10月29日 ダイエット中間ミーテイング

ここ数日、寝る時間がまた12時頃になってしまっています。早く寝るって私にはなかなか難しいです。きょうはカーブスのダイエッコースの中間のミーテイングがありました。計測では1.7キロ減。

ガッカリしちゃったこと。「減らした体重から1キロ〜1.5キロまで増やす。」ということで安定ささせていくというのだと、私の場合、ようやく落とした1.7キロをほとんど戻しちゃうことになります。見せられたアメリカ発のビデオでは<90キロの人が86キロまで落ちて来て>みたいなグラフのサンプルでした。「90キロと私たちとでは違うんじゃないですか〜。」と思わず言っちゃいました。きょうミーテイングに来られていない方で(60キロぐらいの人で)最高で6キロ減らした人がいるのだそうです。私は旅行や打ち上げパーテイーみたいなイベントが入っていたわけだけれど、その人は何もイベントがなくて忠実になさったからとのことでした。

もう一つガックリしたことに「きょうからフェーズ3」と思っていたら「一週間フェーズ1のあと23日間フェーズ2」ということで明日までフェーズ2なんだそうです。4週間を二回と思っていたら30日を二回だったみたいです。

食べたものを書き出すのもそろそろ大変で投げ出したいところですが、気を取り直してもうひと頑張りしてみようと思います。

何か目標を書き出すことになっていて、ここのところずっとNHKの背中美人の体操をしてきましたが、次の一ヶ月はいよいよ腹凹に本格的に取り組もうと思います。先日のアレキサンダーテクニークの時に立って壁に背中を押し付ける(おへそを引っ込めてつけるような感じ)をしました。これは以前買ってあった腹凹の本にも出ていて、その本では肘を曲げて壁を押すようにして壁から体が離れそうになるのをお腹をひっこめる力でくっつけるようにするというもの。その本でもそれらの体操を続けて何センチもウエストが細くなった人たちの成果が出ていました。

今回の計測でウエスト1.5センチ細くなっていましたがお腹周りは5ミリしか減っていませんでした。きょう自転車(三輪車)に乗りながら「潰れちゃっている」と言われた感覚がわかるような気がしました。極端なたとえですが提灯をたたむときみたいにタテ方向に縮んでいるんですよね。もっと上に伸びた姿勢にしようとすると腰をのばさなくちゃならなくてそれには下腹に力をいれなくちゃ‥で。やっぱり腹横筋と腹斜筋。

腹斜筋って<ポケットに手を入れる方向>とその対角線状に二層になっている‥と本の知識から思っていたのですけれど、作業療法士さんによると「上の方はそうだけれど、解剖したのを見ると股関節周りぐらい下になってくるとほとんど横に走っている。」とのことでした。「解剖したのをご覧になったりするんですか?」と思わず聞いちゃいました。何度かご覧になった経験があるのだそうです。「腹筋って本当に薄いんですよね。」みたいな話でした。腹筋という名称だけが一人歩きしているみたいな捉え方だったのだけれど、なんだかすごくリアルに腹筋がイメージ出来た気がしました。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-10-29 20:20 | ダイエット
<< 11月1日 花祭壇の葬儀 10月27日 久々のピアノとア... >>