8月26日 その2 室内履きにも足底板を 

昨日、西葛西の東京アスケルに室内履き用に足底板を作っていただきに行って参りました。東京アスケルのことは以前ご紹介しておりますが、最近、こちらのブログを読みに来てくださるようになった方々もおいでですし再度ご紹介しておきますね。

せっかくなので股関節症に関してのページをリンクしておきます。そちらから東京アスケルのホームページに飛べます。骨が出来て来ています/76歳変形性股関節症

二足目は21000円とちょっとお安くなります。作成と後日の調整とふくらはぎのマッサージが一回分ついています。(前回2月に行った時と比べて)歩き方が「だいぶスムーズになった。」と言っていただきました。ふくらはぎのほぐしも右足は「前より柔らかくなっている」とのことでしたが、健常な方の左足がものすごく痛かったです。足の型取りをしていただいたら土踏まずの高さに変化があってアーチが出来て来ているようです。嬉しいです。

今年始めに外で履く靴にインソールを作っていただき良かったので「室内履きにもインソールを」と思いながらなかなか出かけられないでおりました。今回、股関節症のお仲間のKさんが足底板を作りに行かれて私の紹介ということをお伝えしたらKさんと私に無料調整券をくださったとのことで、先日お会いして頂戴しました。Kさんに出向くきっかけを作っていただきました。(Kさんありがとうございます!)ちょっと前まで猛暑でしたし睡眠障害でしたしとても西葛西まで行けそうにありませんでしたが夫が不在なので疲れて帰って来ても夕食の支度などが無い(大幅手抜き)ので安心と思ったこともあります。

ヨーカドーでこれまでは通信販売で購入して来た徳武産業のあゆみシューズの室内履きの<インソール>が好きなものに変えられますという中敷が外せるものを購入。これまでは<あゆみシューズ>のパーツオーダーシステムというので左右の靴の高さを変えてオーダーしていました。5ミリ刻みで料金が変わります。でも補高していただいたインソールが室内履きに使えれば、特注の靴じゃなくても良い訳ですから便利。ただデザインはちょっと‥デイケアなどで高齢者の方が履くような室内履きの印象です。

今回Kさんが東京アスケルのサイトをご覧になって「足に合わせて作った靴」というのは、悪い歩き癖などがあった場合、その悪い状態に合わせてしまうので癖を助長したりするようなことにもなりうる。東京アスケルで作る足底板は一人一人の歩きを見てその癖を矯正するような形に造ってくださるので歩き方の改善に繋がる(例によって聴いたことをお伝えするのでニュアンスが少し違うかも‥ですが)とのことでした。すごく納得。私の場合、足首が内側に倒れて来てしまうような歩き方をしてきたのでそれを修正するようにしていただいてとても良かったような気がします。蹴りだしが出来るようになりましたし。

温泉病院の作業療法士さんに「歩き方が変って来ている。これまで使えなかった筋肉が使えて来ている。」と言われたことを書きましたが、今回東京アスケルでも「前は使えていなかったこの辺り(太もも)が使えているよね。何かトレーニングでもした?」と言っていただきました。カーブスで後ろに蹴る動きの時に自分でも「前はこの辺りって力が入らなかった。」と思う所にギュッと力が入れられる気がしています。

昨日、実は足の状態は良く無くて、暑かったこともありますし車で行きました。中央道、上越方面はよくでかけますが湾岸線方面は久しぶり。外環を使って大泉まで行くのに軽自動車は400円なのでそのつもりで出かけたら湾岸線は900円とのことで、思わず「軽自動車でも900円なんでしょうか?」と聞いてしまいました。「バイクから4トントラックまで900円です。」と言われました。そういうことであるならVOLVOには身体障害者割引の効くETC が搭載されているのでそちらで行けば良かったです。湾岸線はスカイツリーも遠くに見えて水辺も見えるし高い所を走るので楽しいドライブでした。

せっかく車で行ったので江戸川区の行船公園/小動物園とその裏の平成庭園という所を散策してきました。(足の状態が悪いとはいっても杖をついていれば大丈夫でしたので。)入園料無料であまり歩かなくても次々色々な動物が見られてすごく楽しかったです。オオアリクイがふさふさした尻尾でゆったり歩いていたり、ペンギンは目の前でスイスイ水の中を泳いでいたり、九官鳥が上手に猫の声をまねていたり‥。木陰が多くて家族連れがのんびり散策していて雰囲気も良かったです。車で行くことがあったらまた寄ってこようと思います。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-08-26 09:21
<< 8月28日 高校時代の日記 8月26日 睡眠障害解消へ/不... >>