5月22日 カーブスお勧めのプロテイン

今朝お灸でした。時々痛みが出る話をしたら「いつも痛いわけじゃなかったら気にしなくて大丈夫。筋肉の状態はとても良いから。今の生活のままで。」と言っていただきました。痛みが出る部分については<伸び縮み>がうまく行かないのでそうなるようです。温泉病院の作業療法士さんに「筋肉って大きくわけると動くためと支えるためと二種類あって、身体を支える筋肉がうまく働かないので、本来身体を動かすための筋肉が支える側にまわっちゃっている」と言われたことを思い出しました。<ただ座っているだけ立っているだけ>と思っても実は主動筋と拮抗筋が上手に働いてこそ立ったり座ったりできているんですよね。そこで本来休んでいるべき(動作する)筋肉を使って支えているのだと、いざ動き始める時に悲鳴上げちゃうのかな‥と素人考えで思ったりしました。

「痛くないときにもっと喜ぼう!」とも思いました。昨日もすこぶる調子良くてデパートなど杖無しで行って来ました。そういうときは何も思わなくて痛みがでると「痛い〜。」みたいになるのはずいぶんと自分勝手な気がしました。調子の良い時に「嬉しい〜、股関節症なのにこんなに歩ける。」みたいに喜んで、痛い時には痛みに振り回されないでいるよう心がけようと思います。「痛みが主役」みたいになっちゃわないように。

プロテインの話。カーブスでは「停滞期脱出に」ということで粉末のプロテインを勧めています。以前、おすすめ期間中に試飲させていただいたことがありましたが、味がイマイチで私にはダメでした。その代わりタンパク質不足を補うべく豆乳を飲むようにしていました。近くのお豆腐屋さんで美味しい豆乳を売っていたのです。お豆腐や厚揚げや、自家製の味付けしたおからも美味しかったし、毎日のように大豆製品は何かしらとるようにしていたのでしょっちゅう買いに行ってきました。ところがそのお豆腐屋さんが昨年暮れで店仕舞いになっちゃったのです。代わりに紀文の<おいしい無調整豆乳>というのを飲んでいました。でもここのところ買い忘れたり飲み忘れたり。

そんなときカーブスでまたプロテインのお勧め週間で「ブルーベリー味も新たにできましたし、これまでの製品も味が変わりました。」ということで試飲させていただく機会がありました。「よく眠れるようになった。/髪や肌がきれいになった。/疲れにくくなった。」みたいな良いことづくめの体験談が張り出されているのを横目で見ていましたから「飲んでみようかな‥」という気にもなって。味はブルーベリー、ミルク紅茶、レモン、ココアとあります。試飲した結果、ブルーベリーとミルク紅茶なら飲めそう‥ということで迷ったけれどミルク紅茶味というのを御願いしました。25日頃初回が届いて、以後毎月20日届くようにしてあります。買い忘れなくて良さそう。

飲み続けないと効果が出ない‥ということなので三ヶ月か半年ぐらいは続けてみようと思っています。運動が終わった後に飲むと効果が上がるということでカーブスに持って来て飲んでいる人が多いのですが私は家が近いので<帰ったらすぐに飲むので良い>とのことです。これまでの豆乳のタンパク質は9ミリグラム、カーブスのプロテインには15ミリグラム含まれています。

毎月自宅にプロテインが届くのと一緒に<レコーデイングメモ>という体重記録と飲んだことをチェックする表もついてくるようです。昨年のカーブスマガジンを開いてみたら「プロテインを飲んで96パーセントの人が何らかの変化を感じている。」というのが出ていました。半年続けてみて何も感じなかったら止めようかと思っています。勉強とか病院通いみたいなことは天中殺でも良いと言われていますけれど、さてどうなりますか。

だいじょうぶ!
[PR]
by sky-lavender | 2012-05-22 22:15
<< 5月24日 法事の打ち合わせに 5月21日 新月の願いごと/金環日食 >>