カテゴリ:アレクサンダーテクニーク( 6 )

11月22日 アレクサンダーテクニークその後

グリムスにドードーが遊びに来てくれました。次の発芽まであと三日とのこと。最後にもう一つキーワードを書いておこうかしら。京都議定書‥って20年近く前になるのですね。当時の私は股関節症になるなんて思いもせずにフラメンコ踊っていた頃かしらと思います。
b0165519_1315188.jpg



アレクサンダーテクニークの話。日本フルート協会の会報に大久保はるかさんというフルーテイストが<フルート演奏における身体コンデイション調整とアレクサンダーテクニーク>という連載記事をかかれているのを、フルートアンサンブルのお仲間から見せていただきました。本題から外れちゃうかもしれませんが、その記事の註釈に<ウオルターカリントン系のアレクサンダーテクニーク>ということが書かれていて、そのウオルターカリントン氏は第二次世界大戦中に空中戦で撃墜され、両足ともに人工股関節になさって医師からは「もはや歩けない。」と言われたのだけれど、自らリハビリして歩けるようになられたという記載がありました。創始者のアレクサンダー氏の晩年までトレーニングのアシスタントをつとめられたそうです。「温厚な人柄と人生に対する建設的な態度で知られている。」と結ばれていました。股関節症からの人工関節ではありませんが<医師から歩けないと診断されたけれど歩けるようになった>という言葉に力を得る思いがいたします。

その記事を書かれている大久保さんが模範録音なさったボサノバのcd付き楽譜を何冊か持っているので親しみ持って読みました。毎回、アレクサンダーテクニークの後にてきめんにフルートの音が出しやすくなられたりの効果を上げているのでビックリ。片道二時間かけてレッスンに通われているのだとか。グループレッスンと個人レッスンを二週間おきぐらいのペースで学ばれているようで、今の私のピアノとアレクサンダーテクニークもそれぐらいのペースなので「ちょうど良いのかもしれない。」と思いました。

きょうはそのピアノとアレクサンダーテクニークの日でした。私はアレクサンダーテクニークだけを学びに行くほどの熱意は無いのでピアノのレッスンとセットでみていただけるのはとても有り難いです。アレクサンダーテクニークって一回の講習で知識として得るというよりはハンズオンという手で触れていただいてそこに意識を持って行くような‥一度で終わってしまうのでなく繰り返し定期的に見ていただく方が良さそうな気がいたします。

それにピアノを弾く時にもdoingじゃなくてbeingみたいなことで、「どうしたらそんな風に情感もって弾けるのかしら?」と私は自分が劣っていてそれだけの技術がともなわないからだと思ってしまう訳だけれど、彼女が言うにはそうではなくて感情が先にくるのだとのこと。そういう色々な感情を自分が味わって覚えておいて演奏前に感情を再現できるような感じに持って行くと良いとのこと。フルートの先生からも「そこはもっと幸せな気持ちで吹いて。」みたいに言われることがあって、そういう時に<幸せな気持ち>と抽象的に思ってしまうけれど、青い空にぽっかり浮かんだ雲、のどかな春のポカポカした陽射し‥みたいなことが思い浮かんだらいいですものね。

私はピアノ弾きながらも「あら、ここはもっと柔らかな音にしたかったのに強い音になっちゃったわ。」みたいに自己批判しちゃうような面があって、音って一度出しちゃったら消す訳にはいかないので気持ちを切り替えながら行くように‥とのことで、これも音楽だけじゃなくて私は日常生活でも引きずりながらいるなぁと思います。例えば「玄関の鍵閉めたかしら?」と家を出てちょっとしてから戻ることがあったりして閉まっていると「ちゃんと確認してから出れば良かったのに‥。」とずっと思いながら駅に向かうみたいな。

ギターとフルートとピアノは楽器としては全く違うのだけれど、それぞれの先生方が私に投げかける課題のようなものが共通しているようで、例えば浜辺で砂山を作るとして、アッチから固めたりコッチから固めたりするみたいに、<一つのものを作り上げている>という感じがしています。別々の楽器を練習してエネルギーが分散するみたいなことは無くて、相互に良い影響を与えていると思います。。根っこは一緒みたい。


だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-11-22 13:05 | アレクサンダーテクニーク

11月13日 アレクサンダーテクニークの効果?

一昨日の発表会無事終了しました。本番での小さなミスは毎度あること。自分の実力はまあこれぐらい。」という範囲に収まったので自分なりに頑張ったと思います。先生からも四重奏もソロも大曲だったのによく頑張りましたね。」とメール頂戴して嬉しかったです。あまりに大変だったのでちょっと虚脱状態。

聴きにきてくださったフルート仲間のお一人から「アレクサンダーテクニークに行ってからフルートの持ち方かえた?前と比べて上にスッと伸びた印象。」と言われたのが思いがけなく嬉しかったです。その方は関西に居た頃に国内にアレクサンダーを紹介したかたから学ばれたことがあるのだとか。私はピアノとアレクサンダーのレッスンの時に「極端に言うとタテに潰れちゃっている。」と言われてから、ここのところずっと上に伸び上がってきました。その彼女のアレクサンダーテクニークの先生にフルートもってみてもらいに行ったのは一度だけで確かにフルートの構え方も写真撮ったりしてきましたが、その一度だけで身に付くとは思えません。その後はフルートは関係なく日頃の姿勢みたいなことでピアノのレッスンと一緒にみていただいているわけですが、それがフルートかまえる姿勢にも効果だしているように思います。

毎月のように都響の定演を聴きに行っているのですが、先日、コンサートマスターをなさっている方の首の位置や姿勢を見て「アレクサンダーテクニークを学ばれた方?」とふと思ったことがありました。印象としては椅子に座っていても立ち姿勢も「上に伸びている」感じですし、何よりも首の位置がアレクサンダーテクニークどおりという印象。そういえば演奏が終わって繰り返しの拍手に応えるために椅子から座ったり立ったり何度も繰りかえしたり、指揮者と握手するために立ち上がったりするときもバイオリンを持っているのにスーッと奇麗な立ち方をなさっています。アレクサンダーテクニークの理にかなったもののように思います。学ばれてのことなのかプロとして無駄のない姿勢をとるうちに自然にそうなさっているのかまではわかりませんけれど。

アレクサンダーテクニークはyou-tubeで探していただくと色々な楽器で紹介されています。本来楽器演奏のためというより無駄な緊張をとることを目的としているわけですが、そうすることによって良い演奏が出来るので音楽家や演劇をなさる方々にとりいれられているようです。どれを紹介してよいかわからなくて、英語だけですが骨格のモデルを示してわかりやすいかしらと思うので。2分ぐらいの所から重たい頭が背骨にどう影響してくるか‥みたいなことを解説しています。コチラをアップしておきます。もう一つ股関節との関係も画像でとりあげているので載せておきます。
悪いサンプルの方(女性が最初にしてみせている)をマネしないでくださいね。



話変わってカーブスは最近、チェック表への記入の仕方が変わりました。次回来場予定に○をつけて、本当に行ったらそれを黒く塗りつぶすようになりました。他店でしてみて来場回数が増えたのだとか。なんの考えも無しに通っているのだと「きょうは疲れたしやめちゃおうかしら。」みたいになるわけだけれど、予定表に○を入れて来ちゃってあるとそれが白抜きのままになっちゃうことを考えると「行こうかしら。」という気に多少はなりそうに思います。それに「次回いつ来るか」と先々の見通しを考えるのも良いことのように思います。カレンダーに何かをした日には印をつけているような場合、
この方法を取り入れられそうに思いました。

体重の方は張り付いたように動きません。ここからさらに落とすかどうかですが「また落としたくなった時に取り組めばいいか。」という気もしています。目標は「12月までに」みたいにたてましたが夫が不在になるような時に組み込んだ方が無理が無さそうに思います。今月末にはまた齊藤ホテルへも行きますから美味しいお料理もいただきたいですし‥。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-11-13 10:32 | アレクサンダーテクニーク

10月27日 久々のピアノとアレクサンダーテクニーク

昨日は久々にピアノとアレクサンダーテクニークのレッスンを受けました。10月4日にレッスンの予定でしたが教えてくださっている方が体調を崩してずっとお休みでした。彼女は合唱の伴奏をなさっていたりコンクールに出演する生徒さんも居るので体調が悪い中、どうしても外せない演奏やレッスンを第一にして大事をとっていたようです。当方は“全くの趣味”ですからレッスンがお休みになっても全然問題ありません。ただ5月末からずっとトロイメライだったので、さすがに飽きて来ちゃいました。曲の和声の分析をしてコード進行を確認しながら弾くような丁寧なレッスンですごく充実してはいるのですけれど。

‥なので次の候補曲を。ジュトゥヴ、カヴァテイナ、めぐり逢い、(カサブランカの中の)アズタイムゴーズバイなどなどレパートリーにしたいと思って持っている楽譜を「どんな編曲?」みたいなことで彼女が弾いてくださいました。自分でもたどたどしく音をたどりながら弾いてみてはいますけれど、彼女が弾くのを聴いているだけで幸せな気持ちに。話とびますが映画カサブランカの中であまりに印象的なこの曲は邦題が歌詞とは結びつかないなぁと思います。コチラ

結局、次はカヴァテイナのレッスンをすることになりました。本来はギターで弾くことに憧れていたのですがピアノで弾くことになっちゃいました。こういう風に奇麗なアルペジオを伴うような曲はフルートでメロデイだけ吹いてもさっぱり‥なので、ギターやピアノならではの曲になります。やっぱりいつかはギターで弾けるようになりたいです〜。



アレクサンダーテクニークの方は温泉病院で理学療法士さんが立ち方を指導してくださった時と全く同じ内容になりました。シンクロ!と思いました。私の場合、腹筋(腹直筋ではなくて奥の方の体幹を支える筋肉)が働いていなくて彼女曰く極端に言うと支えがなくて潰れちゃっているみたい(笑)な感じなんだそうです〜。<もっと上に伸び上がるような感じ><おへそをひっこめて上に上に>というのは全く理学療法士さんと同じ。私は寝転んで身体を上下に伸ばすようなことはけっこうしてきましたが、それとはまた違いますものね。かなり前にエロンゲーション(抗重力下で伸ばす)ことを自分で書いたことを思い出しました。ストレッチとまたちょっと意味合いが違ってきますものね。

温泉病院で歩き方の相談をしたときに、これは前々から言われていることですけれど骨盤と脚が一体に動いちゃっているので切り離したい。それには骨盤の動きを押さえる腹筋が足りないので温泉病院で作ったコルセットを使っておさえて足の独立した動きをまず覚えるようにする。後ろに残した脚(伸展)を一秒でも二秒でもタイミング遅らせて残すような意識で。というアドバイスをいただきました。「コルセットを使うとそれに頼って筋肉が怠けちゃいそう。」と思っていたのですが、それと腹筋をつけるのを並行してしていけば‥ということです。腹筋がつくのを待っているよりその方が良さそうと思って、仕舞い込んであったコルセットを出して来てつけてみています。

明日でダイエットプログラムのフェーズ2が終わり、来週からフェーズ3という次のステップに。週三回カーブスを4週間は継続できています。月曜日にカーブスで計測とミーテイングがあります。来週から1800kcalになるのだけれど1500kcalでも動かないと太っちゃうのにどうなるのだろうか?と思います。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-10-27 12:29 | アレクサンダーテクニーク

8月24日 アレクサンダーテクニークを受けて

昨日アレクサンダーテクニークを受けたためだと思うのですが、どうにもだるくて好転反応とは思うのですがダウンしておりました。ロルフィング始めいろいろなセラピーを受けてきましたが、ここまでだるいのは初めてです。

これまで何度かピアノとアレクサンダーテクニークを指導してくださっているTさんがご一緒くださって、彼女がアレクサンダーを学んだ先生の所に行ってきました。ご住所を見たら吉祥寺の大原先生の所に行く途中。通い慣れている道なので車で行きました。電車で行くとすると高田馬場乗り換えですごく時間がかかるし乗り継ぎも多いし‥なのだそうで「車だとこんなに近いんですね!」とTさんが驚いていました。

アレクサンダーテクニークにはチェアワークとテーブルワークというのがあって、椅子に座ってするのは椅子からの立ち上がり動作などで、これまでもピアノのレッスンの時にしてきたようなことですが、テーブルワークというのは銀サロや大原先生の所にあるような施術台のような物をテーブルと呼んでいるようでその上で施術していただくような印象。「施術をしているわけではない。」と言われると思いますが<受けている側の印象>としては大原先生のオステオパシーに近い気がしました。

終わって「どうですか?」と言われた時には特に変った印象は無かったのですが帰宅したら何しろ眠い。寝転んで椅子に足を90度に曲げてのせたまま眠ってしまいました。この姿勢で眠ったことなんて一度もありませんでしたし、それでなくても睡眠障害だったわけですからビックリ。何しろだるくて「明日は朝の庭掃除はおやすみにしょう。」と思ったのでしたが、今朝目覚めてとりあえずは15分だけ草取りをして入浴。鏡を見たら目がショボショボしています。なにしろだるくてだるくて起きていられない感じ。一時間ほど寝てみたけれど解消しないので11時からピアノをみていただくはずだった(昨日ご一緒くださった)Tさんに「とても起きていられないのできょうはキャンセルさせて。午前中寝ていようと思います。」彼女曰く「反応が良い人だと後がキツいかもしれないと先生も言っていましたから。」ということで理解くださってホッ。

「午前中寝ている」つもりが目がさめたらなんと午後3時だったんです。「何かの間違いじゃないの?」と何度も時計を見てしまいました。午後4時からフルートの生徒さんが来られるところだったので「寝過ごさなくて良かった!」深く眠ってスッキリ。それで足の調子も抜群に良い。昨日帰宅した時には久々に痛みが出て「股関節周りをいじったからかしら。」と不安になったのですが、きょうのこの調子だと昨日の痛みは良くなるための変化‥という気がします。

夫が一週間ほど海外に出かけている間に‥ということで昨日の予約をしてあって良かったです。昨日は残り物で夕食済ませちゃいましたし、きょうもお昼ご飯抜きで寝ちゃっておりましたし‥。<好転反応>とは思うものの日常生活がおくれなくなってしまうのぐらいのことなのでちょっと考えてしまいます。もともと通うつもりはなくて「一度だけ受けさせていただきたい。」という勝手なお願いをしてあったのでした。

「ご自分でもアレクサンダーテクニークを学ばれたらどうかしら。ちょうど教室始める人がいるのよ。」と言われましたが、都内のしかも我が家からは遠い所ですし断念。アレクサンダーテクニークを知ったのは30年ぐらい前の話でしたからその時に「マスターしよう!」という気にならなかったことが今になってみると惜しまれます。身につけていたら股関節症もここまでにはならなかっただろうという気がいたします。

Tさんに「お茶でもしていきませんか?」とお誘いいただいて<いわさきちひろ美術館>の中庭の見えるテイールームでお茶を。ラベンダーテイーというのがあってそれにしました。そこのテイールームのオリジナルブレンドのようでした。とても美味しかったです。夏休みとあって子供たちが多かったのですが、他の美術館と違って絵の中の子供たちとマッチして景色の一部みたいになっていました。ちょうどお庭のスプリンクラーが作動する時間で子供たちがおおはしゃぎでずぶぬれになって大喜びであそんでいました。

そういえば数日前「緑に囲まれで素敵なお庭があるようなテイールームでゆったりお茶など楽しめたら。でも今はそれぞれが忙しくてとてもそんな風に「お茶しない?」みたいに誘える友達もいないし、緑のあるテイールームもこの辺りにはないし‥と思ったことを思い出しました。これもやっぱり<引き寄せ>と思いました。思いがけず、美術館もおしゃべりも楽しめる素敵な午後になりました。


だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-08-24 17:57 | アレクサンダーテクニーク

8月11日 アレクサンダーテクニーク5回目

昨夜からまた耳鳴りが始まって、今朝は10のスケールでいうと10になってしまっています。TUTAYAに新参者の劇場版<麒麟の○>を借りに行き「4本千円」というのにつられて、沢山借りて来ちゃったんです。麒麟の‥は良かったのですが他に借りて来たのがあまり面白くありませんでした。共感を感じられない作品を見ると「時間の無駄だった。」みたいに思います。洋服を選ぶみたいに全体が見える訳じゃなくて<見終わらないとわからない>のだから賭けみたいなものですよね。<4本千円>でもツマラナイのだったら意味ありません。これからは見たい作品を一本だけ正規料金の400円で借りてくることにしようと反省。

夫に言わせるとツマラナイと思うのは世代の違いではないかとのことです。そういえば若い頃には暗くて好きじゃないと思っていた松本○張の作品が人間のサガみたいなものを描きだしていて心に響いたりするようになりました。こういうのもやっぱり年齢による好みの変化なのかしらね。

一昨日受けたアレキサンダーテクニークの5回目のことを日記に残しておきたいと思います。シューマンのトロイメライ一曲だけをレッスンしていただこうと思ってお願いした人が、私が鍵盤に手をおいたところから「力が入り過ぎ」みたいなことで二回目は全くピアノを弾かずにアレクサンダーテクニークの指導をしていただいたのでした。それから回を重ねて一昨日来られた時に「あれ?身長伸びたのじゃありません?」と言われました。そういわれてみるといつも「背がスラリと高くていいなぁ。」と思っていたその人が、そんなに背が高いとは思えないんです。確かに姿勢が変わったことでほんの少しだけ背が伸びたのかもしれないと思いました。「初回から立ち方や座り方の写真をのこしておけば良かったわね。」という話になりました。

相談事もあって結局まるまる二時間お世話になってしまいました。ピアノは20分ぐらいで大半はアレクサンダーテクニークです。静かに呼吸をくりかえしたり、歩いたり色々するので時間もかかります。呼吸をするときは吸う時にお腹の方がひろがったりしてその辺りに集まる感じで背骨が縮んで吐く時に
身体が上下に伸びるみたいな感じなんだそうです。私はこれまで吸う時に胸が膨らんで上に伸びて吐く時に縮むような逆の動作になっていました。

椅子からの立ち方も繰り返し何度も立ったり座ったりして前回はレッスンの後で痛みをだしてしまったのでしたから、今回は(椅子の)腰の両側に手をついてヨイショみたいに身体を持ち上げる補助をするようにして立ち上がるようにしました。お灸の先生にテーブルや肘掛けに手をついて立ち上がりの負担を減らすようにアドバイスいただいていることを思い出したからでもあります。大事なのは頭の位置、方向なので手をつくこと自体は問題ではありません。‥だとしたらこの立ち方の方が私には現実的です。

同じように歩き方も次回は杖を使って歩いてみましょうということになっています。足も両足が<たすき>のように反対側の肩の方にまで繋がっているようなイメージを持って、上半身も使って歩きましょう‥というようなアドバイスでした。吉祥寺の大原先生からも「上半身の動きがない。」ということを指摘されていて「日頃杖をついているので腕の振りがないのだと思います。」ということを申し上げたことがあります。

股関節症ということで股関節に気をとられてしまうけれど<上半身のかたさが問題>ということは温泉病院で繰り返し療法士さんたちから言われてきました。肩を回したりの体操みたいなことをしても、日頃ガチガチになった上半身で過ごしていたらほぐれようもありません。身体の前面は腕の親指側に背面は小指側に繋がっているという地図を頭の中にイメージして前と後ろがバランス良く保たれていること、歩く時には背中も動くように‥ということで歩く練習をしました。腕だけを振るのじゃなくて背中から動かす感じにすると歩きながら背中の血行も良くなりますものね。

まだ身に付いたわけじゃありませんが、歩き方も含めて日常動作が上手な身体の使い方ができるようになったら良さそうに思います。歩きながら「今の自分のすべてを許して」と言われたら、泣き出したいような気持ちになって「今の自分を許していない。」ということにも気づきました。これは書くと長くなるので別にします。

ピアノも一度弾いてみたところで「とても良くなっていると思います。前回と比べてどこが良くなっているとご自分で思いますか?」と聞かれて返答に詰まってしまいました。これまでしてきたことテニスでもフルートでも何でも「ここを練習して直せばもっと良くなる」みたいなことで欠点を探すのは得意なんですが「何が良かったか。」を自分で意識することってなかったんですよね。「それをきちんと自分で認めて行けるようになりましょう。」と言われました。これも私にとっては貴重なアドバイスでした。

体操して身体を動かすことも大事でしょうけれど、日常生活で身体に負担の無い姿勢や動作ができたら良いですものね。良い人(ピアノの先生)に出会ったと思います。会った後に気持ちが軽くなります。この日も朝から耳鳴りがしていたのですが、アレクサンダーテクニークの指導を受けた後には解消していました。背中、首回りの力が抜けた状態で歩いたり動き回ったからのように思いました。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-08-11 11:12 | アレクサンダーテクニーク

7月6日 続・アレクサンダーテクニーク

図書館からアレクサンダーテクニークの本を借りてきたのを読みました。ブログにのせるのに<アレクサンダーテクニークで検索したらアマゾンで50冊もヒットしました。私が昔買った二冊や<音楽家なら誰でも知っておきたい>の類の本もはいっています。

アレクサンダー・テクニーク やりたいことを実現できる〈自分〉になる10のレッスン

小野 ひとみ / 春秋社



シューマンのトロイメライだけ指使いなど含めて一曲だけ習うつもりでピアノ教えに来て頂いたTさんが「指に力がはいりすぎ。」ということで身体の使い方の話をされて「昔、そういえばアレクサンダーテクニークを本で読んだりしていた。」ということを話したら「それです!」二回目のレッスンではピアノはまったく弾かずに座り方や頭の位置についてなど瞑想に近いような静かに座っていたりみたいなことだけをしました。「アレキサンダーテクニークを教えていただいた先生が練馬にお住まいなので紹介するから行ってみては?」といわれましたが、これ以上何かを習いに通う時間も無いのでピアノを教えに来てくださるときに時間を延長して教えていただくことにしました。先日3回目で座っているところからの立ち方、歩き方をしたのですが、股関節症の私にもすごく良かったです。

本だけ読むとイメージがわかないかもしれませんが、三回指導を受けたこともありますし、昔買ってあったアレキサンダーテクニークの本を読み返したりしたおかげもあるかと思いますが、今回読んだこの本は私にはヒントがいっぱいでした。翻訳物が多い中で本場で学ばれてこられた日本人が日本人向けに書かれているのでわかりやすいということも大きいと思います。

著者の前書きに「体操法でもなく、何かの健康法でもなく、リラグゼーションや瞑想法のたぐいでもありません。人が何かをしたいとおもったときに、自分自身を最良の形で使いこなして、やりたいことを実現できる。心身の基本的なコント-ル法です。」とあります。

この本の中にインヒビジョンとかエンドゲイナーとか聞きなれない言葉がでてきますが、ニュアンスとして日本語に訳しきれないということで状況をあげて例え話風に解説してくださっているところが嬉しいです。インヒビジョンは翻訳するときには<抑制>と訳されているのだそうです。でもちょっと違うみたい。条件反射的に動こうとするときにちょっとストップをかけるようなこと。

私の場合でいうと、鍵をあけて玄関に入ったら電話が鳴っていたりすると条件反射的に急いで電話に出て、「あら鍵をどこにおいたのだったかしら?」みたいになるけれど、そこで条件反射的に電話に出るのにストップをかけて意識下で動く。鍵を落ち着いて戻してから電話に出てもいいのだし、不在だったことに近い状況なのだから留守電のままに放っておいても良い。そういうときに条件反射的に反応することにストップをかけるようなことのようです。

私がパタパタした生活を送っているのはそういうキーが欠落しているからのような気がしました。、すぐには実行できないけれど、そういうことを生活に取り込んでいけたらと思っています。

立ち方も横から撮っていただいた写真を見たら重心がもう少し前でも良い感じ。自分の立ち姿を横から見ようと思うと鏡だと首が鏡のほうを見てしまいますし、横から写真撮っていただくのが一番ですよね。以前、吉祥寺で撮っていただいた写真とも見比べてみたりしています。

色々なことが良い方向に動き出しているような気がしています。きょうの午後はカケユクアハウスの水中運動に参加してこようと思います。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-07-06 09:35 | アレクサンダーテクニーク