11月15日

久々に一昨日から軽井沢に来ています。昨日、会員になっているムーゼの森に行って見たら、エルツオモチャ博物館の以前は入り口だったところが塞がれていて、出口だったショップから入ることになっていました。「いつから変ったのですか?」と聞いてみたら5年ぐらい前からなのだそうです。「そんなに来ていなかったのだろうか。」とビックリしました。軽井沢に来た年に最初に出かけて展示品のどれも愛らしくて自分の家に欲しくなってしまうぐらいなのだけれど、飾る所も無いし「見たくなったらまたここに足を運べば良いのだから。」と会員になったのでしたけれど。クリスマスにまつわる愛らしい展示を楽しんできました。

同じ系列の絵本の美術館の方には時々来ていて、庭園もふくめてお気に入りの場所ではあったのですけれど、今年で会員をやめようと思っています。一年にそう何度も足を運べそうにありませんので。ブログをやめたりアンサンブルをやめたりするのと同じ「今年は色々なことの一区切り」という気がしています。絵本といえば、アレキサンダーテクニークの帰りによった<いわさきちひろ>の美術館が絵本の美術館としては最初ということをその時知りました。いわさきちひろさんの原画などが展示されているだけでなく世界の絵本のコレクションや展示もしていました。今は絵本の美術館って全国に沢山あるようですけれど。

軽井沢に来るようになったのもいつからかわからなくなっていて、夫によると平成14年からなのだそうです。ちょうど10年前。当時、私はまだ杖はついていませんでした。9年前(平成15年)に青森の三内丸山遺跡で初めて念のために持っていた折りたたみの杖を使ったのでした。当時、冷えについてちゃんと考えていなかったなぁと思います。使い捨てカイロからハクキンカイロやジッポーカイロを使うように変えたのもまだ4年前のことですし、車の座席が氷のような冷え具合だったのに対応するようになったのもかなりしてからのことですし。「冬ごとに軽井沢で冷やして股関節を悪化させちゃったかなぁ。」とこの時期になると思ったりします。軽井沢は今朝は零下4度まで冷え込むとの予報。予報通りだったのかどうかかなり寒かったです。

スマホを充電したまま家において来てしまいました。ほとんど使っていないので問題はないのですが、毎日スマホに送られてくる星占いが見られないので、鏡リュウジさんのサイトに読みに行ったら、来年の手帳が載っていました。Amazonで申し込んでみました。届くの楽しみ。Amazonってご商売上手で「この商品を買った人はこちらも人気です。」みたいな感じの案内を見てたら月齢がイラストになったかわいらしいカレンダーがあって欲しくなったところですが、まずは手帳が届いてから考えようと思っています。今年の春から<新月の願い事>を書きとめるようになりました。来年は新月や満月のときだけじゃなくてもっとお月様と仲良くしていきたい気がしています。月は三日ごとに星座を移動するようなので「きょうは何の星座にお月様が居る。」と思うのも楽しそうな気がしています。(星占いの星座って、現在の星座とズレがあります。)


Sun & Moon Diary 2013

講談社



2013年 月の満ち欠け 壁掛カレンダー C-524-mp

グリーティングライフ




だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-11-15 13:01
<< 11月15日  その2 グリム... 11月14日 新月がめぐってき... >>