8月24日 アレクサンダーテクニークを受けて

昨日アレクサンダーテクニークを受けたためだと思うのですが、どうにもだるくて好転反応とは思うのですがダウンしておりました。ロルフィング始めいろいろなセラピーを受けてきましたが、ここまでだるいのは初めてです。

これまで何度かピアノとアレクサンダーテクニークを指導してくださっているTさんがご一緒くださって、彼女がアレクサンダーを学んだ先生の所に行ってきました。ご住所を見たら吉祥寺の大原先生の所に行く途中。通い慣れている道なので車で行きました。電車で行くとすると高田馬場乗り換えですごく時間がかかるし乗り継ぎも多いし‥なのだそうで「車だとこんなに近いんですね!」とTさんが驚いていました。

アレクサンダーテクニークにはチェアワークとテーブルワークというのがあって、椅子に座ってするのは椅子からの立ち上がり動作などで、これまでもピアノのレッスンの時にしてきたようなことですが、テーブルワークというのは銀サロや大原先生の所にあるような施術台のような物をテーブルと呼んでいるようでその上で施術していただくような印象。「施術をしているわけではない。」と言われると思いますが<受けている側の印象>としては大原先生のオステオパシーに近い気がしました。

終わって「どうですか?」と言われた時には特に変った印象は無かったのですが帰宅したら何しろ眠い。寝転んで椅子に足を90度に曲げてのせたまま眠ってしまいました。この姿勢で眠ったことなんて一度もありませんでしたし、それでなくても睡眠障害だったわけですからビックリ。何しろだるくて「明日は朝の庭掃除はおやすみにしょう。」と思ったのでしたが、今朝目覚めてとりあえずは15分だけ草取りをして入浴。鏡を見たら目がショボショボしています。なにしろだるくてだるくて起きていられない感じ。一時間ほど寝てみたけれど解消しないので11時からピアノをみていただくはずだった(昨日ご一緒くださった)Tさんに「とても起きていられないのできょうはキャンセルさせて。午前中寝ていようと思います。」彼女曰く「反応が良い人だと後がキツいかもしれないと先生も言っていましたから。」ということで理解くださってホッ。

「午前中寝ている」つもりが目がさめたらなんと午後3時だったんです。「何かの間違いじゃないの?」と何度も時計を見てしまいました。午後4時からフルートの生徒さんが来られるところだったので「寝過ごさなくて良かった!」深く眠ってスッキリ。それで足の調子も抜群に良い。昨日帰宅した時には久々に痛みが出て「股関節周りをいじったからかしら。」と不安になったのですが、きょうのこの調子だと昨日の痛みは良くなるための変化‥という気がします。

夫が一週間ほど海外に出かけている間に‥ということで昨日の予約をしてあって良かったです。昨日は残り物で夕食済ませちゃいましたし、きょうもお昼ご飯抜きで寝ちゃっておりましたし‥。<好転反応>とは思うものの日常生活がおくれなくなってしまうのぐらいのことなのでちょっと考えてしまいます。もともと通うつもりはなくて「一度だけ受けさせていただきたい。」という勝手なお願いをしてあったのでした。

「ご自分でもアレクサンダーテクニークを学ばれたらどうかしら。ちょうど教室始める人がいるのよ。」と言われましたが、都内のしかも我が家からは遠い所ですし断念。アレクサンダーテクニークを知ったのは30年ぐらい前の話でしたからその時に「マスターしよう!」という気にならなかったことが今になってみると惜しまれます。身につけていたら股関節症もここまでにはならなかっただろうという気がいたします。

Tさんに「お茶でもしていきませんか?」とお誘いいただいて<いわさきちひろ美術館>の中庭の見えるテイールームでお茶を。ラベンダーテイーというのがあってそれにしました。そこのテイールームのオリジナルブレンドのようでした。とても美味しかったです。夏休みとあって子供たちが多かったのですが、他の美術館と違って絵の中の子供たちとマッチして景色の一部みたいになっていました。ちょうどお庭のスプリンクラーが作動する時間で子供たちがおおはしゃぎでずぶぬれになって大喜びであそんでいました。

そういえば数日前「緑に囲まれで素敵なお庭があるようなテイールームでゆったりお茶など楽しめたら。でも今はそれぞれが忙しくてとてもそんな風に「お茶しない?」みたいに誘える友達もいないし、緑のあるテイールームもこの辺りにはないし‥と思ったことを思い出しました。これもやっぱり<引き寄せ>と思いました。思いがけず、美術館もおしゃべりも楽しめる素敵な午後になりました。


だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-08-24 17:57 | アレクサンダーテクニーク
<< 8月26日 睡眠障害解消へ/不... 8月23日 経皮毒/秋のノルデ... >>