8月8日 痛みの無い生活

きょうは午前中にフルートの生徒さんお一人来られた後、午後は銀座まで出かけます。その予定が決まった時点ですぐに「銀座まで出るなら銀サロの宮本先生の施術を受けたい。」と思って予約表を見たけれどすでにいっぱいでした。残念。

股関節症との取り組みは「どういう人生を生きたいか。どういう生活をおくりたいか。」と大きな視点から逆算して考えた方が良いのかもしれないと、今回手術を決められた方のお話を聞いていてあらためて思いました。「ラベンダー(さん)はどうして手術しないんですか?」と聞かれて「痛みが無いから。」と答えたように思うのですが、私は「痛みの無い生活」をおくりたかったので「股関節症を改善しよう。」というような大それたことまでは考えていなかったのかとも思います。ほぼ痛みの無い生活が目前になったときに目標を見失ってしまって、また時々痛みがぶり返すようになっちゃったのかな‥と自分で思いました。

nori@さんやpussycatさんのように最近ブログを読みに来てくださるようになった方もおいでかと思うので繰り返しになりますが、私が行っている温泉病院の矢野先生の<痛みや歩数を日々記録する方法>を詳しく紹介してある本を再度ご紹介しておきますね。他の先生方の療法なども紹介されています。800円と価格もお手頃な本です。痛みに振り回されるのではなく自分が痛みをコントロールできる‥という「自分の方が痛みより上」って変な言い方ですが、<痛みが主人で自分が従者>みたいになっちゃうことが多い訳だけれど、それが解消したら痛みの受け止め方もずいぶん変るように思います。

股関節セラピー―若返る!痛みが消える! (マキノ出版ムック)

マキノ出版



今私は耳鳴りに悩まされていて、朝起きると「きょうはどうかしら?」と思うようになって「そういえば以前はベッド降りて歩く時に『きょうの状態はどうかしら?』と思っていたことを思い出しました。喉もとすぎれば‥で今はスタスタ洗面所に歩いて足のことは全く気になりません。(先日一度朝からシクシクきしむような痛みがあったことがありましたが。滅多にそういうことはおこらなくなっています。)

耳鳴りは昨夜は朝から午前中ぐらいまで。一昨日は一日大丈夫だったのに夜11時半ごろになって始まりました。こういうのもペインスケールのように<一番大変な耳鳴りを10>みたいにして<きょうは3>とか「11時前に寝ると耳鳴りはしないようだ。」みたいに記録していくと、どうすれば耳鳴りが起こらないかが自分で見えてくるのかもしれないと思います。足の痛みをメモしているノートに耳鳴りも一緒につけはじめようと思っています。せっかく11時半(できれば11時)に寝るようにと心がけていたのに、またちょっと遅くなったりし始めたので身体が「早く寝てください。」とメッセージを送ってくれているのかもしれません。

大原先生からご紹介いただいた本の中での耳をひっぱるのは良さそうなので日々取り入れることにしました。‥なので<すること>がどんどん増えてきています。お風呂の中で足の指のジャンケンやら頭皮マッサージやら<8の字を足で書く>のをしているのに加えて耳まで引っ張っておりますので‥。以前、半身浴は退屈しちゃうので音楽を聴いたり本など読んでいましたが、今はすることが多くて退屈しているどころではありません。

あまり沢山のことをしているので何が股関節症に功を奏しているのかわかりません。「これをすれば」みたいな体操が一つならお勧めしたいところですが、我ながらあきれるほど沢山しているので‥。でもどれも「股関節のため」というだけじゃなくて「アンチエイジング」「スタイルを良くする」みたいな効果もあることばかりなので続くように思います。これから顔トレをするところ。目、鼻、口、の体操はこちらに入っているので(先日読んだ本の影響もあって)これまで何気なくしておりましたが評価しなおしたところです。これの足トレバージョンが欲しいぐらいです。「キープします。1.2.3.4.5」とカウントまでしてくれますから。でも健常者用のができたとしても股関節症の私たちには向かないでしょうものね。腹筋などだとi-phoneアプリなどでカウントもしてくれるようなタイプのものが色々でているようですね。工夫しながら楽しく続けていきたいですよね。


だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-08-08 08:47
<< 8月9日 戻って来た帽子 8月6日 久々の痛み >>