5月4日 吉祥寺の大原先生の所に

昨日、一年以上間が空いてしまいましたが、吉祥寺の大原先生の所に行ってきました。雨がちょうど上がったところだったこともあって気持ちよく、帰りには駅ビルの中で可愛い便箋や絵はがきなどを買ったりしながら楽しく行って参りました。銀座とはまた違った楽しさがあると思います。股関節症のおかげで浦和から銀座や吉祥寺に出られるように思います。

大原先生が銀サロの松本先生の深圧のフランチャイズから独立なさったことについては股関節症のお仲間でも「本当のところどうなのかしら?仲違いなさっちゃったのかしら?」みたいに話題になったりしておりましたが、そのことについては御聞きしませんでした。百聞は一見にしかず‥ではありませんがオステオパシーを前面に出しての施術に自信がみなぎって<独立なさったことは大原先生にとっても患者にとっても良い方向に向かっている>という印象。

立ち方を見ていただいた後で「歩いてみてください。」ということで「一年前に撮った動画を見ていたのだけれど良くなっていますね。」とおっしゃっていただきました。前に大原先生が動画を撮ってくださった時に私のカメラでも動画を撮っていただいたのがあるのですが、それを自分で見ても「良くなっている」と思います。記憶だけだと曖昧になるので動画残しておくって良いことだと思います。

「筋肉の状態も良い」と言っていただきましたが、これは一昨日宮川先生にほぐしていただいた後だったからかもしれないと後になって思いました。脚長差も以前より無くなって来ているとのことです。少しづつ脚長差が大きくなるのと少しづつでも改善するのでは3年後5年後と年数がたつにつれ大きな差になってきますから良かったと思います。

大原先生の所に行って今回一番強く感じたのは「質問が的を得ている」ということです。前にお世話になったときには(申し訳ないのですが)「やたらと質問が多い先生だなぁ」と思ったのでした。「ここはどうですか?こう動かすとどうですか?その痛みはどういう感じの痛みですか?」みたいに矢継ぎ早に質問される感じで落ち着いて施術受けていられない‥みたいな。それが経験を重ねられたためだと思うのですが質問が減って<必要にして十分>みたいになっていました。

昔「良い質問が良い答えを導きだす」みたいなことを別ブログにNLPか何かの聞きかじりで書いたことがあったのを自分で思い出しました。今回、まさにその<良い質問>を大原先生にしていただき「クリーンヒット!」みたいな収穫を得て参りました。立った時に痛みが出たり体重がのらない感じがするときの第一歩について「どういう感じなんでしょうか?」と聞かれて落ち着いて考えてみました。「足首のどこに体重をのせて良いのか心もとない無い感じがする。問題は足首かもしれない。」と思いがけない答えが自分から出ました。

股関節にばかり目がいってしまうけれど私の場合<足首>が結講問題だったようです。それなのでインソールを作ったことで足首の状態が良くなったので股関節も改善してきているのではないか‥というようなことで現在歩き始めに問題が出るのも足首が怪しいということで<距骨に問題有り>ということを大原先生に解明していただきました。

ちょうど施術が終わって立ち上がったときに「歩けません。」みたいになっちゃって、足首を施術していただいたら「嘘でしょ〜」の手品みたいにスタスタ歩けるようになりました。距骨は私も「足の指って面白いな、二本と三本に分かれて骨についている。」みたいに思っていたパーツ(?)だったところでしたし、「施術が終わったら説明してあげますね。」と言われた説明にもたいそう納得できたのでした。<ためしてガッテン>の「ガッテン!ガッテン!」と鳴るベルみたいなのを押したい気分でした。

‥って解説を私が書いても難しくなるだけなので、距骨について書いてあるブログを見つけたのでご紹介しておきますね。距骨が長時間うつぶせになったりしていると私の場合滑っちゃうみたいなことで本来立ったり歩いたりするときの位置から微妙にズレるみたい。「それを日頃自分で改善する体操ってあるでしょうか?」とお聴きしてみたら、エゴスキューにそういえば良さそうな体操があった‥と先生に言われて私も思い当たる体操があって「階段のステップなどを利用して踵を落とすアレですね?!」みたいなことで分かってすごく嬉しかったです。

距骨についての解説が記事の後半にあります

大原先生のアプローチは深圧でほぐすのとはまた違います。大阪に今度行かれるそうです。深圧で押されて痛いのが苦手な人にはお勧めだと思います。逆に<シッカリ押していただかないと物足りない>ぐらいになっている深圧ファンには<別のアプローチ>ということで受けないと「思っていたのと違った。」みたいなことになるかもしれないとも思います。どんな施術も合う合わないがありますし、相性もあることなので。

スピリチュアル系が好きな人はクリアなオーラがお部屋にも大原先生ご自身にも溢れているので良さそうに思います。富山はご紹介が多いので股関節症以外の疾患の方が多いとお聴きしました。腰痛や膝痛の方も世の中には多いので、これから多方面でご活躍の幅を広げて行かれるように思います。

正直なところ痛みがあったころには「立ってみて。歩いてみて。」と見ていただくより深圧で施術していただく時間が長い方が有り難い‥と思っていた時期がありました。今は痛みが無くなってアラインメントを整えたい、ひいては歩容を改善させたいと思っているので<今こそ大原先生に見ていただくのが良さそう>と昨日は思いながら帰ってきました。

吉祥寺へは今は二回乗り換えがあるのですが、来年浦和駅の改修工事がおわると新宿まで乗り換え無しで行けるようにもなるので時間も短縮されますし、頻繁には通えないかとは思いますが、カケユや温泉病院よりは行きやすいので、またお世話になろうと思っております。回数券があるのも通い続けるのにはポイント高いです〜。
[PR]
by sky-lavender | 2012-05-04 12:23
<< 5月6日 タイム誌<世界の10... 5月2日 その2 一人で670キロ! >>