<   2012年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

5月30日 その2

温泉病院で「調子はどうですか?」と聞かれて大阪に新幹線で行った時に痛みを出した話を理学療法/作業療法、それぞれの療法士の先生にいたしました。「乗り物の振動って良くないのかもしれない。」ということを個人的な感想として話されていました。理学療法士の先生は車に長いこと乗っていたら降りた時に腰痛をおこしちゃったことがあるのだそうです。作業療法士の先生の感想としては「新幹線の椅子って乗り心地よいように設計されていて、かえって疲れるのかもしれませんよね。」ということでした。ソファなどがダイニングの椅子より疲れやすかったりするのと似ているかもしれません。

帰りの新幹線で痛みが出なかったのは、もしかしたら行きは<3時間のひかり>帰りは<2時間半ののぞみ>という30分の差にあったかもしれないとも思うようになりました。来月は新潟に行く予定があって新幹線とレンタカーにしようか自分の車で行こうか考えていたのですが、乗車時間の短い新幹線の方にしようと思いました。

そう考えると、吉祥寺の大原先生の所に通うのも車だと一時間強乗りっぱなしになるけれど電車だと乗車時間は40分ぐらい。乗り換えが二度あるのも幸いしそうに思うので「これからは電車で通おう。」とも思うようになりました。

大阪でホテルのプールに行った話をしたら「そういうときは安静の方が良かったのでは。もしプールに行くとしてもジャグジーでほぐすぐらいで十分」ということでした。今回宿泊した宿にも温泉プールがあって行って来たのですが、浮いているのとプールの壁面を使ってのストレッチなどにとどめました。

今回泊まった宿のプールは温泉が注ぎ込まれていてさながら掛け流し状態。ただプールの成分とかで苔みたいにプールの底も壁面も緑色で、壁面に足をつけてストレッチをしたら足裏の形がくっきり残ってしまったのにはちょっと抵抗がありました。でも透明で奇麗な水だけれど塩素の匂いがしたりするより温泉の成分たっぷりのプールに入れて良かったかと思いました。

5時頃にプールに行って背浮きをしたらまだ明るい空の天頂付近に半月が奇麗に見えていて、その近くを銀色の飛行機が通って行ったり、鳥が飛んで行ったり。何しろ新月の願いを書き出すようになって以前にもまして親しみをもっておりますので「お月様が見える!」と嬉しくなりました。ただこのプールには時間帯によるのですが、玄関脇を通って外にでて急な階段をおりなければなりません。足のリハビリ向きではないかもしれないと思いました。健康な人向けのプールですよね。大阪では2000円弱払って混雑したプールでしたが、今回は宿泊料だけでプールは無料で私一人の貸し切り状態なので「なんとも贅沢!」と大満足でした。部屋から水着の上に浴衣を着ていって、帰りはプールサイドの更衣室で浴衣に着替えて大浴場に。

今回は離れにとめていただきました。広くてゆったりしていて大満足でしたが、本館まで遠いのです。往復したら1300歩ぐらいありました。いつも温泉には到着時、寝る前、翌朝と三回入るのですが、今回はお部屋のお風呂も温泉水ということで、プールに行った意外はお部屋のお風呂に入りました。
b0165519_22283828.jpg

離れから本館に向かう通路を見た所。下は部屋のお風呂。まどをあけると葡萄畑が見えます。
b0165519_22295573.jpg



宿泊料は斎藤ホテルなどと同じぐらいになりますが、プールが無料なのとDVDプレーヤーの無償貸し出しを利用させていただいたこともあり、そういうものも含めて考えるとお得感がありました。離れのラウンジが図書室みたいになっていて、私が友達に貸したまま戻って来ていない<長生きしたかったら朝食はぬきなさい>を始め<ナンバ歩き/ダイエット/上機嫌>私の興味を引く本が沢山あって、沢山斜め読みしてきました。<神の雫>などワインの漫画や<美味しんぼ>など読んでみたい漫画も沢山ありました。それにBGMがまた良いのです。エレベーター降りたらラウンジで<アランフェス>が聴こえていたりして、音楽を聴いているのも素敵でした。何時間かここで過ごしたのですが誰にも会いませんでした。「ここは私のお部屋。」みたいに思えてしまうぐらい落ち着きました。

b0165519_2230528.jpg


法事前に英気を養って来たように思います。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-05-30 22:04

5月27日  “新月のお願いごと”のおかげ

6月2日の法事にそなえて朝早くにお墓の草取りに三輪車で(片道20分弱)行ってきました。草取りってお天気次第ですし体調もどうなるかわかりませんし「行ける時に早めにしておいた方が安心。」万が一、草がはびこっていても「出直してまた来よう。」と残して帰って来られる日にちの余裕を持って出かけた方が安心とも思いました。日焼け止めをシッカリ塗って、指先だけちょこっとでる長い日焼け用の手袋に草取り用の軍手も持って。草取りのカマじゃなくてフオークを一本草取り用にしてあってお墓の草取りにはそれがちょうど使い良かったです。45分草取りをしてまた三輪車で帰宅。

6月2日の法事の前の日のフルートアンサンブルは「色々準備があるからお休みしよう。」と思っていました。でも前日に準備が残っているようでは困るわけだから逆に「前の日はフルートアンサンブルで動きがとれなからその前に色々済ませておこう。」と思えてかえってよいように思います。家で次の日にそなえて休養しているとアレやコレや気になって考えてしまいそうでもあります。

きょうはその後11時半に都内で女性3人でのランチの約束があったので、それを楽しみに草取りも頑張れました。ランチは女子会コースというので<11時半に入っても15時まで居て良い会場>を知人が選んでくださいました。ランチが終わって「どこかでお茶でも」みたいにテイールームを探さないでもじっくり腰を落ち着けてすごく有り難かったです。「3時間半も座って立ち上がったら足はいかに?」と思いましたがきょうは大丈夫でした。良かった!

帰りに浦和駅前のデパートで法事の礼装用に黒真珠のネックレスを買いました。これまで持っていた真珠のネックレスは糸が切れてしまって直そうと思いながらそのままになっていました。長く使ってきたので少し黄ばんで来ちゃったようでもあって、以前から黒真珠のネックレスが欲しいと思っていたのでこの機会に<法事の準備で頑張っている自分へのご褒美>として買おうと思いました。イヤリングとセットになっているのはどうも気に入らなくて、私が気に入ったのはイヤリングが無いのだそう。色合わせして作るしか無いけれど時間的に間に合わないとのことで「イヤリングなくてもこの際かまわない。」とお支払いしようとしたらデパートのカードがありません。優待割引が無いと金額も大きいので勿体ないと思い家にカードを取りに一度戻りました。ところが見あたらないのです。3月に再発行したばかりなのに‥と思ったけれど探していては間に合わないのでまたまた再発行御願いしちゃいました。

再発行していただいたカードを持って売り場に行ったら、再発行している間に本社に確認くださって「お預かりして色合わせしてご法事までに間に合わせることができるかもしれません。」とのこと。作っているところに買ったネックレスを送って色合わせして作ってくださるのだそうです。カードがあってスンナリ購入していたらネックレスを買ってくるだけで終わっちゃったと思うので「ラッキー!」と思いました。その真珠を扱っているお店がパルーナ。「どういう意味ですか?」と聞いてみたら、大月という会社名なので<月のルナ>にパールを会わせた造語なんだそうです。

5月21日の新月の願いの一番最初に「6月2日の法事」のことを書きました。きょうの真珠のお店が月にまつわるお名前と御聴きして「あ、新月のお願いごとのパワーが働いている!」と思ちゃいました。バッタリ<法事の相談事に最適な友人>にあって一緒に行っていただける流れになったのもそのおかげだと思っています。今回のイヤリングもこんな風に間に合わせていただけると思いました。

私はアクセサリーってほとんど身につけないし買わないので「行ってすぐ買えるもの。」と思っちゃっていたのですが、黒真珠は色合いも色々だし、ピアスならそれに近いのがあったのだけれど私はイヤリングじゃないとダメなのでちょうど良い色のが無かったので作ることになったのです。大きな専門店に行けばきっとあるのでしょうけれど、デパートの一角に入っているお店ですから真珠の品数はあっても黒真珠の方は限られているようでした。

5年間無料で糸(じゃなくてステンレスワイヤーとからしいです)替えをしてくださるのだとかで、メンテナンスのお知らせも来るのだそうです。ネットでみたら真珠のネックレスも(切れないように)時々糸のチェックをするように書かれていました。ちゃんとしたところで買えばそういうアフターケアもシッカリしているのですね。お月様にゆかりのあるお店とご縁ができて嬉しいです。

‥ということで今年は新月ごとにお願いごとを毎月していこうと思います。明日温泉病院に一泊で出かけてまいります。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-05-27 17:48

5月25日 吉祥寺/大原先生の所に行ってきました

久しぶりに車で吉祥寺まで行ってみました。「井の頭公園をノルデイックウオーキングで」と思って車にポール積んで行きました。行きは公園の中を通って、帰りは雨が降り始めたので最短と思われる車道沿いの歩道を歩いて公園の駐車場から往復してみました。行きは約1300歩、帰りは約900歩。公園の中はうっそうとした森の中を歩くようですし、明るく開けた所にはちっちゃな噴水のある池もありますし気持ちよいです。公園の駐車場が<身障者は無料>というのにもひかれました。

以前車で行った時には「公園の駐車場ってこんなに離れているのね。せっかく車で行くのならもっと近くに止めたい。これだと駅から歩くのとほとんど変わらないぐらい。」みたいに歩くことを億劫に思いましたけれど、今は「駅近辺の混んでいる駐車場の空きを探すよりも離れていても一気に公園の駐車場に行った方が良い。」と思います。やはり足の状態が良いからこそそう思えるのだと思います。公園の中をポールで歩くという目的じゃなくてフツウに駐車場として利用するのでも良さそうに思いました。

シンクロするかのように、行きに車の中でFM富士かどこか大月でのイベントなどを放送している局で「ノルデイックウオーキング」の指導者へのインタビューを取り上げていました。有酸素運動としてポールを持って歩くとフツウに歩くより1.5倍の効果があるとか、姿勢が良くなるのでそれを目的に若い女性たちが始めているとかいうようなことでした。ジョギングやウオーキングなどに次いで現代はノルデイックウオーキングが時代の先端を行っている感じかしらね。

大原先生に「どれくらいの間隔で通ったらよいですか?」というご相談への回答は私の場合、「前回から3週間できょうの状態をみた感じからしてセルフケアも出来ているようなので3週間から一ヶ月に一度ぐらいの割合で良いと思います。」と言っていただきました。もし集中して施術することで効果を上げることができるなら夫が不在のときなどに5日ぐらい頑張って続けて通ってみようかと思っていたのです。「今、痛みがあるわけでもないし。」ということでのペースなので、人によって(状態によって)違うと思います。同じく「月に一度しか通えないのなら80分の方がいいでしょうか?」という疑問にも「60分で大丈夫。40分でもいいぐらいかと思います。」という回答もいただきました。

「臀筋が以前に比べてだいぶついてきていますね。」ということも言っていただきました。長く継続してみていただいているのでわかることだと思います。アドバイスとしては「イメージを大事に。痛みがでても不安に思わずに、気持ちの持ち方でかなり変わるので。」ということでした。先日私自身がそう心がけようと思っていたことでもありますので、納得。こういうストンと腑に落ちる(?)感じがいいです。

帰りには昨日お世話になった友達にちょっとしたお菓子を買うことも出来ました。公園の駐車場に戻る頃に結講大降りの雨になったので「その前に車に戻れてラッキー!」と思いました。

お友達のところにそのクッキーと昨日借りたお金を返しに行って、また法事へのアドバイスをいただけて良かったです。私はいつも<お花一対とお供え>をお寺に持参していたのだけれど、お寺側に御願いするとお供えもお花も用意していただけるのだそうです。法事の時にいつもお花を御願いしていたお寺近くのお花屋さんが無くなってしまったので「日頃買いに言っているお花屋さんから届けてもらおうかどうしようか」と相談したら、「お寺に御願いしちゃった方が荷物が無いしラクでいいわよ。」と教えていただきました。「これまで知らなかったのでずっと自分で用意しちゃってきたなぁ。」と思いました。

こういうのって本来は親がするのをまねて段取りなどを覚えて行くものだと思うけれど、私の両親は仙台に居て、祖母の葬儀も夫と私がこちらで段取りしたような次第で世間とはちょっと違っているのだと思います。なんだか無我夢中でここまできちゃったけれど、世間から見るとおかしなことも沢山してきているのかもしれません。夫は「もう自分たちより年長者もいなくなって同世代の従兄弟たちの集まりみたいなものだし、何か言われてももうかまわないよ。」と言ってくれています。

例えば、義妹から聴いたのだけれど<仏事>にはモナカはいけないのだそうです。重なるからだそうです。最中って上下に重なっていますものね。真珠のネックレスなども<二重になっているのは重なるので良くない。>みたいに言いますものね。迷信みたいなものでしょうけれど。知らないで色々変なこと沢山してきちゃっているように思います。

きょうも境杭の立ち会いやら、お寺さんにお塔婆の追加をお願いに出向いたり‥で今現在6053歩。私にしてはここのところ少し歩き過ぎかもしれません。明日は足を休ませてあげなくちゃと思います。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-05-25 21:16

5月24日 法事の打ち合わせに

父の17回忌を6月2日に予定しています。その打ち合わせに<お清め>の席を予約してあるホテル内のレストランに行ってきました。「こういうとき姉妹でもいると心強いのになぁ、でも一人で何でも勝手に決めちゃって良いのだから考えようによっては良いのかもしれない。」と思いながらホテルに向かっていたら、ポルトガル旅行にご一緒した近所のお友達にバッタリお会いしました。「これから時間ある?15分ぐらいつきあってもらってもいい?」と言ったら「15分ならいいわよ。」と事情も聞かずに一緒に来てくれました。道々「実は久々にちゃんとした法事をするのだけれど下見に一人で行くのが心細い。」ということを話しました。

「こういことに適任!」と思う人とよくぞバッタリ会ったと思います。例えば位牌と写真を持って行くので<陰膳をするのかどうか>ということでは、「実際に食べないのに用意するのも勿体ないし、何も無いのも寂しいし。」ということでメニューを見せてもらって「コレになさいよ。」とエビとタケノコの挟み上げだったかしら‥揚げ物を一品選んでくださったり、献杯始め何しろ私が「どうしよう?」と迷うことを次々と「こうしたら。」とアドバイスしてくれちゃう。「志」も何にしようかと迷っていたらそこのホテルのバウムクーヘンが美味しいからおすすめとのこと。食べたことが無いので買って帰ろうとしたら何と、私お財布持っていなかったのです。こんな時のために身分証明書などと一緒にポーチに入れてお財布と別に少しお金も持っているのだけれど「近くに行くのに運転免許証でもない。」と思って家に置いて行っちゃいました。結局彼女にお金を貸していただいちゃうことに。私一人で行ったらどうなっていただろうかと思います。「天の助け!」と心から思いました。

本日も足の調子絶好調だったので、ホテルでの打ち合わせにも杖無しで行って参りました。ただいまの歩数5188歩。杖無しで一日これぐらいの歩数大丈夫だったら私としては十分満足です。

午前中には天文同好会から故郷に帰られた方のご紹介で「お仕事でこちらに来られる方が6月6日の金星の日面通過の写真を撮ったり観望なさりたいので撮影機材などを設置できる場所を探している。」ということで我が家のビルの屋上をご紹介し、きょう下見に見えました。お医者様で、そちらの病院のホームページを見ていたら人工関節の手術で入院なさる方向けにわかりやすいページが用意されていたので(コチラは本来保存療法で頑張るつもりのサイトではあるのですが)ご紹介しておきます。
人工関節手術のスケジュール他アウトラインを知るのに良さそう。文字だけじゃなくてイラストが入っているので雰囲気が柔らかくなっていると思います。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-05-24 12:46

5月22日 カーブスお勧めのプロテイン

今朝お灸でした。時々痛みが出る話をしたら「いつも痛いわけじゃなかったら気にしなくて大丈夫。筋肉の状態はとても良いから。今の生活のままで。」と言っていただきました。痛みが出る部分については<伸び縮み>がうまく行かないのでそうなるようです。温泉病院の作業療法士さんに「筋肉って大きくわけると動くためと支えるためと二種類あって、身体を支える筋肉がうまく働かないので、本来身体を動かすための筋肉が支える側にまわっちゃっている」と言われたことを思い出しました。<ただ座っているだけ立っているだけ>と思っても実は主動筋と拮抗筋が上手に働いてこそ立ったり座ったりできているんですよね。そこで本来休んでいるべき(動作する)筋肉を使って支えているのだと、いざ動き始める時に悲鳴上げちゃうのかな‥と素人考えで思ったりしました。

「痛くないときにもっと喜ぼう!」とも思いました。昨日もすこぶる調子良くてデパートなど杖無しで行って来ました。そういうときは何も思わなくて痛みがでると「痛い〜。」みたいになるのはずいぶんと自分勝手な気がしました。調子の良い時に「嬉しい〜、股関節症なのにこんなに歩ける。」みたいに喜んで、痛い時には痛みに振り回されないでいるよう心がけようと思います。「痛みが主役」みたいになっちゃわないように。

プロテインの話。カーブスでは「停滞期脱出に」ということで粉末のプロテインを勧めています。以前、おすすめ期間中に試飲させていただいたことがありましたが、味がイマイチで私にはダメでした。その代わりタンパク質不足を補うべく豆乳を飲むようにしていました。近くのお豆腐屋さんで美味しい豆乳を売っていたのです。お豆腐や厚揚げや、自家製の味付けしたおからも美味しかったし、毎日のように大豆製品は何かしらとるようにしていたのでしょっちゅう買いに行ってきました。ところがそのお豆腐屋さんが昨年暮れで店仕舞いになっちゃったのです。代わりに紀文の<おいしい無調整豆乳>というのを飲んでいました。でもここのところ買い忘れたり飲み忘れたり。

そんなときカーブスでまたプロテインのお勧め週間で「ブルーベリー味も新たにできましたし、これまでの製品も味が変わりました。」ということで試飲させていただく機会がありました。「よく眠れるようになった。/髪や肌がきれいになった。/疲れにくくなった。」みたいな良いことづくめの体験談が張り出されているのを横目で見ていましたから「飲んでみようかな‥」という気にもなって。味はブルーベリー、ミルク紅茶、レモン、ココアとあります。試飲した結果、ブルーベリーとミルク紅茶なら飲めそう‥ということで迷ったけれどミルク紅茶味というのを御願いしました。25日頃初回が届いて、以後毎月20日届くようにしてあります。買い忘れなくて良さそう。

飲み続けないと効果が出ない‥ということなので三ヶ月か半年ぐらいは続けてみようと思っています。運動が終わった後に飲むと効果が上がるということでカーブスに持って来て飲んでいる人が多いのですが私は家が近いので<帰ったらすぐに飲むので良い>とのことです。これまでの豆乳のタンパク質は9ミリグラム、カーブスのプロテインには15ミリグラム含まれています。

毎月自宅にプロテインが届くのと一緒に<レコーデイングメモ>という体重記録と飲んだことをチェックする表もついてくるようです。昨年のカーブスマガジンを開いてみたら「プロテインを飲んで96パーセントの人が何らかの変化を感じている。」というのが出ていました。半年続けてみて何も感じなかったら止めようかと思っています。勉強とか病院通いみたいなことは天中殺でも良いと言われていますけれど、さてどうなりますか。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-05-22 22:15

5月21日 新月の願いごと/金環日食

昨日のブログを今朝読み返したら文中はちゃんと金環日食となっているのにタイトルが皆既日食になっていて慌てて直しました。浦和では雲が出ていましたが奇麗なリング状態の金環日食を見ることが出来ました。思っていた以上に周囲は明るくて「太陽の光ってすごいなぁ。」と思いました。周辺だけの部分であれだけ明るいのですものね。ビルの7階の踊り場で見ていたのですが、いつもより早い時間にランドセル背負って投稿する小学生の子供たちが見えたり、金環日食が始まる頃にはマンションのベランダなどに大勢人が出て太陽を見上げているのが見えていました。

月までの距離は(軌道が楕円なので)36万キロメートルから41万キロメートル、地球を30個並べたぐらいの距離。光だと1.3秒だそうなので私たちはほとんど時間差なく見ていることになりますよね。

それに比べると太陽までの距離は1億4950万キロ、光で8分19秒だそうです。今見ている太陽は8分19秒前の姿。太陽は月より400倍も遠くにあるのにほぼ同じ大きさに見えるのはあまりによく出来過ぎ。造化の妙。

一番近い恒星でも光の早さで4年以上。アンドロメダ銀河までの距離になると210万光年。光の早さで210万年もかかることを考えると「太陽も月もこの広い宇宙では」なんて近い所にあるのでしょう‥と思います。月は地球と双子ちゃんみたい。

9時半頃に新月の願いを10個書きだしました。新月の願いを書いた本によると双子座での新月は健康面でいえば肺や呼吸と関わりがある願いごとが良いそうなので「深呼吸を日常的に習慣づけることができますように。」というのを入れました。腹凹と一緒に健康のための深呼吸してみたりしていますが、それとは別に気持ちが焦りそうなときにフーッと深呼吸して落ち着いたり、大事なことを誰かに話すような時とかギターのレッスンで先生の前で練習した曲を弾くような時にもちょっと深呼吸して出来たら良さそう‥と思います。

だいじょうぶ
[PR]
by sky-lavender | 2012-05-21 10:02

5月20日 明日はいよいよ金環日食ですね。

いよいよ明日の朝、金環日食。月が太陽と重なる新月でもあるわけで例の<新月の願い事>も明日書こうと思っています。金環日食になる時間帯より星占いでいう新月の方が遅いのはどうしてなのかしら?新月は8時47分とか48分とかいうことになっています。(追記;解説があるページを見つけました。コチラ

先月書いたことの中に願い事というのか目標というのか<早く寝る習慣を身につける>みたいなことがあったのですけれど、風邪がながびいちゃって毎日のように早く寝ていたし、最近眠くて眠くて起きていられなくて昨夜等は早々9時頃に寝ちゃったり。‥なので一ヶ月のうち遅くまで起きていたのは(ブログを遅い時間帯に書いたりした)数日だけでした。

大阪に行って来たことは一つの節目みたいな感じで、グッスリ眠れるようにもなりました。生活がちょっと変わったからかしら?それまで3時頃に目がさめて5時頃に目が覚めて‥みたいな感じだったのが昨夜は9時頃寝て朝の6時までグッスリ「良く寝た〜」という感じでした。

大阪の友達に何をお土産にしようか考えて東京スカイツリーのお菓子にしてみました。写真撮りました。下が持って行ったお菓子の箱で上は自宅用にその小さいのを買って蓋を開けたところ。コロンバンのお菓子で<東京地区限定販売>になっています。‥といってもネットで買えるようようです。「スカイツリーが開業した年に再会したのだった。」と思い出になるかしら‥と思って。
b0165519_2223977.jpg


他に二つ別のお菓子も買って行きました。でも「地方でも売っていますか?」と聞いたら「東京福岡大阪」で販売していると聞いてちょっとガッカリしたりしました。(シュガーバターの木)

今回の大阪行きは<初めていただいた国民年金>で行って来たつもりになっています。宿泊費、交通費、食事代などの合計がちょうど年金相当ぐらいになります。生活費に消えちゃうよりも思い出に残った方が良いのでそういう特別なことに使いたい気がしています。

大阪の友達はwii-fit plusを使って運動していて、計った体重もグラフになるし、ヨガや筋トレや雪合戦や色々面白いものがあって、いつでも気が向いたら出来るし着替えて出かけたりしなくて良いし雨の日でもできるし‥みたいなことで楽しく続いているのだそうです。私も欲しくなっちゃったのだけれど、
夫に「天中殺だから欲しくなるんじゃないの?そういう時期なんだよ。」と注意されて断念することにしました。でもとっても良さそう。wii fitこのソフトが出た時にこれだけ買えばできるのかと思っちゃったのだけれどゲーム機本体もなくちゃ‥で揃えると2万円強しちゃうのですよね。自分の重心の位置がわかるというのがすごく良さそう‥。

ギターもフルートも練習しなくちゃいけないのだし、他にマッサージ機があったりマッサージベルトがあったりストレッチもしなくちゃブログも書かなくちゃ‥だとwii-fitしている時間無さそうですものね。せいぜいカーブス頑張って行こうかと思います。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-05-20 22:55

5月19日 慢性痛のこと/脚長差やや解消

足の調子、きょうはとても良いです。「慢性痛にしたくない。悔いを残したくない。」と書きましたが<慢性痛>についてご存知無い方もいるかと思いますので、私が最初に慢性痛を知ったページをご紹介しておきます。一言で言えば火災報知器が火の元がなくても鳴って誤作動するみたいに痛みの原因はなくなっているのに、脳では痛みを感じるような具合です。股関節症で痛みが酷くなっている方のかなりの割合がこの慢性通ではないかと思うのです。

加茂先生のペインクリニックとどちらをリンクしようかしら?と思ったのですが、患者の立場から書いてくださっているのでコチラをリンクさせていただきます。心と体の痛みのお部屋

アクセス解析を時々見ているのですが、「初めて訪問」という方が平均して四分の一ぐらいおいでになります。私の場合有名人の名前など<吉○小百合さん>みたいに○にするのは、そのお名前で検索した場合に検索にかからないようにするためです。股関節ということで検索して来られる方にたどりついてほしいと願っています。でもせっかく来てくださったのに股関節がらみじゃない話題ということも多いと思うので、せめて右のリンク先からそれぞれに何らかの役にたつようなページにたどりついていただけたらと思います。

脚長差が少しづつ解消してきているように感じます。「また元に戻るかもしれない。」と思って最初に補高してあった靴をとってありました。もう大丈夫そうなので本日処分しました。処分する前に写真を撮りましたのでアップしておきます。左側の二つで左右一足になります。右は最初に作った補高靴(右足)コレだと後ろから見てもかなり差があるのでちょっと恥ずかしい気がしていました。靴の中で補高と靴の外で補高に分ければ良かったかしらと思いました。補高というのは脚長差と同じではなくて少なくて良いとも聞きますし。
b0165519_1381699.jpg

徳武産業•あゆみシューズのパーツオーダーシステムというので頼んだ靴。一足ではなくて片側だけで作っていただけます。以前補高した靴の右足だけ、室内履き、外で履く靴ともに1センチ低めたものを作っていただきました。コレは外用の靴で前にテレビで徳武産業が取り上げられた時、100歳だったかのおじいちゃまが履いてみて「コレはいいや。これで長生きできるかな。」みたいに言われていたことがあります。「あら、私とおそろい!」と思いました。形はちょっと野暮ったい(涙)です。

これだけ靴底に厚みがあると<踏返し>が無くなりますが、その分、前の方がまるく傾斜していて、最後に後ろに蹴りだせるようになっています。私が最初に某シューズ店で5万円も払って作っていただいた補高靴は底が一様に厚くて<踏返し>がありませんでした。「こんな靴履いていたら足を悪くする」と言われてショック受けたことがあります。補高するときに気をつけなければならないポイントだと思います。

今はアスケルで足底板を作っていただいた時に補高していただいたのを履いているので、ほとんど履かなくなりました。フルートアンサンブルの演奏会の時などに「上は白、下は黒の服装」という時に、この靴が黒いので履いています。補高してあるので身体の揺れが減るのでステージへの出入りなどに少しでも揺れない歩き方をしたいと思ってのことです。

脚長差の解消は一カ所でグンと戻るというようなことではなくて、私の場合、アチラコチラでちょこちょこ解消しているように思います。例えば足首で着地するときに内側に体重がかかって足首が寝ちゃうみたいなことになっていたのがきちんと体重がのってまっすぐ立てるようになってきた。これは立った状態で足の親指側に体重をかけたり小指側に体重をかけたりなさってみるとわかりやすいかと思います。私の場合、「内側すぎた。」と思って意識して外側に体重かけるようにしていたら、斎藤ホテル吉川トレーナーに「外側すぎます。真ん中で」とアドバイス受けてきたのでした。股関節ばかり気になりがちですが、膝がくの字みたいに内側にはいりこんできても短くなりますものね。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-05-19 11:46

5月18日 この不思議な痛み

神奈リハの前院長 村瀬先生のページを見つけたのでご紹介しておきます。ブログ等は書かれていませんが、股関節症の術後のリハビリのことなど解説されていて、股関節症と診断されたばかりの方には参考になると思います。村瀬先生のページ埼玉県内でも診察されていて、もし(銀サロや温泉病院と出会う前に)知っていたら県内ですし行ったかもしれないとも思います。こういう出会いのタイミングみたいなものが<縁がある/無い>ということなのでしょうね。

今回お会いした大阪の友達のお知り合いにも股関節症で人工関節になさっている方が居るとのことで、「股関節症ってなに?足どうしたの?」みたいなじゃなくて理解がありました。その方は痛みがおありになるということで大阪に施術に行かれている先生方のページやほがらかさんのサイトなどをご紹介させていただくことにしてきました。

昨日、フルートアンサンブルの三重奏でのレッスンが午後ありました。「昨日の今頃は大阪で友達と会っていたんだった。」と思いました。一緒のレッスンの人たちに大阪に行って来たことは話しておりません。フルートの知人はフルートのことだけでで繋がっている感じです。先日聞いて来たギターとフルートの演奏会の話などをしました。いつもは「休憩にする?」と言い出すのが私なのに昨日は「区切りが悪いから。」と吹き続けて「きょうは元気ね!」と言われました。確かに大阪に行って来た疲れというのは全くありません。ホテルから新幹線の駅まで車で送ってもらえちゃったので<何度も繰り返し雑踏での乗り換え>みたいなことがなくて、私にとってはラクチンだったからだと思いました。食事作ったり他の家事をしなくて良いのでリフレッシュしてきた感じでおります。

フルートのレッスンが終わってお茶をいただいた後に痛みが出ました。「楽しかったら痛みは無いのでは?」ということは無さそうです。前々からこのスタジオでの休憩の後に痛みが出ることはあって、でも数分後には解消していたのに、昨日は夜まで痛みが消えませんでした。カーブスにも行く予定だったのだけれど「これではとても無理」と断念しました。

これまで座っていて立ち上がった時に痛みの出るパターンで<美容院の椅子から立ち上がったときの数歩>というのがあったのは無くなりました。それは<数歩>だったので座っていて固まったのが動き出してほぐれるまで‥と思っていました。

でも今度の痛みはなんだか不可解。大原先生の所に相談に行くべく予定表をみたけれど例によって予約済。キャンセル待ちを入れました。今月末には温泉病院に行くから‥と思っていましたが、直近で私が行ける25日の大原先生の予約も入れました。<絶対慢性痛に移行させてはならない>と思ったからです。天下分け目の合戦ではないけれど<ここは正念場>どっちに転ぶか、後で悔いを残さないためにと思います。

先日の新大阪駅での歩く時の痛み「こんなのが続いて歩くの大変で、夜も眠れなかったりしたら<手術に踏み切る>というのはわかるなぁ。」と思いました。「保存でいく」というのは「痛みがないからこそ」だと心から思います。今は冷静に痛みの箇所の分析をしてるところです。踵をついたときには痛みはありません。立っている時にも痛みはありません。体重が股関節の真上を通過して後ろに蹴りだす辺りから痛みが出ます。以前は外側の大転子周辺でしたが今回は内側のつけね付近です。色々歩く姿勢を変えたりして<痛みの研究中>。こういうのは痛みを出している本人じゃないと施術者にはわからないことなので共同研究みたいにしていくのが良いのじゃないかしらね。(‥ってなんだか暢気なスタンス。)

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-05-18 09:34

5月17日 久しぶりに会った友達

ホテルのロビーで本を読みながら彼女を待っていました。ロビーにはソファがいくつかあって、同じように人待ち顔で座っている人がいて何十年ぶりかで会うので変わっちゃっているのかもしれない。もしかしてこの人かしら?「失礼ですが〇〇さんでしょうか?何十年ぶりで会うのでお顔がわからなくなっていて。」みたいに声をかけようかしら‥と思っていたら、その人の待ち合わせの人が来られて「お待たせ!」みたいなことでしたので「良かった声をかけなくて。」と思いました。

すぐ彼女とわかる笑顔で登場。ホッとしました。予約してあったバイキングのレストラン、種類も色々で楽しめましたし2000円のところ彼女が新聞にはさんであったクーポンで二割引。その後、ホテルのロビーに戻っておしゃべりをして彼女の車で新大阪の駅まで送っていただいたのでラクチン。大阪から帰って来ても昨日の朝からの歩数3300歩です。東京駅について「さて足の状態はいかに?」と立ち上がってみましたが全然痛みはありませんでした。「日生劇場でステージ見たりした後には痛くないのに。」という話をしたら、彼女曰く「楽しいと痛まないんじゃない?」東京駅でその彼女の言葉を思い出しちゃいました。前の日は大阪につくまでずっと雨で「これじゃあ公園も散策できない。つまらない。」みたいに思って足が痛みだしちゃったのかしら?行き帰りの新幹線の座席にそう違いがあるとも思えませんし、座り方に癖があるようなことなら劇場で痛みだしそうなものですがそれも無いので本当に不思議です。

彼女との再会は、さくらさんが同じように旧友を訪ねて再会なさったときの体験談を書いてくださったように全く空白の時間を感じないでおしゃべりできました。帰りの車の中で「ずっと会って来て、『先週も会ったばかり』みたいな感じで不思議。」と話しながら帰ってきました。前回、37年ぐらい前に大阪城で会ったのが最後。「どうして大阪城で会ったのかしら。なんだか変ね。」と言ったら彼女が言うのには私が大阪城に行きたいと言ったのだそうです。それで「こういう時には地元の人は説明ぐらいしてくれるものよ。」と言ったのだとか。「やだ〜。私そんなこと言ったの?ゴメンナサイね。」と言ったら「全然気にせーへんし、『そうなんや。こうときには説明してあげるもんなんや』と思ったし、面白かったよ。」と言ってくれました。

2ピアノ4ハンズのステージ見ながらピアノの御稽古に通っていた小学校から中学ぐらいのことを色々思い出していたので、当時の話と、音楽の話が中心。彼女は東京から仙台に毎月教えに来られていた先生にも習っていたし聴音なども楽器店の勧めでピアノとは別になさってたようなことで、子供心に「私とは違って本格的」と思っていたことが裏付けられた気がしました。私がピアノをどうして挫折しちゃったのかというような話も。今、彼女はお子さんたちを教えているので子供が止めたくなる時にきちんと話を聞いて<納得して止めるなり続けるなりする>ようにフォローしているようです。

彼女が私に対して「当時、何か我慢していたみたいなことも全然なかったし。」と言うのを聞いて「これだ!」と思いました。私は中学の時にはあまり気持ちが合わない子と一緒に居たのだけれど我慢していました。それは日記にも当時しょっちゅう書いていたことでした。でも中学ではだいたい仲良し2人組みたいになって行動していたので、私も一人になりたくなくて一緒に居て周囲からは仲良しだと思われていました。彼女は転校が多かったその先々ですぐ友達はできたそうです。彼女がおおらかで当時の私を受容してくれていたのだと思いました。

私は小学校中学校の同窓会があってももう行きたいとは思わなくなっているし、会いたい人もいないのだけれど、最初に本当に恵まれた友達に出会っちゃっていたからという気が今になるとしています。本来小学生ぐらいだと「たまたまそばに居たから友達になった。」みたいなことが多い訳だけれど、相性が本当に良い人に出会ったのだと思います。

何年か前にそれまで親しく行き来していた人と決別したことがあって、その人と気持ちの上でぶつかったときに「じゃあ私のどういう所が好きでどういう所が嫌い?」と聞かれてショックを受けたことがあります。そういわれてみると私、その人を好きじゃなかった。ただ<お互いに子供がいなくて一緒に演奏会や観劇に出歩くのに誘いやすかった>だけだったと気づいたことがあります。「『好きか嫌いか』さえも自分でわかっていなかったのか。」と思いました。

ある人が「その人が好きか嫌いかなんだと思う。」と言われたことがあってナルホド‥と納得したことがあります。同じことを言ったりされたりしても好きな人なら気にならないし許せちゃうけれど、嫌いな人だとカチンときちゃったりするような。そういう好きか嫌いかみたいなことも相性によるところが大きいのでしょうね。

子供の頃、<アコ/ミコ>と呼び合っていました。彼女からのメールでそれを思い出して当時ミコといえば<愛と死をみつめて>という本が話題になったり曲があったりしたことを思い出しました。レコード大賞までもらっていたのですね。吉永○百合さん主演で映画になったのを最近、広末○子さんでテレビドラマになったことも知りました。マコが何年か前に<終章>ということで本を出されたことも知って、図書館で予約したところです。

「愛と死をみつめて」終章

河野 実 / 大和書房







だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-05-17 12:35