

(亡くなった)母が勧めてくれた<鬼首(温泉)リゾート>に行ってきました。ブログにも何度か書いたことがある幼なじみのNちゃんとの旅行。年に一度ぐらいは会いたいと思いながら昨年は一度も会うことが出来ずに(仙台に住んでいる彼女と)震災後にようやく会うことができました。私の母を知っている彼女と行けて良かったと思います。母は眺めの良いところが好きで倉敷の宿を予約した時に「眺めの良いお部屋を御願いします。」と頼んだら「特に眺望のひらけたお部屋はございませんので‥」と申し訳なさそうに言われたと話していたことを思い出します。東北の方の温泉旅館は山に囲まれていることが多いですから眺望も良かったりしますが街中だとそういうわけにはいきませんものね。

b0165519_2225248.jpg


鬼首リゾートホテルはスキー場が目の前でそれこそ山に囲まれて「母はこの景色が気に入ったのだろう。」とまず思いました。母が亡くなって20年近くになるので、それより以前だとリゾートホテルとしては本当にモダンでお洒落に感じたのだろうと思います。「上高地の帝国ホテルみたい。」と母が言ったのだったか私が写真を見て言ったのだったか話した覚えがあります。東北の温泉地は湯治場のような所がまだ主流だった時期にさぞ斬新だったことでしょう。「東北のスイス」とキャッチコピーがあってホテル内もそんなしつらえになっていました。

b0165519_22272657.jpg

Nちゃんは前日の日曜日にホテルからも見える禿(かむろ)山という所に登ったのだそうで、その時に「この地帯一帯は阿蘇に次ぐ大きなカルデラ」ということを聞いたのだそうです。ネットで見ると鳴子カルデラと鬼首カルデラと両方あるみたい。鬼首は鳴子温泉から車でさらに40分ぐらい入ったところにあります。まだ幼稚園ぐらいの頃に両親と一緒に行って間欠泉が空高く上がるのを見たことだけが印象に残っています。

古川からのホテルの送迎バスで台湾の方と思うのですが親子三人でご旅行なさっている方とご一緒でした。間欠泉までタクシーでどれくらいかかるかとか他に観光スポットは‥みたいなことをフロントの方に聞くのにちょっと英語でのお手伝いをしました。間欠泉まではタクシーでも相当かかるとの説明「この辺りを散策するぐらい。」‥ということなのでした。

その後、Nちゃんが尋ねたら「山の頂上までのリフトがいつもは土日だけなのだけれど13日からは紅葉シーズンで動いている。」ということでかなり高い山の上まで行けるけれど最終が4時とのこと。Nちゃんが「さっきのご家族にも教えて上げたら?」というのでフロントからその旨電話してお誘いしました。大急ぎでリフトの所まで行ったら動いていないんです。ホテルに電話して確認したら「13日からの予定だったのだけれど紅葉が遅れているので変更になりリフトも動かしていない。」のだそう。

Nちゃんと私だけなら「そうでしたか。それは残念。」ということで戻ったかもしれないのですが、私としては初対面の外国からのお客様を急かすようにしてお誘いして大急ぎで歩いてリフトのところ(徒歩5分ぐらいなんですが)まで来たのでしたから「なんとかしなくちゃ。」と思いました。「脚が悪いのに一所懸命歩いて大急ぎで来たんですよ。初対面の外国の方もお誘いして来ちゃったんですよ。」みたいなことを主張して、車で迎えに来てくださることに。近くを車でご案内いただけるようにという交渉もしちゃいました。台湾の方は間欠泉をご希望だったのですが、4時でクローズしてしまうということで代わりに地獄谷という所にご案内いただきました。

駐車場から渓谷のような所を川べりまで降りて行く道が遊歩道のように整備されていて、歩いて行くと脇の崖のようなところからも湯気がでていたり、ボコボコ熱いお湯が音をたてているところは雷地獄と書いてありました。先頭を歩いていたNちゃんが「川でお湯に入っている人がいる。」と引き返してきました。私がフツウに「こんにちは〜」とその男の人に声をかけたので、Nちゃんはホッとしたのだそうです。そのお湯につかっている人は下から湧き出ている熱いお湯に川上から流れてくる川の水を上手に混ぜ合わせて適温になさっているのだそうです。川の水を適当な石でせき止めるようにしたりなさっていました。その人が温泉につかっていた光景とともに思い出深いツアーとなりました。

温泉卵を作るザルが置いてあって説明したら「台湾にも同じような所があって同じように地獄谷と言われている。日本が統治していた時期があったから。」みたいなことでした。私としては一所懸命、通訳もどきのことをしていたのだけれど、後になると自分のグチャグチャ英語が本当に恥ずかしく思われて「英会話から遠ざかってしまっていて錆び付いちゃっている。」と思いました。例えば「部屋を眺めの良い上層階に代えてもらえないかどうかきいてもらえるかしら?」と言われて聞いてみたらダメとのことで「I'm sorry,but they can't do so.」ぐらいに言えば良いのでしょうけれど、impossibleとだけ言っちゃったんです〜。(ミッショ○インポッシブルという映画のタイトルのせいかもしれません。)

お食事美味しくていただいちゃいましたが、体重はさほど増えていなくてホッ。行く日のお昼も列車の中でいつもは駅弁を楽しみに食べるところ、豆乳とクラッカーだけにしておきました。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-18 22:17

10月15日 アリガトウゴザイマスを沢山言う話

私が首から歩数計を下げるようになった数年前、首から同じようにカウンターを下げている人たちが居ました。「アリガトウを沢山言うと良い。」ということでカウントしているのだとかいうことで、私の歩数計もカウンターと間違えられたりしました。その時は「誰かにアリガトウという度にカウントしているのだろう。」と思っていました。

私もカウントこそしていなかったけれど、意識してアリガトウを多く言うようにしてきました。例えば駅やデパートのエレベーターで小さな子がドアを閉めたり改札階みたいなボタンを押したがって背伸びして押したりしているような場面でそれまでは黙っていましたけれど(押してもらって)「アリガトウ。」とその子に言うようにしています。たいていの子がちょっと恥ずかしそうだけれどすごく嬉しそうな顔をします。あるいは業務でそれをするのが当然みたいな場合にはついアリガトウを言わなかったりするけれど努めて言うようにしてきました。ガソリンスタンドを出るような時にも係の人のアリガトウゴザイマシタに負けないぐらい大きな声でアリガトウゴザイマスを言っています。

ツタヤのカルチャーdvdのようなのでアリガトウを何万回か言うと色々な変化があるというのを借りて来たことがあって、そのときは「ふ〜ん。」と思っただけでしたが、最近知人にその話をしたら「同じような内容の話のコピーを持っている。」と本の抜粋からのコピーを私にもくださいました。ネットで見たらほぼ同じ内容のことがでていました。コチラ

さらにネットで見てみると、2万5千回じゃなくて5万回だったり10万回だったりするけれど癌が消えたり、色々な奇跡が起こったというような話になっています。

最初「胡散臭い」と思ったのだけれど、高い壷を買わされたりどこかに入信したりするわけじゃないし、「試しにやってみようかな。」と思いました。私がいただいたコピーでは毎日1000回を積み重ねていけばひと月で3万回になるはずというので、その間に不満や悪口みたいなことを言ったら、それまで言ったことがご破算でゼロからのスタートみたいになるのです。それだけでも良い効果がありそうです。不満を口にしそうになったら「今せっかくしていることが無になるから。」と思いそうですものね。

‥で、私は初日は1000回してみたけれど、後は200回だけになっちゃいましたが、続けてみています。ちょうどダイエット期間が終わる頃には相当数のアリガトウを言うことになると思うので期間的にもちょうど良いと思います。

始めたばかりでも、ちょっとした心境の変化みたいなことが起きてきました。例えば先日豚肉のパックを開封しようとして食材になるために命を投げ出してくれた豚さんのことを思って涙が出て来ました。もうこの世にはいない豚さんだけれどアリガトウを言いました。そんな風に沢山アリガトウを言わなくちゃいけないはずのものをアタリマエみたいにしてきたのだな‥と思ったのです。

お風呂に入っている時に右手で10回アリガトウを言ったら左手の指で数えて100回になったらもう一度繰り返して200回としてみています。自宅のお風呂に入れることが有り難く、水が熱を加えることで気持ちよい温度のお湯になるということも有り難く、すべてのことが有り難く思えて来ます。

宇宙飛行士の方が「地球上のすべてがアリガタイこと。」というような話をされていました。重力があることも空気があることも太陽との距離がほどほどであることも、一切アタリマエではないわけですものね。恐竜が絶滅して、今は人間が地球上で暮らしているけれど、いつまでこのアタリマエのようにくらせる日々がつづくのだろうかと思うと、かけがえのない日々のように思えて来ます。アリガトウを多発するの案外良いかも‥です。

このブログを読んでくださる皆様にも、貴重な時間を割いておつきあいくださって「ありがとうございます!」

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-15 09:05

10月13日 ドレッシングは高カロリーなのですね

ダイエット始めてから寝るのも11時としておりましたが、昨夜は久々に12時を回って1時近くになってしまいました。ずっと守って来たことを一度破ってしまうとちょっと拍子抜け。パソコンを閉じるのも9時と考えていたけれど「二日続けて更新しないのも」と思って遅くなりましたが書いてみています。

「週に三日カーブス」は先週と今週は目標達成。きょうカーブスに行って「書いてあることを全部守れば体重が落ちるのは確かだと思う。問題は続けられるかどうか。」と言ったら、「ここで放棄したらこれまでの二週間が無駄になっちゃうと思って頑張ってください。」といわれました。確かに〜。

小岩井の友達からいただいたお菓子が美味しかったので取り寄せてあったのを一つきょうは食べちゃいました。そこのお菓子はカロリーがネットで公開されているのでレコーデイング(記録)するのに便利。‥と思ったらきょういただいたお菓子は168kcalもあるのでした。やっぱりお菓子ってカロリー高いですね。お菓子のカロリーいただいたお菓子はこちらのき花というのです。そこのお菓子屋さんのお試しみたいに一個づつ入っているのも買ってみてあったのでした。賞味期限が今月15日までなのもあって思わず食べちゃった次第。

<ヨーグルト脂肪ゼロ>というのについて小岩井農場の彼女に聞いてみたところ、彼女の考えとしては乳脂肪というのは他で食べている製品に入っているので、ヨーグルトからはカルシウムなどをメインに摂取すると考えれば脂肪ゼロでも問題ないと個人的には思っているとのことでした。乳製品という記載が気になっていたのだけれど生乳から脂肪をとるのは遠心分離という物理的な方法でするので化学的な処理をするわけではないのだとのこと。脂肪をとってしまうと脱脂乳として<乳製品>という記載になるのだそうです。生乳を加熱殺菌したのが牛乳。

ドレッシング類のカロリーの多いことに驚いています。マヨネーズはカロリーハーフでも大さじ一杯で50kcal、我が家で愛用してきたピエトロの醤油味はなんと同じ大さじ一杯が72キロカロリー、深入り胡麻ドレッシングで62kcal。「生野菜ならカロリーが無いから安心」と思ってドレッシングたっぷりで食べていたら大変なことになりそう。大さじ二杯でご飯軽く一膳とそう変らないですものね。カーブスのクッキングカードでも「ポン酢」でいただくメニューが多いです。「どうしてもこのドレッシングじゃなくちゃ。」というとき以外はポン酢しょうゆでいただこうと思います。こういう<意識が変わった>ことが今回ダイエットコースに参加して良かったことの一つと思います。

それから炭水化物をとらないとタンパク質が筋肉にならないでエネルギー源に回ってしまうということをカーブスのダイエット応援レターで知ったこともショック。これまで「ご飯は太るからあまり食べない。」としてきたのでしたから。

10時になりますから、カロリー計算したり寝る準備に入ろうと思います。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-13 22:45 | ダイエット

10月11日 痛みをコントロール下に

今朝起きたら久々に痛みが。「え?どうして。」と考えてみたら、昨日、伸展を良くしようと思って色々なストレッチをしてみちゃったのが原因のようです。こういうときには<ひとつづつ>試してみるのがよいのでしょうね。どれが合わないのかわかりますものね。

どうしてまた急に伸展の体操を集中的にしてしまったかというと、先日、脚長差を助長するようなオッチョコチョイをしてしまったけれど調子良く歩けたことから「試してみたくなったの」です。つまり足の長さよりも骨盤他の使い方の問題なのではないか。柔軟性があったらかなり色々な不具合を吸収できるのではないかということで、まずは一番自分で問題と思っている伸展を‥と思ったのでした。

<痛み>に対して「コントロール下にある。」と思えることは安心につながります。今回も痛みを出したのは自分であってふりかかってきた災難みたいなものではないので、まずは昨日したような体操をやめてみて痛みを鎮めようと思います。寝てからも違和感のようなものが仙腸関節の当たりにでました。「カイロであたためたりしたら気持ちいいかしら?」と思いながらうつらうつらしておりました。まだカイロを入れるほど冷えるわけではないけれど、そろそろ入れてみても良いのかもしれないと思いました。

水曜日が無農薬のお野菜中心に配達していただいている<らでいっしゅぼうや>が届く日。昨日届いた野菜を中心にメニューを決めようと中身をみたら“べか菜”が入って来て、これは食品成分表にのっていないんです。らでいっしゅぼうやには「おなじみの野菜だけ」のコースもあるけれど、私はちょっと珍しい物も入っているコースにしているので時々スーパーでは見かけないような野菜も入ってきます。これまでだと名称も特に覚えずに葉物はまずはお浸しにしてみて味を見る‥みたいなことでしたが、カロリー計算しなくちゃ‥なのでちょっと困りました。白菜が球にならないような感じの葉っぱですがカロテンが白菜の12倍と紹介してあるページがありました。こうしてあらためて関心を持つのもダイエットコース始めたおかげ。カロリーは白菜で代用しちゃいました。

股関節症のお仲間のXさんが15日の手術を前に本日入院なさいます。xさんをお世話くださるスタッフの方々や一緒の時期に入院なさっている方々がXさんと波長の合うあたたかい方々ですように‥と願っています。Xさんがあたたかい人なのできっと温かい人を周りに引き寄せることでしょう。

色々な人の講演会や本に出てくる小話みたいなので、新しい土地に引っ越して来た人から「ここの界隈の人たちはどうですか?」と聞かれて「前に住んでいたところはどうでしたか?」と聞き返す。「すごくギスギスしてイヤな人たちばかりだったんです。」みたいな答えがかえってくると「ここも前のところと同じですよ。」別の人が同じような質問をしてまた前のように「前の所はどうでしたか?」「良い人ばかりで楽しく暮らしていました。」と答えると「ここも前の所と同じですよ。」いい加減な答えみたいだけれど「結局はその人次第」みたいなことでそういう小話になっています。

人って(私自身もそうなんですが)色々な面を持っていて、不思議と良い面だけでおつきあいできちゃう人と「私ってこんな冷たかった?」みたいになっちゃう場面があったりします。相性もあるみたいで、私は「波長が合わない」みたいに思うことで済ませちゃうのだけれど、できればお互いに良い所を引き出せる関係だったら嬉しいですよね。

xさん、良いもの(人、物、技術、その他モロモロ)をたくさ〜ん周りに引き寄せて、実りある(って変な表現ですが)入院生活がおくれますように!きっと色々な体験をなさって退院なさってくる時には脚だけじゃなくて人生そのものがリフレッシュしたみたいになっているのではないかしら。退院して来られたらおめにかかれるのを楽しみにしています。(携帯メール書くの苦手なのでブログにメッセージ書いちゃいました。)

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-11 10:51

10月9日 ダイエット二週目に

昨日からダイエットの二週目<フェーズ2>というのに入り、一日の摂取カロリーが1500kcalにアップになりました。昼が600kcal夜が400kcalと昼を多く、夜を少なくとるようになっています。このパターンを三週間繰り返して体重を落とした頃に二回目の集まりがあって、残り一ヶ月の方針の説明があります。予習みたいにテキストを見ると、そこからはちょっと変った食べ方になります。体重を減らすのではなくて、あらかじめ定めた一キロの幅で体重のコントロールをしていくようです。たしかに体重の増減はあるのがフツウだから、その方法は興味深く思っています。

新月の願い事に「自分に合ったダイエットの方法と出会う。」というのを、新月の願いの本のサンプルに出ていた文章そのまま書いたことがあるのですが、ホントに出会えたようで嬉しいです。カーブスの運動だけでもないし、食事だけでもなく、車の両輪のようにあいまっていてなかなか良いと思います。

昨日のお昼はカーブスから送られて来た献立表のサンプル通りに作ってみました。先週も最初の初日はサンプルメニュー通りに作ってみたけれど、日によって色々でした。カロリー計算だけは自分で別メニューを作った場合は、食品成分表を見ながら書き出して、一日のカロリーはきちんと出しています。カーブスのレシピカードは手のこんだものは無いですし、シンプルな調理法の副菜が多くて今後の我が家のメニューにも取り込んで行けそうなものも多く嬉しいですバインダーからレシピカードが取り外せて冷蔵庫に貼って見ながら作れるのもなかなかです。

もう6.7年前になるかと思いますが、セブンイレブンで<食材とレシピ>がセットになったのを販売したことがありました。調味料は自宅にあるのを使うので、油はオリーブオイルを使ったり、白砂糖などを避けている我が家には良かったのです。使う分だけ届くので例えばユズが半分とかレモンが四分の一とかになってきます。目新しいメニューもあって、柚子胡椒なども私はそこで初めて知りました。その後柚子胡椒、ずいぶん出回るようになりましたよね。でも数ヶ月続けたところでそれは無くなっちゃって、半調理品のようなものに変ってしまったので止めました。

ダイエットプログラムまだ一週間終わっただけですが、何か一つのことをきちんとしていると精神衛生上も私には良いみたいです。日頃なんだかパタパタ生活していて「きょうこそ書かなくちゃと思っていた手紙がまた書けない。」みたいに落ち込むので、「これだけはきちんと出来ている。」みたいなことがあるのは良い気分です。

演奏会後に主催者のご夫妻が二人で同じ世界を共有しているのを見て、自分たちと比較して落ち込みましたが、その日の午後に天文同好会の例会に行ってすっかり立ち直りました。ひとつのことでなく別の世界を持つって良いことのように思いました。演奏会の翌日は疲れていたので一人でゆったり休養できて良かったです。基本的に一人で居ることが好きなのだと思います。

ダイエットに話戻します。天文同好会の例会後に車を定期点検に預けてきました。これまでだと夫にも車で来てもらってそれに乗って帰るみたいなことをしておりましたが、「歩くこと」を心がけているので駅まで地図をみたら1.2キロだったので(バスもあるのですが)20分ぐらいかけて歩きました。
歩き始めは寒いぐらいでしたが駅に着く頃には身体がポカポカ、やっぱり歩かなくちゃ‥と思いました。列車にのって浦和駅についた時には調子の良い時にはいつもそう思うのだけれど「いくらでも歩けそう。」という気がしました。

それがその日に限ってアスケルの足底板ではなくてネットで買った補高するものを中敷の下に入れていたのだけれど、なんと良い方の足に入れちゃっていたのです。それは背を高く見せたい人向けに左右で一組になっている製品で、患足の右に入れる時には左用のを裏返して入れているのだけれど、ついそのまま左にいれちゃったみたい。つまり脚長差を助長していたのに快適に歩けちゃった‥。どういうことなんだろう?と思います。苦笑しちゃいました。脚長差って気にするから気になるので、ひょっとしたらあまり気にしなくて良いことなのかもしれないと思ってみたりしています。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-09 08:22 | ダイエット

10月7日 演奏会が終わって

昨日の演奏会、楽屋は入り口から階段をかなり深く降りたところにあって、手すりもないし「この階段を重たいバスフルート等持って上がったり降りたりは相当大変。」と覚悟を決めたら、見えにくいところにエレベーターがあることに気がついてホッ。みなさんが「何か持ちましょうか?」と声をかけてくださったりもして、バスフルートに普通のフルートやら何やら大荷物だったけれど何とかなりました。

演奏会では補高してある<デザインがあまりお洒落じゃない黒の“あゆみシューズ”>を履いています。ステージの椅子に座ると他の人の足下はお洒落な靴が目立つのに、ちょっと恥ずかしいけれど背に腹は変えられません。先日、東京アスケルに行った時に礼装用の靴や、買ってみたけれど履いていないパンプスのことを相談したら「今度持って来てみてください。2センチの補高は無理でもちょっとでも補高すれば違うと思いますよ。」という話でした。現在、室内履き用と、外で履くスニーカー用の二つの足底版をつくっていただいていますが、パンプス用も作っていただけば、その足底板が合うような靴を選んで買うようにすればお洒落な靴も履けないことはなさそうです。(前に神戸のクミコさんから勧めていただいたこともある)卑弥呼の靴がインソールが外せるのでおすすめと言っていました。中敷が外せるのが良いそうです。

演奏会の方は、最初の主催者ご挨拶の時に「昼間のアンサンブルの方はきょうが最後で解散することにしました。」ということ、タンポポの種が飛んであちらこちらに根をおろすように、それぞれの場でこれからもフルートを楽しんでほしいというお話がありました。メンバーの全員が、それぞれ夜の部のもう一つのアンサンブルに入っていたり5つのアンサンブルのどれかに所属しているのだそうです。打ち上げも60人越えの大勢で賑わって、「笛一本あればこんな風に輪が広がる。」みたいなお話をなさる方もいたり。

先週、甥の結婚式披露宴があったばかりということもあって、昨夜の主催者ご夫妻を囲んだ打ち上げには「永年仲良く過ごして来られた夫婦の理想のありかた。」みたいに思いました。会場側との後始末などで遅れてこられたご夫妻を全員が拍手で迎えてさながら結婚式みたいでもありましたし。スピーチの数々もご夫妻がこれまでお世話くださったことへの感謝やねぎらいがほとんどでした。ご夫婦でこんな風に共通の趣味があって共通の仲間が居てっていいな〜と思いました。

<それにひきかえ私は>の悪癖が復活して自分たち夫婦のことを考えて寂しくなりました。昨日は朝から夜まで私は家を空けて、きょうは夫が朝から夜の飲み会まで家を空けるような、お互いの友達の顔さえ知らないような夫婦ってなんだか寂しいな‥と思います。日頃は「独身生活二人の共同生活みたいで気楽できままで良い。」みたいに思っているのですけれど。昨日は若いご夫婦はご主人が聴きに来られたりもしていて。私の夫は「素人の演奏なんて聴く気になれない。」と前々から言っていて、私が演奏するのも聴きに来てくれたことはありません。いつもは気にならないのだけれど、昨日は解散になる最後の演奏会でしたから「こういう仲間とこんな風に音楽を楽しんで来たんだ〜。」みたいな感じで関心もってくれるようだったら嬉しいのに‥と思ってしまいました。

でも我が身を振り返ってみれば、夫の剣道の昇段試験や試合に応援に行ったこともないし、帰宅した時に「どうだった?」ぐらいのことは一応聞くけれど、剣道のことが全くわからないので「こんな風で惜しいところで‥」みたいな話を聞いても「ふ〜ん。」ぐらいにしか思わないわけだからお互いさまなのだと思います。

昨夜、(ハイになっちゃっていて)眠れなくて聴いていた「6分間英語」というBBCのpodcastの過去の番組の中で「世界で最長の結婚生活は?」というクイズみたいなのがあって、ちょうど夫婦について考えていたところでしたからシンクロ。最長記録は86年間だそうです。20歳で結婚したとしても二人とも106歳までの長寿じゃないと達成できないことになります。すごいです〜。(追記;ネットで見てみたら中国での82年が最高記録になっていました。私の記憶違いかと思って聞き直してみました。昨年の4月放送の番組で「アメリカのご夫妻が86年11ヶ月で最長」と確かに放送されておりました。昨年の話なのでいずれかが亡くなられたのかもしれないと思います。沢山とりためた番組をランダムに聞いては消しているので旧い番組が残っちゃったりしています。)

打ち上げで食べたり飲んだりしてきちゃったので<ダイエットプログラム中なのだけれどどうなるだろう?>と思っていました、昨夜は前の夜に比べて500グラム増えてしまっていましたが、今朝は昨日の朝に比べて100グラム増えただけでおさまっています。良かった!

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-07 08:43

-ドビュッシー 展

b0165519_21181234.jpg



携帯から(写真だけ)投稿したら横になっちゃっています〜。どうしてでしょ。普通に撮影したつもりなのに。ブログ上では回転できないので、明日以降に落ち着いて直しますね。明日は演奏会で朝のうちに出かけて打ち上げもあって夜戻るので明後日になっちゃうかもしれません〜。(追記/回転させたのを送信してみ右向きになっちゃいます。パソコンに取り込もうとしたらjpegではないので読み込めないみたいだし‥。このままにしちゃいます。)

‥というわけできょうはブリジストン美術館に。見終えた後に地下鉄の京橋駅から西葛西の東京アスケルに足底板の調整と足のマッサージに行ってきました。

東京駅は最初に矢野先生に診ていただいた丸の内クリニックに行くのに足を引きずるようにして行った苦い思い出があって、美術館にも上野乗り換えで京橋駅から行こうかとも思ったのですが、何しろダイエットコースの日課に<30分歩く>というのがあるので、「この際、東京駅構内もカロリー消費するために歩こうじゃないの。」ぐらいのつもりで行きました。八重洲口出ると美術館は見えておりますので歩くのもさほど苦にはなりません。

展覧会はすごく良かったです。(それについて書いていると遅くなるので略します。9時半にパソコン閉じる予定。)展覧会を見終えた後に西葛西の東京アスケルまで向かったら足が棒みたいになっていて「もう歩きたく無い。」状態でしたが、マッサージを終えて帰ってくる時にはすごく足が軽くなっていました。立って数歩歩いただけではわからなかったけれど駅に向かって歩いていて「来る時の重さを10とすると3か4ぐらいに軽くなっている。」と思いました。

きょう東京アスケルに行って、他の方が「台所仕事をするときに以前は調理台に寄りかかるようにしていたけれど今は寄りかからなくなった。」という話を聞いて、そういえば私も以前は左の腰を押し付けるようにして調理台に立っていたことを思い出しました。いつのまにか寄りかからずに立っています。きちんと立てるようになってきて、それに伴って腹筋などでも支えられるようになってきているからとのお話でした。「いつのまに?」と思います。

昨日は<星の旅人たち>という映画を見てきました。こちらの映画も素晴らしかったです。映画を見終えて立ち上がったときに痛みを出したことがありましたが、昨日は全く問題ありませんでした。

広い東京駅構内を歩くのが大丈夫になったり、映画館での立ち上がりが良くなったりして嬉しいです。確かに良くなって来ているのだと思います。ブログ長々書いていると就寝時間が遅くなるのでとりあえずアップしちゃいます。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-05 21:18

10月5日

星の旅人/
フルートアンサンブルの時に知る/15倍の競争率
私には歩いて行かなくちゃでかえって遠い。駐車場から100歩ぐらいの所だったので。

東京アスケル
ブリジストン美術館

ギターの先生「今の良い音です。」指のかけかたが深すぎる、それだと曲になったときに弾けない
握る方向でひっかいている/人指の付け根から曲げる。先の方の関節で曲がっています。
フレットを抑えるのではなくぶら下がるようにというのは聞いていますか?
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-05 08:25

10月4日 ダイエットコース三日続けて

ダイエットコース三日間続けてみた感想としては「これを続ければ間違いなく体重は落とせるはず。」問題は<続けられるかどうか>にかかってきます。

食べた物とカロリーを全部書き出して計算機でトータルのカロリーを計算。三日間の記録では1409/1203/1245キロカロリー。私の場合、夕食時にアルコールを抜いているだけでも違ってきます。我が家で日頃飲んでいる缶ビールは100ccで47キロカロリーと書いてあります。外食で中ジョッキだったりするとそれだけで300カロリーぐらいあるのかしら?「夏の暑い時期じゃなくて良い時期にはじめたんじゃないの?」と夫が申しております。二週間目からは1500キロカロリー目途なので<最初の一口だけ>のつもりで小さなグラスで一杯だけというのは有りかしら‥と思ったりしているところ。

カーブスから送られて来たクッキングカード中心に料理しています。これまでお昼はお蕎麦で内容は変るにしても(トロロだったりナメコだったり)準備するのは簡単だったのですが、今は夕食並みに作っています。後片付けもそれなりに大変で(下ごしらえ等にも色々つかうわけで)昼から食洗機回しています。それだけしているので「こんなに大変な思いしてカロリーを減らしているのに間食して台無しにしたくない。」という気持ちにもなります。

夕食となるとダイエットメニューの他に夫用に二品目ほど肉じゃがやら何やら付け足しています。それでも夫も一緒に体重が落ちて来ているそうです。私が一緒に飲まないので一人での晩酌だと早めに切り上げることになっているのも幸いしているかと思います。夫曰く「何だかおつうじの量がやたらと増えた気がする。」<アスパラとエリンギの炒め物>みたいな感じで繊維のものが多いような気がします。それとやたらとキノコが多い。食材の買い出しに行きながら「こんなにキノコばかり買ったことってない。」と思います。お魚の包み焼きやらトリの胸肉のハーブ焼きやらもキノコを一緒に沢山とってカサを増やしています。ダイエット期間が終わったらキノコを当分食べたくなくなりそう‥。

忘れていたのだけれど「ヘルシーな献立を楽しみながら作る。」というのを何ヶ月か前の新月の時に書き出したことがありました。これまでタニタの社員食堂の本やら<反省ご飯でダイエット>という食べ過ぎちゃった後に調整するようなメニューの本などカロリーも書いてある本も買い込んでありますから二ヶ月間の間にカーブスのメニューの合間にそちらの本からも目新しいメニューにチャレンジしようかと思います。材料ごとのカロリー計算しなくてもその献立のカロリーを書けば良いのでラクチン。

私の場合、朝ご飯をヨーグルトと果物(今朝はバナナ)にしていて、カーブスメニューでは本来は朝からご飯(100グラム)なので250キロカロリーぐらいのところ100カロリー以上浮かしているのでその分、ちょっとカロリーに余裕ができて夕食などに回せるのが空気抜きみたいになっています。

意識も変わって、これまで三輪車で郵便局やら近くの店やら回っていたようなことは杖をついて歩くようになり、近くのスーパーでの買い物の代わりに往復30分自転車に乗って買い出しに出たりもしています。(続くだろうか?)これまで近所では杖をつかないで歩いていたのだけれど、長時間歩かなくちゃならないので杖をつくことにしました。「足が悪くなっちゃった。」と近所の人には思われるかもしれませんが、人からどう思われようと何しろ目標達成を優先させなくちゃです。

昨日は思いがけず<ウエイトマネジメントプログラム通信>というが郵送できました。第一回は<衝動的な食欲と上手につきあう>という内容。週に一度送られてくるそうです。「これからもサポートさせていただきます。」という一言が泣けます。

昨日も、フルートアンサンブルから帰って来てからカーブスに。「月に10回」を目標として書きましたが内心「週三回」をめざしています。それもチャレンジハード(きつめ)で。カーブスのスタッフの方々も「ダイエットプログラムどうですか?ちゃんとお料理していますか?」みたいに声をかけてくださいます。「これが続けば絶対体重は落とせると思うけれど、果たして続けられるかどうかが問題。」と言ったら「大丈夫!フォローさせていただきます。そういう気持ちが大事です。」みたいなフィードバックがあるのが嬉しい。一人で「ダイエットする。」と決めてもつづかないけれど、これだと続くかもしれません。何より、ほんの少しづつだけれど体重が減って行くグラフを記入するのが楽しみ。

スーパーなどで何百グラムかのお肉をみて「4キロ落とすって相当の量」と思いますが、「背中のはみだしたお肉で500グラム、お腹のお肉で1キロ」みたいに考えちゃっています。

<背中美人>の体操は大原先生に「こういうのです。」としてみせたら、なかなか良いと評価してくださったので、カーブスのステップボードの合間でもしてみたりしています。ダイエット期間が終わった時に背中とお腹がスッキリした姿勢になるように筋肉を整えたいです。

<9時にパソコンを閉じる>というのも、ダイエットがなかったら取り組まないままだったと思います。9時ピッタリというわけではないのですが、10時には寝る支度(本日のカロリー計算や日記、お風呂にストレッチなどなど)に入るように心がけています。昨夜からようやく眠れるようになりました。

以上、途中経過報告まで。

だいじょうぶ!
[PR]
# by sky-lavender | 2012-10-04 10:33 | ダイエット